Koiko's Rose Collection 2017(2) 恋子のバラ

Koiko's Gardenでは、バラの開花ラッシュが進んでいます。
今朝、咲いているのを見つけて一番嬉しかったのは、ERのキアンチです。
d0049381_22193197.jpg
キアンチ
Chianti

一昨年の11月に移植をし、昨年は一輪も咲かなかったバラ。
元来、早咲きの品種なので、「今年もダメか」と諦めかけていました。
今年はまだ一輪だけですが、うっとりするほど美しい
クリムゾンレッドのイングリッシュローズです。

d0049381_00050027.jpg
アルベリック・バルビエ
Albéric Barbier

ガゼボには4隅にそれぞれバラを植えてあるのですが、
常緑で生育旺盛なアルベリック・バルビエが
今年はとうとう、ガゼボ全体を占領してしまいました。
黄色いつぼみが咲き進むにつれてクリーム、純白へと変わっていきます。

d0049381_22264933.jpg
コーネリア
Cornelia

アルベリックバルビエの陰になってしまっているので
花つきは今ひとつですが、小ぶりの花はアプリコットピンクで
とても可愛らしいバラです。

d0049381_23563974.jpg
春風
Harukaze

当初は、修景バラとして投入し、前面に植えていたのですが、
今年は迷いながら、つるバラっぽい仕立てにしてしまいました。

d0049381_00010618.jpg
アイスバーグ
Ice Berg

日あたりが悪い場所に植えていますが、
やっと顔一つ飛び出し、花を複数つけ始めました。
ここからは一気に本領を発揮してくれるといいのですが。

d0049381_22211206.jpg
ブラハム・ダービー?
Abraham Darby?

先日、セント・スウィザンとして紹介したバラ、やっぱりよく見ると
花びらの形が違う気がして、やっぱりアブラハムダービーかも!
と思っているところです。

アブラハムダービーは、バルコニーにも鉢植えのがあるのですが、
そちらは、年年、花が小さくなってきている気がします。
日差しが強すぎるのか、肥料か水が不足したのか、<
根詰まりか、コガネムシ幼虫の仕業か、もしくはその全部かも。

d0049381_00101346.jpg
羽衣
Hagoromo

ガゼボの一角に植えているのですが、
その柱をアルベリック・バルビエに占領されてしまったせいか、
今年は、ガゼボのてっぺんから顔を出していました。
写真を撮るのも、望遠でやっとです。
d0049381_17435895.jpg
タワーブリッジ
Tower Bridge

そして、大好きなタワーブリッジ。今年も健康そのもの。
数あるバラの中でも、ナンバーワンの存在感です。


[PR]

by koiko_77 | 2017-05-09 23:34 | ローズガーデン | Comments(0)  

<< Koiko's Ros... バラだけじゃないんです >>