6年前を振り返って

6年前の東日本大震災で、亡くなられた多くの尊い命の、ご冥福をお祈りいたします。
d0049381_23535878.jpg
時が癒した心の傷も、今日はきっと痛むことでしょう。
でもそれと同時に、前よりも強くなっている自分に気づけたら……。
強い痛みを経験した心は、喜びや幸せを、人一倍強く感じられるはず。
生きているからこそ、できること。前に進むこと。
今もなお続く復興作業が、どうか遅滞なく進み、
人々の心が、前へ進みますように。





6年前の3月11日。
その少し前に、授かったばかりのひとつの命とお別れをしたばかりだった私には
日々、命が失われたことが報道されるたびに、涙を禁じ得ませんでした。
あれから6年が経ち、決して癒えることがないと思っていた傷はもう痛まず、
涸れることはないと思っていた涙は、やっと出なくなりました。
それでもやっぱり、あのときもし・・・という思いだけはぬぐいきれません。
失ったもの、取り戻せないものは、やはり、背負っていくしかないのですね。
でもそれはけして「諦め」ではなく、「運命」を受け入れるということ。
忘れない。今あるものを当たり前と思わずに、感謝して、大事にして、生き続ける。
「生きている」というだけで、相当に素晴らしいことなのだから!!

[PR]

by koiko_77 | 2017-03-11 23:33 | ◆子育て&マタニティ | Comments(0)  

<< 春の芽吹き 〜Spring H... あれから6年目の今日、6つのホ... >>