我が家の宿根草ガーデン

そろそろ秋植えの苗を購入する季節になるので、今年咲いた宿根草の画像をまとめてみました。
d0049381_1272534.jpgd0049381_1271018.jpg
ジギタリス……昨年秋に植えて、今年の主役となったのは、なんといってもこれでした。
d0049381_12213385.jpgd0049381_12222533.jpg
オープンガーデンを目前に控えた5月初旬。季節外れの台風のせいで、
倒壊してしまったのが悔やまれましたが、それはそれは見応えがありました。
d0049381_12224042.jpgd0049381_2343305.jpg
そして、同じく昨年秋に植えて咲いたブルーキャットミント。けっこう大きくはなってくれたものの、たった2株では物足りない感じ。挿し木で増やそうと試みたものの、中途半端に終わってしまったので、来年はこれをちゃんと冬越しさせたら、せっせと増やして、ブルーのボーダーガーデンを実現したいと思います。
d0049381_23363413.jpgd0049381_1273834.jpg
華やかなボーダーのワンポイントになってくれていたのが、カレックス黄色いヒューケラ
シックな色合いがとても気に入っています。
d0049381_23454621.jpg
冬越しできなかったシレネやシルバータイムが半部以下に減ってしまった一方で、花期もはの色も全く違う、2種類のリシマキアは、今年も健在でした。ガーデニング初心者の頃は、ついつい華やかな花の咲く植物ばかりを植えがちですが、こうした銅葉や黄緑色のカラーリーフを取り入れると、一気に上級者っぽくなるのでオススメです。
d0049381_1265347.jpg
メインガーデンには、挿し木で増やしたチェリーセージと、種から育てたラムズイヤーが咲きました。
ピンクのつるばらスパニッシュビューティは、我が家の主演女優賞、紫色は、オールドローズのカーディナルドリッシュリュー、手前の赤は、修景棚に誘引したつるバラの春風です。最古参のサティーナだけが、花期が違うため、フォトコンテスト用に写真を撮る時、そこだけが緑色になってしまうのが、かねてより悩みの種になっています。毎年、植え替えを決意しては、結局躊躇してしまう植え替え作業。この冬にはチャレンジしてみるつもりです。
d0049381_1261734.jpgd0049381_126326.jpg

d0049381_23522743.jpg

そしてもう一つの悩みが、ボーダー花壇の端に植えた、イングリッシュローズのキアンティ。地植えにしたのがよかったのか、植えた場所が良かったのか、まあ伸びる伸びる。昨年、オベリスクを大きなものに新調してがんがん下垂させてみたものの、それでもダメで、たぶんつるを解いて一直線にしたら8-10mくらいになっているのではないでしょうか。花つきはいいし、気に入ってはいるのですが、手前に背の高いこれがあると、テラス側から庭が見通せないのです。なので、今年は思い切って、このバラも移植するつもり。けれど、このバラは、細かくて鋭い棘がびっしりと生えているので、手こずりそうな予感がしています。
d0049381_1245419.jpg

さて、今年は何を植えようか。お庭友達のかつ子さんの家に咲いているクリムゾンレッドの大玉アリウムに憧れてカタログを見てみたら、一球600円〜千円もすることがわかり、どうしたものかなと思っているところです。




ジギタリスの夏越し
日光を好む植物なのですが、真夏の直射日光が苦手なので、朝は日が当たるが昼以降は日陰になるようないわゆる「半日陰」の場所に植えます。もしくは真夏に何かの木の日陰になるような「木漏れ日」が注ぐ場所が好ましいです。
[PR]

by koiko_77 | 2015-10-24 12:24 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

<< ハロウィンパーティ♪2015 コンクールへの投票コメントあり... >>