Koiko's Rose Collection 2017(4) 恋子のバラ

Koikoの庭では、新しくまた、いくつかのバラが開花し始めています。
d0049381_21244709.jpg
ローゼンドルフ シュパリースホープ
Rosendorf Sparrieshoop
この春先に、アイアンアーチが老朽化したため解体していたら、倒れてきて
パンクロックのミュージシャンがつけるアクセサリーのような太い棘が、
私の左まぶたにグサリ。そのときできた傷は、今もまだ生々しく残っていたりします。
今年は壁面に誘引。その甲斐あって、目の高さで咲くので、以前よりいい感じです。

d0049381_21401750.jpg
L. D. ブレスウェイト L.D. Braithwaite
今年は、花の大きさがひときわ小さいです。
この冬は植え替えか、強剪定して土を変える必要がありそうです。

d0049381_21252438.jpg
ピエール ド ロンサール Pierre de Ronsard
大きくころんとした蕾から、絶妙なグラデーションの花びらを展開させます。
流通量が多く(一般の花屋さんでも買える)、不動の人気を誇るバラ。
昨年伸びたシュートに、たくさんの蕾をつけて、そろそろ咲くかなと思ったところに雨。
アイアンフェンスに収まりきらず、頭(花)が大きいので、別にオベリスクが必要かも。

d0049381_21390848.jpg
グラハム・トーマス Graham Thomas
遅れて咲いたおかげで、雨に打たれずに済みました。
人気の品種だけあって、絶妙な色あいと、間違いのない美しさ。
蕾から花が開くにつれて、次第に淡くなっていくところもいいです。
多少の病虫害はあるけれど、花には影響がないようで、あまり気になりません。
この感じなら、フェンスや屋根を覆ってくれるのも時間の問題かも。

d0049381_21255306.jpg
レオナルド ダ ビンチ Leonard da Vinci
ロココ同様、ガゼボのトイメンに植えたアルベリックバルビエに、居場所を占領されて
しまってますが、こちらはなんとか柱の方にも咲いてくれています。
日当たりが悪いせいもあり、花の大きさがまた一回り小さくなってしまったような。しかも、
根元に「F・ジュランビル」だと思って植えたのが、これまたバルビエだったことが判明。
花が終わったら、バルビエを移植して、追肥しなくては!

d0049381_21271494.jpg
セント・スウィザン St. Swithun(Auswith)
グラハムトーマスの横で、今朝は、二つの花を咲かせていました。
グラハムトーマスと同じく、花の向きを人工的に変えてみました。
地植えにしたのに、日当たりが悪いせいか、生育速度が遅いです。


More
[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-14 22:20 | ローズガーデン | Comments(0)  

雨で折れてしまったジギタリス、でも半分は無事でした

満開を迎えていたジギタリスが、昨日の雨で、半分折れてしまいました。
なぜか壁泉前のものと、日陰でまだ小さいものは無事でした。
仕方がないので、バラや、花の終わったアリウムと一緒に、花瓶に生けてみました。

雨が降る前
d0049381_11423705.jpg
雨で折れてしまった(撤去後)
d0049381_11425775.jpg
でも半分は無事
d0049381_11435785.jpg
折れてしまったジギタリスを花瓶に
(あれ? バラとアリウムに隠れて、見えない・・・?)
d0049381_11454516.jpg
花のなくなったアリウムも、飾ってみると、個性的な存在感があり、
オブジェみたいでおもしろいですね。






[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-14 11:47 | ボーダーガーデン | Comments(0)  

Koiko's Rose Collection 2017(3) 恋子のバラ

d0049381_20223095.jpg
今日はあいにくの雨。ちょうど咲き揃ったバラたちが、
水の重さで一様に下を向いてしまいました。
写真を撮ることもままなりません。
大きくなったジギタリスも、頭をもたげてしまい、
昨年の教訓を生かせず、何本かは折れてしまいました。

仕方がないので、雨が降る前の数少ない画像を少しだけアップします。
d0049381_19233764.jpg

グラハム・トーマス
Graham Thomas

David Austin社のイングリッシュローズの中で
最もポピュラーなバラの一つです。
一昨年の11月に日向に移植して以来、花数もましてきました。
ただ残念なのは、花たちが南側(お隣の方)を向いてしまうこと。
そこで一つ一つこちらを向かせてワイヤーで固定し、撮影してみました。

d0049381_17435895.jpg

タワー・ブリッジ
Tower Bridge

同じような写真ばかりですみません。
このバラが、ほんとうに好きなもので。
美しい上に、丈夫で健康そのもの。
数あるバラの中でも、ナンバーワンの存在感です。
棘が細かくて触るだけで刺さり、しかもめちゃくちゃ痛い。
それだけが欠点。それでも好き。惚れたものの弱みですね。




以下は、まだ画像がないので予告編です。
[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-13 20:13 | ローズガーデン | Comments(0)  

ブログでオープンガーデン

今年の5月は、イベントが目白押しで、
大規模のオープンガーデンは開催できそうにないですが、
お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りいただければと思います。
だいたい庭にいますので、声をかけてみてください。

お越しになれない方のために、ささやかですが、
ブログでのオープンガーデンと銘打ち、
お気に入りの写真をアップしたいと思います。
d0049381_00381184.jpg
大好きなタワーブリッジ。
d0049381_00402592.jpg
アリウムとキャットミントのブルーボーダーガーデン
この時期は、アウトドアリビングの扉も全開口しています。
d0049381_00395616.jpg
つるバラのウォールガーデンには、
遅咲きの春風も咲き始め、華やかさを増しています。
d0049381_00383441.jpg
タワーブリッジとマダムアルフレッドキャリエール越しに見る
つるバラメインのウォールガーデン。
昨年あたりから、メイクイーンの花付きがすこぶる良いです。
d0049381_00511535.jpg
ガゼボにはアイボリーホワイトのアルベリック・バルビエが、
たくさんの花をつけています。
バラの株元に植えたアリウムも、遅ればせながらまん丸に。
古いアイアンチェアには、蝶々柄のクッションを新調しました。
d0049381_00415826.jpg
ウォールには、ピンク色のスパニッシュビューティー、
オベリスクには、赤い春風、
その足元には、深い青紫色のカーディナル・ド・リシュリュー
そして、ピンクや白、アプリコット色のジギタリス、
そして、真ん中に写っているクリムゾンレッドの一輪が、
今年復活してくれた、イングリッシュローズのキアンチです。
d0049381_00412096.jpg
ピンク系のバラと、ブルー系の宿根草。
ガゼボの奥には、ギボウシ(ホスタ)メインのシェードガーデン。
今年はかなり理想に近づいてきたかな。
d0049381_00390314.jpg
今年も結局、バラにはメロメロなKoikoです。


[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-12 01:06 | オープンガーデン | Comments(0)  

Koiko's Rose Garden Before Rain

雨降り前に撮影しておいた画像をアップします。
d0049381_02260783.jpg
d0049381_02210033.jpg
d0049381_02232224.jpg
d0049381_02222001.jpg
d0049381_02252335.jpg
d0049381_02235538.jpg
d0049381_02283612.jpg
d0049381_02330297.jpg
d0049381_02275635.jpg
d0049381_02271029.jpg
d0049381_02212239.jpg





[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-11 02:36 | オープンガーデン | Comments(0)  

Koiko's Rose Collection 2017(2) 恋子のバラ

Koiko's Gardenでは、バラの開花ラッシュが進んでいます。
今朝、咲いているのを見つけて一番嬉しかったのは、ERのキアンチです。
d0049381_22193197.jpg
キアンチ
Chianti

一昨年の11月に移植をし、昨年は一輪も咲かなかったバラ。
元来、早咲きの品種なので、「今年もダメか」と諦めかけていました。
今年はまだ一輪だけですが、うっとりするほど美しい
クリムゾンレッドのイングリッシュローズです。

d0049381_00050027.jpg
アルベリック・バルビエ
Albéric Barbier

ガゼボには4隅にそれぞれバラを植えてあるのですが、
常緑で生育旺盛なアルベリック・バルビエが
今年はとうとう、ガゼボ全体を占領してしまいました。
黄色いつぼみが咲き進むにつれてクリーム、純白へと変わっていきます。

d0049381_22264933.jpg
コーネリア
Cornelia

アルベリックバルビエの陰になってしまっているので
花つきは今ひとつですが、小ぶりの花はアプリコットピンクで
とても可愛らしいバラです。

d0049381_23563974.jpg
春風
Harukaze

当初は、修景バラとして投入し、前面に植えていたのですが、
今年は迷いながら、つるバラっぽい仕立てにしてしまいました。

d0049381_00010618.jpg
アイスバーグ
Ice Berg

日あたりが悪い場所に植えていますが、
やっと顔一つ飛び出し、花を複数つけ始めました。
ここからは一気に本領を発揮してくれるといいのですが。

d0049381_22211206.jpg
ブラハム・ダービー?
Abraham Darby?

先日、セント・スウィザンとして紹介したバラ、やっぱりよく見ると
花びらの形が違う気がして、やっぱりアブラハムダービーかも!
と思っているところです。

アブラハムダービーは、バルコニーにも鉢植えのがあるのですが、
そちらは、年年、花が小さくなってきている気がします。
日差しが強すぎるのか、肥料か水が不足したのか、<
根詰まりか、コガネムシ幼虫の仕業か、もしくはその全部かも。

d0049381_00101346.jpg
羽衣
Hagoromo

ガゼボの一角に植えているのですが、
その柱をアルベリック・バルビエに占領されてしまったせいか、
今年は、ガゼボのてっぺんから顔を出していました。
写真を撮るのも、望遠でやっとです。
d0049381_17435895.jpg
タワーブリッジ
Tower Bridge

そして、大好きなタワーブリッジ。今年も健康そのもの。
数あるバラの中でも、ナンバーワンの存在感です。


[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-09 23:34 | ローズガーデン | Comments(0)  

バラだけじゃないんです

d0049381_20501602.jpg
Shade Garden
シェードガーデンには、
10種類ほどのホスタと、アジュガヒューケラなどを植えていますし、

d0049381_01314064.jpg
Border Garden
ボーダーガーデンには
セージ、タイム、レモンバームなどのハーブ、
ユーフォルビア・パルストリス、ラミウム、ガウラなどの宿根草、
グランドカバーには、ヒメイワダレソウリシマキア
こぼれ種で咲いた2種類のネモフィラオルレア
青紫色のアリウム、キャットミント、クレマチスなどもあります。

d0049381_20521775.jpg
中でも、バラの開花期と並行して咲くジギタリスは、
満開になると、背丈が1mくらいになるので、
大変華やかで、見応えがあります。

だけど、やっぱり……

バラが好き。
d0049381_01590775.jpg
この魔性には、何者も勝てません。

d0049381_02074704.jpg




[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-07 21:24 | シェードガーデン | Comments(0)  

Koiko's Rose Collection 2017 恋子のバラ

d0049381_05234320.jpg
Koiko's Garden Rose Collections 2017

我が家の美女たち、
約30種類のバラをご紹介します。

d0049381_06201201.jpg
タワー・ブリッジ
Tower Bridge

d0049381_06343975.jpg
マダム・アルフレッド・キャリエール
Mme.Alfred Carrière

d0049381_06051024.jpg
ミッシェル・メイアン
Michele Meilland

d0049381_06053404.jpg
スパニッシュ・ビューティ
Spanish Beauty

d0049381_07534417.jpg
ノイバラ(ロサ・マルチフローラ)
Rosa Multiflora

d0049381_08070583.jpg
セント・スウィザン
St. Swithun

d0049381_08224177.jpg
アイスバーグ
Ice Berg

d0049381_08311358.jpg
ラディオ・タイムス
Radio Times

d0049381_08451876.jpg
カーディナル・ド・リシュリュー
Cardinal de Richelieu

d0049381_09043219.jpg
アンジェラ
Angela

d0049381_09012288.jpg
メイ・クィーン
May Queen

d0049381_09052896.jpg
春風
Harukaze

d0049381_09114459.jpg
プチ・トリアノン
le Petit Trianon


[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-07 05:45 | ローズガーデン | Comments(0)  

アリウム パープル センセーション.〜Allium 'Purple Sensation

日当たりの良いボーダーガーデンに、
アリウム・パープルセンセーションが咲き揃いました。
d0049381_21120026.jpg
Allium Purple Sensation

これでやっと、2年越しの念願が叶いました。
思った通り、
ブルー系キャットミントネモフィラアプリコット系のジギタリス
そして、ピンク系のバラたちとの相性もいいようです。
d0049381_17322531.jpg

d0049381_17313893.jpg

d0049381_21250490.jpg




[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-06 21:26 | ボーダーガーデン | Comments(0)  

スパニッシュビューティ

d0049381_20420379.jpg
今年やっとフェンスのてっぺんまで届いたスパニッシュビューティが咲いています。
d0049381_20414436.jpg
これでもまだ5分咲きかな。

ステムが長く、下向きに咲くので、見上げるくらいが丁度いい。
d0049381_20235145.jpg
2年ぶりのジギタリスとコラボ
(写真的にはあまり代わり映えしないですね)

ピンクのバラには、青空がよく似合います。




More
[PR]

# by koiko_77 | 2017-05-06 20:48 | ローズガーデン | Comments(0)