カテゴリ:◇旅行・美容・その他( 140 )

 

夏休み 修善寺旅行3日目

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2017-07-29 19:20 | ◇旅行・美容・その他  

夏休み 修善寺旅行2日目

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2017-07-29 19:14 | ◇旅行・美容・その他  

夏休み 修善寺旅行1日目

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2017-07-29 18:53 | ◇旅行・美容・その他  

夏休みの旅行計画 その1

今年の夏休みも、旅行は国内に決定。
いろいろと話し合い、検討を重ねた結果、今年は「修善寺」に決定しました。

今回の旅行のテーマは、当初、本格的なキャンプ……のはずだったのですが、
いろいろ話し合った結果(←詳細は端折ります)、
子供&パパの希望「カブトムシ&クワガタの採集、魚釣り(またはつかみ取り)、BBQ」と
ママの希望「富士山が見える露天風呂付き客室がいい」の両方を実現させて
くれそうなのが、「修善寺」だったのです。

宿は、修善寺の良質な温泉と、富士山の雄大な眺望を堪能できる温泉露天風呂と
テラスが付いた「ラフォーレ修善寺 山紫水明」というお部屋。
d0049381_22383583.jpg
d0049381_22384629.jpg
アクティビティは、
ラフォーレの敷地内にはクヌギの森があって、朝早くにそこを探検し、
カブトムシやクワガタを捕まえる「朝の森探険ツアー」なるイベントもやっている
(しかも参加料はたったの500円!)とのこと。
もし朝が苦手な人は、夜中にライトを持って探検に行っても捕まえられるし、
なんなら、夜通しお部屋のテラスにライトを吊るしてだけで、
集まってきたカブトムシやクワガタを、ラク〜に捕るなんていう方法もあるとか。
d0049381_22425435.jpg
敷地内には、他にも、ゴルフ場やテニスコートの他にドッグランなどがあり、
夏休みには誰もいない夕方のゴルフ場をカートで回って、芝生の上で子供と遊べる
「夕涼みアドベンチャー」なるイベントなどもあるそうです。

お食事は、
1日目、お昼は「ダイニングFUJI」の特選 伊豆山葵丼、夕食は「日本料理 天城」で懐石料理。
2日目、お昼は「BBQ GARDEN」でのバーベキュー、夕食は「ダイニングFUJI」でフレンチ!?
d0049381_22585462.jpg
そして、ラフォーレから車で10分ほどのところには、
天然の清流で、放流されたニジマスやあまごが釣れる「天城国際鱒釣場」や
ニジマスのつかみ取りができる「水恋鳥広場」などもあって、
いずれも釣った魚は、その場で塩焼きにして食べることができるそうです。
d0049381_22591506.jpg
また、「水恋鳥広場」には、バーベキュー場もあって、使用料は2時間で2,000円+食材の持ち込みは無料。
または売店に、お肉と野菜のセット(2人前で2,000円)があるので、手ぶらで行っても大丈夫なのだそう。

会社の福利厚生で優待のあるラフォーレ倶楽部の宿泊施設は、今回利用するラフォーレ修善寺をはじめ、
この7月28日から「マリオットホテル」として生まれ変わるそうで、今後の選択肢がさらに増えそうです。
d0049381_23074612.jpg
修善寺には過去に3回くらい行ったことがあるけれど、そのほとんどが、12月の紅葉の頃でした。
そのうち一回は、Hくんも(1歳くらいの時に)うちの両親と行ってるはずなのですが、
当然ながら、全く覚えていないそうです。




[PR]

by koiko_77 | 2017-07-08 23:10 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

14th anniversary at 椿山荘

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2016-10-27 01:07 | ◇旅行・美容・その他  

ママのキャンプ飯……ニジマス・マシュマロ・アルミ缶で炊くご飯!

はじめてのキャンプ(グランピング)で、いくつかのキャンプ飯作りに挑戦しました!
事前にネットの情報をかき集め、下調べしておいたおかげで、
「はじめて」にしてはかなり上出来だったと思います。
以下にその方法とコツを載せますのでよかったら、試してみてくださいね。

まずは、「アルミ缶の上にあるミカン」……じゃなかった
「アルミ缶で炊くご飯」の作り方です(笑)
d0049381_21135682.jpg
今回はコーヒーの入っていた、キャップ付きアルミ缶2種類と、
カフェオレの入っていた、プルトップ式のスチール缶1種類で試してみました。
1)ラベルを剥がします。
 一方は剥がれるタイプ、もうひとつは缶に直接印刷されているタイプでした。
2)キャップの中蓋(プラスチック)を剥がします。マイナスドライバーとペンチで。
3)キャップの側面に穴を開けます。ダイヤモンドヤスリが便利です。
 プルトップ式のスチール缶は、缶切りで上蓋を1cmだけ残して切ります。
4)研いだお米(または無洗米)を一合(より気持ち少な目がいいかも)入れます。
5)炊く直前に、お水を入れます。クビレの上、缶の8−9割程度。
 元のコーヒーが入っていたくらいの量ですかね。
6)キャップを締め(スチール缶は二つに折ったアルミ箔で蓋をして)
7)焚き火に投入。またはBBQの網の上でも。強火で20分。
 途中で様子を見て、水がなくなっていたら、水を足してさらに10−20分。
 お米が柔らかくなっていたら火からおろし、蓋を開けて少し蒸らします。
 割り箸などで少しかき混ぜてもOK。

<結果>
1)3種類のうち、ラベルを剥がしたキャップ付きの缶は、時間を計らなかったのと、
 キャップを開けるのを躊躇ったために、水がなくなり、炭化してしまいました。
2)もうひとつのラベルを剥がしてない方は、たまたま火加減がよかったのか
 かろうじて食べられました(焼きおにぎりのような味)
3)スチール缶で、ちゃんと時間を計ってつきっきりで炊いたら大成功。
 ほどよいおこげもできました。

<やってみてわかったコツ>
・時間をちゃんと計る。・水は多め(無くなったら足す)
・途中、蓋を開けてこまめに様子を見る
・アルミ缶でもスチール缶でも大丈夫そう。
・炊けたご飯を取り出すときは、しゃもじがわりに、プラスチックスプーンが便利
・樹脂が溶けるのでは?という不安な声がありましたが、今回、直火で焼いても、
 とくに溶けてる様子はなく、有害物質等の匂いはありませんでした。
d0049381_21143464.jpg
続いて、「釣ったばかりのニジマスを塩焼きにする手順とコツ」です。
1. 内蔵を取る 内臓、エラ、顎も取り、お腹を水洗い。
2.串打ち キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取り
 骨を絡めるように、口から尻尾を目掛けて串を打つ。
3.塩を振る 塩をしっかりと振る。焦げやすいヒレにはたっぷりと。
4. 皮目から焼く 魚の背中側から、両側面、最後にお腹を焼く。
 串を斜めにさすか、皮目の水分が無くなるまで焼いた後網に載せて焼く
5.火加減 最初は強火でバッと→弱火でじっくり 全面がこんがり仕上がったら、
 火力を弱めて同じ順番にじっくり火を通す。
 腹からぽたぽたと水分が落ちなくなってきたら食べごろ。
6.食べ方 豪快に背から齧り付く。

<やってみてわかったコツ>
・強火で表面がこんがりと焦げるくらいに焼くのが丁度いい。
・よく洗い、水分をよく拭いておくことが重要
・串は金串より幅の太い竹串がいいかも。
 斜めに刺して焼くときに、くるんと回ってしまったり、
 食べるときに串を縦にすると、身がするすると落ちてきてしまうため。
・塩は多めにふる。その方が焦げにくいし、しょっぱいくらいが美味しいので。

そうそう。キャンプ場が用意してくれた「ニジマス釣りの餌」は「チーカマ」でしたが、
BBQ用に持参したエリンギの方が、使いやすく、引きもよかったです。お試しあれ。
d0049381_21173208.jpg
最後はデザートの「マシュマロ焼き」
1.金串に刺して焼き、程よく溶けてきたら
2.グラハムクラッカーに挟んで食べる

<やってみてわかったコツ>
・軍手は人数分あると便利
・網がある場合は、アルミ箔か空き缶にマシュマロを数個入れて加熱すると、
 溶けてディップ状になるので、それをクラッカーにデつけて食べても美味しいです。
 綿菓子のような、マカロンのような、おしゃれな味がしますよ。
d0049381_21230440.jpg

[PR]

by koiko_77 | 2016-08-30 21:24 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

夏の白川郷(お気に入り夏ショット)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2016-08-30 13:00 | ◇旅行・美容・その他  

富士さんの麓でグランピング&石和温泉旅行2016

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2016-08-29 03:48 | ◇旅行・美容・その他  

北陸旅行2016

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
[PR]

by koiko_77 | 2016-08-22 21:22 | ◇旅行・美容・その他  

子連れグランピング & 温泉旅行(計画)

今年の子連れ夏旅行は、国内に決定。都心からのアクセスも良い富士山の麓で、
ワイルド&ラグジュアリーなグランピング体験旅行を計画中です。
「釣った魚を焼いて食べてみたい」、「大好きなフルーツを好きなだけ食べたい」、といった子供の要望に応えつつ、1日目は、今話題のグランピングができる宿を、2日目は、頑張ったママの身も心も癒してくれそうなラグジュアリーな露天風呂付き客室をと、値段も特徴もまったく異なる2つの宿を組み合わせて予約してみました。
さらに頑張るママ(私)は、キャンプの必需品を買いそろえたり、釣った魚のおいしい調理方法も予習中ですw
d0049381_039408.jpg
●旅行日程
1日目 自然体験&グランピング!
d0049381_0241188.jpg:00 中央自動車道 河口湖ICから15~20分
12
:00 富士西湖着 
昼食後 Pond Fishingでニジマス釣り めざせ4匹!
15
:00 PICA富士吉田にチェックイン後 PLAY PARKへ
16
:00 食材の買い出し、セッティング
17
:00 焚き火&BBQ開始
PICA富士吉田 パオ グランデに宿泊



2日目 富士山ドライブ&石和温泉!
d0049381_038473.jpg
3時に起きれば5時のご来光を五合目で見られるらしいけど。
10:00 PICA富士吉田を出発 富士五湖道路経由35分
11:00 「富士山五合目」着     
◎昼食  富士山五合目・雲海ハイキング
13:30 富士五合目を出発 富士スバルライン・ 国137経由 80分
15:00 『石和温泉郷 旅館深雪(みゆき)温泉』にチェックイン
●貸切露天風呂で家族水入らず
18:00 ◎夕食(甲州牛の陶板焼きなど)

3日目 カブトムシ獲り&ぶどう狩り!
d0049381_0385166.jpg10:00 石和温泉を出発 県道310で10分
10:20 「丸石ぶどう園」へ
●ぶどう狩り(食べ放題+お土産) 1000円
11:00 丸石ぶどう園を出発 国道20(勝沼バイパス)経由で18分
11:30 「ハーブ庭園」へ  
●カブト虫狩り体験(1620円) ◎昼食     
●宝石ハンティング体験(650円)
●ニジマスのつかみ取り(620円)
17時 中央高速で帰路に



d0049381_16311145.jpgd0049381_17152815.jpgd0049381_16314956.jpg
d0049381_0364069.jpg<ニジマスの塩焼き 手順を予習>
1. 内蔵を取る・・・ 内臓、エラ、顎も取り、お腹を水洗い。
2.串打ち・・・ キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取り
 骨を絡めるように、口から尻尾を目掛けて串を打つ。
3.塩を振る・・・ 塩をしっかりと振る。焦げやすいヒレにはたっぷりと。
4. 皮目から焼く・・・ 魚の背中側から、両側面、最後にお腹を焼く。
 (串を斜めにさすか、皮目の水分が無くなるまで焼いた後網に載せて焼く)
5.火加減・・・ 最初は強火でバッと→弱火でじっくり
 全面がこんがり仕上がったら、火力を弱めて同じ順番にじっくり火を通す。
 腹からぽたぽたと水分が落ちなくなってきたら食べごろ。
6.食べ方・・・ 豪快に背から齧り付く。
 残った背骨と頭も、二度焼きしてカリカリにすれば、骨ごと食べられるらしいです。


More
[PR]

by koiko_77 | 2016-07-26 00:57 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)