カテゴリ:宿根草・種まき・挿し木( 20 )

 

ブルーキャットミントの花道

d0049381_195823.jpg
かねてより憧れていた、ブルーキャットミントの花道。今年は念願が叶いそうです。というのも、
d0049381_1923148.jpgd0049381_19113825.jpg
先週ネットショップで見つけ購入した4ポットに続き、
今日は、近所のホームセンターで4ポット、さらに、同じ
ショップに入荷した30ポットをゲットしたのです!
d0049381_19324770.jpgすでに植えてあるのが2株あるので、合計すると、
我が家のキャットミントは、なんと40株に!
d0049381_19331782.jpg
一枚目の写真のように、小径の両脇に植えて
青い絨毯のようにするのが理想ですが、
うちの小径脇には、もはや植えるスペースがない! 
d0049381_19335853.jpg
昨年咲いた、ブルーキャットミントのワーカーズロウ。
たったの2株では少し地味でした。

ということで、植えるスペースを作るために、
このボーダー花壇の整理をしました。
雑草を抜き、増えすぎたリシマキアを移植、
本来宿根草であるジギタリスも根っこが
育たず、朽ちていたので撤去したり。なんとか
15株くらいをここに植えることができそうです。

最初の落札では、1ポット約120円、ホームセンターでは、
1ポット250円(税抜230円)と高めでしたが、2度目の
落札が30ポットで2000円(税・送料込)だったので、
合計すると38個で3500円。平均単価は92円。
ブルーキャットミントは高いと、1ポット400円以上する
こともあるので、これはかなりお得でした。
d0049381_20293166.jpg
うちの庭は最近、野良猫のたまり場になっていて、すでにカレックスをぐちゃぐちゃにされたり、芝生に用を
足されたりと、迷惑してるのに、ますます猫が寄り付きいたずらが増えないかと、それだけが心配です……。

3月21日、30ポットを植え付けました!
d0049381_22205011.jpgd0049381_22203676.jpgd0049381_2220114.jpgd0049381_22194886.jpgd0049381_2219324.jpgd0049381_22191650.jpg
↑人工芝の一部を切り取り、6苗植えました→
キャットミントは冬越し(寒さ)よりも、夏越し(暑さと蒸れ)の方が難しいらしいけど、人工芝の下ってどうなんだろう?
[PR]

by koiko_77 | 2016-03-19 19:16 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

バラの挿し木♪恋子流

バラ苗屋さんに教えていただいた方法を参考に(少し我流にアレンジして)、バラの挿し木にチャレンジ中です。
d0049381_2124528.jpg
d0049381_21254693.jpg
1)バラの枝を採取
我が家では、庭の剪定で出た枝を使っています。
細くて、花が咲いた枝の方が成功率が高いそうです。

2)挿し穂を作る
採取したバラの枝を、二芽以上がつく形で、
10〜30cmの長さに切ります。
清潔なナイフやカッターナイフで切る方が成功率が上がるそうなのですが、私はうまく切れないので、切れ味のいいキッチンバサミで切っています。
d0049381_2126167.jpg
d0049381_21264699.jpg
3)水にさします
我が家では、ジャムの空きビンや、100円グッズを使用。
ガラスのキャニスターやメイソンジャー風のジョッキは、高さがある割に安定感があるので、長めの挿し穂を挿すのに便利です!ちなみにペットボトルは、ガラスの器に比べると、中の水が腐りやすいです。
週に1-2度、水を替えてあげます。
夏場は水の量を減らすといいそうです。
d0049381_20515042.jpg
デザインのかわいいジャムの瓶は、
それ自体がインテリアになりますし、口が窄んでいる
ので、コップよりも挿し木に向いていると思います。
マステに品種名を書いて、窓辺に置きます。
南向きの窓辺は、ブラインド越しに陽が当たります。
d0049381_20474079.jpg
4)カルスができる
やがて、切り口にカルス(人間で言うところのかさぶたのようなもの)が出来てきます。カルスができた枝には、やがて細くて白い根っこが生えてきます。
←たまに、切り口ではない、途中の芽の下から根が生えてくることもあります。

切り口が黒ずんできたら、もう一度切り戻してチャレンジします。全体が黒ずんだり黄ばんできたら、失敗なので捨てますが、逆に、葉が黄ばんでも、茎が緑色で切り口が白っぽければ大丈夫です。太い枝の方が腐りやすいです。
d0049381_20441343.jpg
5)ポット上げ(土に植え替え)
通常は、1~2cm根が伸びたら植え替えますが、以前うっかり水やりを忘れて枯らしてしまったことがあったため、最近は白根が10cmくらい伸びてから植え替えています。
d0049381_2124893.jpg
挿し木には、通常、肥料分の少ない土を使います。
今回使ったのは、ホームセンターで特売だった培養土。
なんと14L入 290円でした!(^^;)
d0049381_2046554.jpg
成分をチェックしたら、鹿沼土、赤玉土、パーライト、ピートモス……と、ちょうど良さそうだし、元肥は緩効性の有機肥料「バッドグアノ(コウモリの糞)」なので、まあいいかと。
d0049381_218423.jpg白根は折れやすいので、少量の土を入れたポットに挿し穂を入れ、上から土を足していきます。根がぐらつくと活着しないので、最後に上からスコップの柄で押さえます。
d0049381_2275019.jpg
d0049381_21551252.jpg
さらに、割り箸の支柱を深く挿してテープで固定します。
d0049381_2195418.jpgポット上げが終ったら、水やりをして、水切れに注意しながら日陰で管理します。今回は発泡スチロールの箱に入れて管理することにしました。
d0049381_220745.jpgビニールポットでなくても、プラ鉢でも、テラコッタ鉢でもいいのですが、最初から大きい鉢で育てると、しっかりした苗になりにくいし、一つの鉢に複数の枝を植えると、根が絡まり合ってしまい、移植がしづらくなるため、
d0049381_2243860.jpg最初は小さなポットに一枝ずつ植え、次第に鉢増ししていく方が成功率が高いとのことです。
今日は、フランソフワジュランビルが8本、LDブレスウェイト、スパニッシュビューティー、アブラハムダービー、
タワーブリッジが各1本、品種不明が4本、計16個のポット上げを行いました。
生育旺盛なフランソフワジュランビルは、枝が細く、発根率がダントツに高いです。




More
[PR]

by koiko_77 | 2016-03-19 14:54 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

我が家の宿根草ガーデン

そろそろ秋植えの苗を購入する季節になるので、今年咲いた宿根草の画像をまとめてみました。
d0049381_1272534.jpgd0049381_1271018.jpg
ジギタリス……昨年秋に植えて、今年の主役となったのは、なんといってもこれでした。
d0049381_12213385.jpgd0049381_12222533.jpg
オープンガーデンを目前に控えた5月初旬。季節外れの台風のせいで、
倒壊してしまったのが悔やまれましたが、それはそれは見応えがありました。
d0049381_12224042.jpgd0049381_2343305.jpg
そして、同じく昨年秋に植えて咲いたブルーキャットミント。けっこう大きくはなってくれたものの、たった2株では物足りない感じ。挿し木で増やそうと試みたものの、中途半端に終わってしまったので、来年はこれをちゃんと冬越しさせたら、せっせと増やして、ブルーのボーダーガーデンを実現したいと思います。
d0049381_23363413.jpgd0049381_1273834.jpg
華やかなボーダーのワンポイントになってくれていたのが、カレックス黄色いヒューケラ
シックな色合いがとても気に入っています。
d0049381_23454621.jpg
冬越しできなかったシレネやシルバータイムが半部以下に減ってしまった一方で、花期もはの色も全く違う、2種類のリシマキアは、今年も健在でした。ガーデニング初心者の頃は、ついつい華やかな花の咲く植物ばかりを植えがちですが、こうした銅葉や黄緑色のカラーリーフを取り入れると、一気に上級者っぽくなるのでオススメです。
d0049381_1265347.jpg
メインガーデンには、挿し木で増やしたチェリーセージと、種から育てたラムズイヤーが咲きました。
ピンクのつるばらスパニッシュビューティは、我が家の主演女優賞、紫色は、オールドローズのカーディナルドリッシュリュー、手前の赤は、修景棚に誘引したつるバラの春風です。最古参のサティーナだけが、花期が違うため、フォトコンテスト用に写真を撮る時、そこだけが緑色になってしまうのが、かねてより悩みの種になっています。毎年、植え替えを決意しては、結局躊躇してしまう植え替え作業。この冬にはチャレンジしてみるつもりです。
d0049381_1261734.jpgd0049381_126326.jpg

d0049381_23522743.jpg

そしてもう一つの悩みが、ボーダー花壇の端に植えた、イングリッシュローズのキアンティ。地植えにしたのがよかったのか、植えた場所が良かったのか、まあ伸びる伸びる。昨年、オベリスクを大きなものに新調してがんがん下垂させてみたものの、それでもダメで、たぶんつるを解いて一直線にしたら8-10mくらいになっているのではないでしょうか。花つきはいいし、気に入ってはいるのですが、手前に背の高いこれがあると、テラス側から庭が見通せないのです。なので、今年は思い切って、このバラも移植するつもり。けれど、このバラは、細かくて鋭い棘がびっしりと生えているので、手こずりそうな予感がしています。
d0049381_1245419.jpg

さて、今年は何を植えようか。お庭友達のかつ子さんの家に咲いているクリムゾンレッドの大玉アリウムに憧れてカタログを見てみたら、一球600円〜千円もすることがわかり、どうしたものかなと思っているところです。


宿根草の育て方(お役立ちリンク集)
[PR]

by koiko_77 | 2015-10-24 12:24 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

春の初収穫と行列のできないパンケーキ屋さん

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2014-05-01 20:56 | 宿根草・種まき・挿し木  

2014年春、多年草・宿根草の種まき

この週末は、先日購入した多年草の花のたね10種類のうち、6種類のタネまきをしてみるつもりです。
タネまき適期が、微妙にずれているけど、「瑠璃玉あざみ、ブルーサルビア、ジギタリス、
百日草バイオレット」以外のタネは、今週末=4月中旬に撒けば、ちょうどよさそう。

4月にまくタネ
d0049381_19572168.jpgd0049381_19581465.jpgd0049381_19583691.jpg

1)アルテアロゼア(ホリホック)混合 1袋(約50粒)……発芽適温は20℃前後。
 二年草タイプは4月~5月タネまき→翌年の初夏~夏に開花。
 一年草タイプは3月~4月にタネまき→その年の夏に開花。9月頃にまくと翌年の初夏~夏に開花。
 タネの表面がややコルク質で水をはじきやすいため、一晩水につけてからまくと良い。
 発芽後、本葉が2~3枚になったら庭や鉢などに植え付け。大きくなってからの移植は避ける。
 庭や鉢に直接タネをまいて間引きながら育てることもできる。

2)ルドベキア マーマレード 1袋(約200粒)……タネまき適期は3月〜4月
 こぼれ種でも生長するほど丈夫。直播き、箱播き可。本葉5から6枚の頃に定植。
 あまり大きくなってから定植すると、茎がひょろひょろになってうまく育たない。

3)多年草 ラムズイヤー 1袋(約50粒)……タネまきの適期は4月9月
  用土を入れた鉢にタネをばらまき、発芽するまで乾かさないように管理。
  発芽したら間引いていき、大きくなってきたら鉢や庭に植え付ける。

4〜5月にまくタネ
d0049381_19583183.jpgd0049381_19574129.jpgd0049381_1957305.jpg

4)多年草 バーバスカム混合 1袋(約1000粒)……発芽適温は15~20℃。
 タネまき適期は4~5月または9~10月
 花壇に直まきして間引きながら育てるか、箱や平鉢にまいて苗を作って植え付ける。
 タネは細かいので土はかぶせない。
 1週間~2週間で発芽し、2ヶ月くらいで植え付け可能な大きさに。花が咲くのは翌年の夏。

5)ダリア セミダブル混合 1袋(約40粒)……タネまきの適期は4月
 やはり球根で増やすのが通常なのか、種まきの情報が見あたらない。

6) 多年草クリーピングタイム 1袋(約350粒)……タネまきの適期は4月〜6月9月
 ややアルカリ性の土を好むため苦土石灰を土に混ぜておきます。

5月にまくタネ
d0049381_1958639.jpgd0049381_1956556.jpgd0049381_19573825.jpgd0049381_19572753.jpg

7)百日草バイオレット 1袋(約100粒)……発芽温度は20℃~25℃。タネまき適期は、4月中旬以降〜
 ビニールポットに2〜3粒ずつまき、発芽したら間引いて、1本にする。
 または箱などにまき、小さな頃に一度仮植えする。

8)ジギタリス混合 1袋(約500粒)……発芽温度20~25℃なので、5月にまく。→翌年6月頃開花。
 好光性種子なので、土はごく薄くかぶせる。

9)ブルー サルビア 1袋(約100粒)……タネまき適期は4月〜5月
 タネは高温発芽性で20~25℃の気温が必要。5月に入ってからの方がよい。

10)瑠璃玉あざみ 1袋(約20粒)……タネまきの適期は5~6月→開花は翌年の夏。
 弱アルカリ性を好むので土に石灰を混ぜ込んでおく。
 発芽し本葉が3枚くらいになったらビニールポットに植え替え、秋に庭や鉢に植え付け。
[PR]

by koiko_77 | 2014-04-12 03:58 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(3)  

宿根草の植え付け完了 4月の庭

4月5日(土)の庭
d0049381_1513868.jpg
d0049381_1382962.jpg
タイルテラス前のボーダーガーデンでは、
チューリップやビオラなどが咲き始め、
バラの新芽もぐんぐん茂ってきて、庭全体が、みるみる緑色になってきています。

ピンク系のチューリップ5種と、
ラベンダーカラーのパンジーとビオラ
色の濃い方がビオラです。
縁取りのカラーリーフは、シレネ、オレガノ、
2種類のリシマキア、シルバータイム
など。

また、ホスタの「サガエ」も、
10cmくらいに伸びてきています。
d0049381_1345357.jpg
東側の枕木花壇には、昨日届いた宿根草
植え付けました。

ジギタリス、デルフィニウム、3尺バーベナ、
ラムズイヤー、キャットミント、ペンステモン、
スカビオサ、ラベンダー、
ムスカリ、ベルフワラー、2種のベロニカ


夏越しの難しいラムズイヤー、キャットミント
ベルフラワーの3種だけは、念のため、
日向と日陰に1ポットずつ植えました。

d0049381_275445.jpg
サークルテラスに置いていた、シンセティックラタンのテーブル&チェアは、大き過ぎてお庭が隅々まで見渡せず、陽射しの妨げにもなっていたので、タイルテラスへ移動させました。

代わりに、サークルテラスのど真ん中に置いたのはチムニー。メキシコ製の素焼きのストーブです。中に炭を入れて火を炊くと、上部が煙突の役割を果たしてくれるんです。
焼き芋も、バーベキューも、その気になれば、
スモークソーセージもできちゃう優れもの。
かなり年季が入ってきてしまったけど、
そのシャビーな感じも、気に入ってます。

d0049381_3225529.jpgd0049381_3225380.jpgd0049381_3224174.jpgd0049381_322190.jpg
ガゼボの四隅に植えてあるつるバラは、
レオナル・ド・ダヴィンチ、ジャスミーナ、アルベリック・バルビエ、ロココです。
ハーブや宿根草を植えてあるそれぞれの株元では、秋に種まきしたカモミールが育っていました。
d0049381_273057.jpg
お庭側から、
コンサバトリー(ガーデンルーム)
を撮ってみました。

折れ戸を全開にしたガーデンルームの
特等席で、ジュースとお菓子を食べながら、
youtubeを見ているのは、もちろんハレ君。

お庭の手伝いは、とっとと終えてしまい、
ドラえもんやらコナンやら、妖怪ウォッチやら
と楽しんでいるのでした。今からこんなに目を
酷使してたら、小学生になるころには、きっと、
コナンくんみたいな眼鏡が必要になるね。
d0049381_28594.jpg
続いては、タイルテラス側からの一枚。

12年目を迎え、巨大化したキングローズ。
今年は、構造物に沿って誘引したので、
すっきりした感じになっています。

キングローズのダブルアーチの下には、
足長のアイアンスタンド×テラコッタ鉢を
対になるように置いてます。
植えてあるのは、チェリーセージ

やっぱり、ウッドフェンスはサイズを高くして、
隣地の駐輪場の屋根を、隠すべきだったかも。
d0049381_365936.jpg

せっかく庭の隅々までお掃除したのに、どうやら明日は嵐がくるみたい……とほほ(TT)
[PR]

by koiko_77 | 2014-04-06 02:09 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

宿根草24ポットが届きました

つい最近、10種類もの宿根草の種を買ったばかりなのに、来年の開花が待ち切れず、結局、苗も買ってしまった。
以前にも2セット購入したことのある、とってもお得なお任せセット
普通のお花屋さんではなかなか高価だったり、入手困難だったりする宿根草が、
24ポットも入って、たったの3,000円!しかも税・送料込なんです
(って、今ショップを見に行ったら、8%の消費税240円がそのまま外税となって、
 3,240円に値上げされてました。ん? これって、便乗値上げじゃ……?)。
まあ、私は、増税前の3月31日に駆け込み注文したので、3,000円ですみましたが・・・(笑)

また、今回は「ブルーか紫のお花を中心に」などと、いろいろリクエストしてみたところ、
けっこう応えていただき、みごとにブルー系のお花ばかりが12種類×2ポットずつ入っていました。
そもそも、ブルー系の宿根草だけで、こんなに品揃えがあるなんて、それだけでも驚きです。
しかも、欲しかったデルフィニウムやキャットミントも入っていて、大満足!

d0049381_2121938.jpg1)三尺バーベナ h100cm
とても強健な性質で寒冷地から暖地まで幅広く植えられる
宿根タイプのバーベナ。株も越冬するうえ、こぼれダネで
とても殖え群生する。背が高くなり細身の草姿なので、
他の草花を邪魔せずよく調和する。風に揺れる姿が美しい。

2)ジギタリス キャメロット ラベンダー h100cm
d0049381_21212796.jpg淡いピンク系の花色 咲き始めはクリーム色で、徐々にラベンダーがかったピンクが濃くなる美しい。
大型で、見ごたえのある品種。

  バラとの相性もよさそうです→
d0049381_21223821.jpg
3)デルフィニウム
ムーンライトブルース

h50〜80cm
明るいブルーに黒目のワンポイントが美しい。日当たりが良く、排水の良い土地が向く。

d0049381_7202633.jpg
4)ラムズイヤー
h30〜80cm
地際を這うように広がり、初夏に花を階層状に咲かせる。
綿毛で覆われた銀白色の草姿と紫の花色が上品な雰囲気。
夏越しが難しいので、半日陰に高植えにするのがよい。
夏場は、枯葉を整理してなるべく風通しをよくする。
d0049381_2191525.jpg
d0049381_21495453.jpg
5)ペンステモン アラベスク バイオレット h45cm
寒さ、暑さに強く強健。花茎が丈夫で真っ直ぐ立ち、
美しい花姿を長期間保つ。
d0049381_2151050.jpg
6)ネペタ ブルーキャットミント h30cm
大きめの明るいブルーの花がたくさん咲く品種。
草状に立ち上がり、まとまって咲き花姿が美しい。
強靭で、日向〜半日陰で育つ。花後に3〜4節残して
短くカットすると 再び伸びて姿良く咲く。
冬は短く切り戻して株を休ませる。
d0049381_21215177.jpg
7)ラベンダー エレガンス・スカイ h30cm
耐寒性のあるイングリッシュラベンダー。分枝性に優れ
病気にも強い。花穂が大きく、花立ちがよいのが特長。
d0049381_21302143.jpg
8)スカビオサ ピンクッションブルー h30cm
淡い青紫色のやさしい花色。春から秋まで
長い間繰り返し咲く。小型で宿根性の松虫草。
d0049381_2131479.jpg
9)ベロニカ オックスフォードブルー h10cm  
地面を這うタイプで、グランドカバーにも使える。
耐寒性あり、南関東なら戸外での越冬OK。
耐暑性あり、夏越しも可能。
d0049381_89649.jpg
10)斑入りベロニカ ミフィーブルート h10cm
日当たり、水はけの良い場所を好むが、暑さに弱いので、
夏場は蒸れなどに注意し風通しの良い半日陰で管理。
挿し木で増やせる。
d0049381_21534031.jpg
11)ムスカリ ブルーマジック h20cm
花後の花茎は付け根から切り取るが、葉は切らない。
日当りと水はけのよい場所に数年植えっ放し。適宜株分け。

12)カンパニュラ ベルフラワー h10cm
日当りを好むが、暑さと蒸れに弱く、
夏越しが難しいため一年草扱い。


ブルー系の花は、概して、高温多湿が苦手で、水はけ良い用土を好む植物が多い。
特に、カンパニュラやラムズイヤーなどは、真夏になる前に、強剪定する必要がありそう。
土質も日当りもあまりよくない東側の花壇に植える予定だけど、うまく育ってくれるかな?
ムスカリはすでに花が咲いているけれど、他の宿根草が咲きそろうのは、初夏あたりかな〜。

More
[PR]

by koiko_77 | 2014-04-04 21:59 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

懲りずに種を購入

週末、バラを植え付けたついでに、東側の花壇を整備したので、
多年草の花のたね(1袋50円)を10種類、購入してみました。

といっても、ズボラな私は、トレーに撒いたり、間引きしたり、
移植したり、そういうのは面倒なので、直にばらまく予定。数打ちゃ当たるかな?と。(笑)
d0049381_19583691.jpgd0049381_19583183.jpgd0049381_19581465.jpg
■産毛が特徴のラムズイヤー ■咲けば豪華なバーバスカム ■夏に咲く?ルドベキア マーマレード
d0049381_19574129.jpgd0049381_19573825.jpgd0049381_1958639.jpg
■百日草バイオレット ■ボーダーの前方にブルーサルビア ■種まき初挑戦のダリア(セミダブル)
d0049381_19572753.jpgd0049381_1957305.jpgd0049381_19572168.jpgd0049381_1956556.jpg

■ルリタマアザミ ■クリーピングタイム ■アルテアロゼア(ホリホック) ■ジギタリス

多年草は夏越しさせて、来年開花のものもあるから、ハードル高いなあ……。
ま、ダメ元なんで、何が咲くかはお楽しみ〜ってことで。

そういえば、種から育ててまともに育ったのって、
数えるくらいしかないわ〜(かすみ草、キンレンカ、ポピー、カモミール、ホリホック、朝顔……)
↑全然、懲りてなーい!(^_^;)

そんな私でも、葉ものの野菜(ベビーリーフ、ルッコラ、水菜、バジルなど)、とラディッシュは、
失敗がありません。面倒くさがり屋さんには↑おすすめですよ〜(^^)。

購入した種の内訳と育て方
[PR]

by koiko_77 | 2014-03-24 20:42 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

そして、種まき

d0049381_01085657.jpg今日で、花苗と球根、合計250個の植え付けが完了したので、
さらに「種まき」をしました。 

・ルピナス 約12粒 →西側花壇に5粒、メインの花壇に7粒 
・ストロベリーキャンドル 約40粒 →ガゼボの4角に10粒ずつ 
・わすれな草  約50粒くらい  →すべて西側花壇に 
・タイム 約80粒くらい →ガゼボの4角とメインの花壇に 
・カモミール 約80粒くらい →ガゼボの4角とメインの花壇に 


まいた種は、いずれも100円ショップのダイソーで、2袋105円で購入したものです。 
パッケージには、まき時9〜11月と書いてあったのでギリギリセーフ?
今年は例年より寒いけど、大丈夫かなあ……。

しまった! 種まき後、水やりするのを忘れてた!(って今、気づいた) 
これでしばらくは、ガーデンブロワー&バキュームが使えません。榎の落ち葉掃除、どうすんだ?

[PR]

by koiko_77 | 2013-11-23 23:56 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

そして、種まき

d0049381_01085657.jpg今日で、花苗と球根、合計200個の植え付けが完了したので、
さらに「種まき」をしました。 

・ルピナス 約12粒 →西側花壇に5粒、メインの花壇に7粒 
・ストロベリーキャンドル 約40粒 →ガゼボの4角に10粒ずつ 
・わすれな草  約50粒くらい  →すべて西側花壇に 
・タイム 約80粒くらい →ガゼボの4角とメインの花壇に 
・カモミール 約80粒くらい →ガゼボの4角とメインの花壇に 


まいた種は、いずれも100円ショップのダイソーで、2袋105円で購入したものです。 
パッケージには、まき時9〜11月と書いてあったのでギリギリセーフ?
今年は例年より寒いけど、大丈夫かなあ……。

しまった! 種まき後、水やりするのを忘れてた!(って今、気づいた) 
これでしばらくは、ガーデンブロワー&バキュームが使えません。榎の落ち葉掃除、どうすんだ?

[PR]

by koiko_77 | 2013-09-24 00:56 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)