Koiko's Rose Collection 26)ER セント・スウィザン St. Swithun™(Auswith)

26)ER セント・スウィザン St. Swithun™(Auswith)
d0049381_22541589.jpg

d0049381_22245924.jpg
ソフトピンク/ロゼット/中大輪/
Sシュラブ1.8〜つる2.5m/強健/
中〜強香/連続咲き(返り咲く)/
1993年 英 David Austin

テラコッタ鉢に植え、オベリスクに絡めて、エントランスに置いてあります。

枝は細く誘引はしやすいですが、細かい棘はカギ状で刺さるとものすごく痛いです(TT)。

d0049381_22253116.jpgラジオタイムズと同時購入し、一年間同じような鉢に植えていたせいで、どっちがどっちかわからなくなっていましたが、昨年から花数が増えてきて、ようやく見分けがつくようになりました。花色が、ラジオタイムズよりも少し薄いピンク色で、花びらのふちがまっすぐ(ラジオタイムズはハート形)。

お庭のバラたちと違って、あまり写真がありませんが、今年の春には、花数を増やしてくれそうな予感がしているので、もう少しいろいろな角度で撮って載せたいと思います。




ER セント・スウィザン St. Swithun™(Auswith)

ランブラーローズ (Climbing Roses)
英 David Austin
八重/多弁 小輪
つる 強健
強香
連続咲き(返り咲く)

おおきな、カップの受け皿のような、芳しい花は、無数の小さい花弁とクラシカルなボタン・アイで形づくられています。花色は可愛らしいソフトピンクで、花の外側にいくほど白みがかっていきます。丈夫に育ち、アップライトな伸び方、素晴らしい形のシュラブを形成します、また、良質のつるばらとしては2.5mほどに伸び、タフで耐病性もあります。

[PR]

by koiko_77 | 2016-02-12 22:06 | ローズガーデン | Comments(0)  

<< バラの家「フェイバリットローズ... ロサオリエンティスとは? >>