<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

4種類のセージが織りなす……

秋ですね。4種類のセージが咲きそろいました。
d0049381_220885.jpg

奥(左)から、赤い花の咲くパイナップルセージ
恋紫色の花がちょっと地味なメドーセージ
薄紫のふわふわした花が特徴のメキシカンブッシュセージ
香りがよく一番大好きなチェリーセージ

d0049381_21531890.jpgd0049381_21561476.jpgd0049381_21534782.jpgd0049381_21542826.jpg
[PR]

by koiko_77 | 2005-10-28 21:59 | ボーダーガーデン | Comments(0)  

2階テラスのスイフヨウ(酔芙蓉)

スイフヨウが咲きました。

d0049381_21441328.jpg昨日は午前中雨だったので、
夕方になってもピンク色にならず、
今日になったら昼間だというのに
ピンク色になっていました。

昼間から酔っぱらっちゃって。
咲き始め(しらふの白)
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
翌日(ほろ酔いピンク)→ → → → → →翌々日(泥酔!)
d0049381_2235377.jpgd0049381_224567.jpg
[PR]

by koiko_77 | 2005-10-28 21:46 | 寄植え・ハンギング | Comments(0)  

種から育てたギボウシ(ホスタ)

d0049381_2242389.jpg去年オークションで買った種をまいて、育てたギボウシ。10粒まいて、まともに育っているのはこの1株だけ。10粒で送料を入れると700円くらいしたから、苗で買った方がお得だったかな。去年、お花屋さんの処分苗として1株120円で買った苗のほうが、色もきれいだしな。
でも、種から育てた植物がだんだん大きくなるのを見ていくのは、違う楽しみもありますねえ。
[PR]

by koiko_77 | 2005-10-26 22:05 | 種まき・挿し木 | Comments(0)  

虫退治(><) イモムシたちの捕殺!

先週に引き続き、お庭の虫退治をしました。

先週、2階のテラスに置いてある鉢植えのスイフヨウの葉っぱに、
蛾の幼虫らしきアオムシを何匹か見つけました。
そこで、以前、ヨトウムシの退治の仕方で試したことのある方法※で退治、
数匹を捕殺をしました。今年のスイフヨウは、春先にヨトウムシに
やられたためか、花をひとつも付けていなかったのですが、みると
蕾らしきものが数個ついていました。
虫たちさえいなくなれば咲いてくれるかな・・・。

さらに、庭に出てみると、南側のフェンスから隣地の屋根にまで大繁殖した
イポメアミルキーウエイの葉っぱが、何者かに食べられていていました。
黒いフンもいっぱい落ちています。よくみると、オレンジと黒の模様が入った
太っい幼虫
が何匹かいて、ムシャムシャとものすごい勢いでイポメアの葉っぱを食べているのでした。このままではイポメアが丸裸にされてしまいそうだったので、とりあえず1匹を捕獲して水をかけてみましたが、死にません。
手近なところに道具もなかったので、先週は、そのままにしてしまいました。
あとでネットで調べてみたところ、アゲハチョウの幼虫のようでしたので
「それならまあいいか」とそのままにしてしまいました。

そしたら今朝、スイフヨウの葉っぱに、大きな毛虫を何匹か見つけました。
前回退治しきれなかったアオムシたちが成長したものと思われます。
そこで、前回と同じやり方で、スイフヨウについた毛虫たちと、ついでにイポ
メアについた虫たちを捕殺をしてみたところ、効果はどちらもバッチリでした。
イポメアの方には、薄い緑の虫(アゲハチョウの幼虫)や、茶色っぽい虫(蛾の幼虫?)など、何種類かの虫を発見しましたが、前回見つけたような、オレンジ色と黒の虫は1匹も見当たりませんでした。すでにサナギになってしまったか、はたまた成虫として旅立っていったか、定かではありませんが、イポメアは4/5くらいの葉っぱが無惨にも食べ尽くされていました。

<ヨトウムシ、アオムシ、毛虫の捕殺>
やり方はいたって簡単。
プリンの空き容器などに、台所用の液体洗剤を水で薄めます。
あとは、要らない割り箸で幼虫たちをつまんではその中に落とすだけ。

すると、丸まったりしてもがいている幼虫たちも、しばらくすると
ピーンとまっすぐになり、動かなくなります(きゃー、残酷!)
でも潰して殺すと緑色の液体が出たりして気持ち悪いでしょ?
それよりは、見た目的にも衝撃が軽いし、
反撃されるリスクも少ないので気が楽ですよ・・・(^^;)。

割り箸で摘まんでも、虫が必死に茎にへばりついて、なかなか獲れないことがありますが、そういうときは、葉っぱ(茎)ごとハサミで切って、手元で剥がせば大丈夫。あるいは葉っぱごと洗剤の薄め液に浸してしまってもいいかと。

ケムシは素手で触るとたぶんかぶれたりするので、
念のために軍手やビニールの手袋などをはめておいた方が
いいかもしれませんね。
[PR]

by koiko_77 | 2005-10-15 12:51 | ♢旅行・美容・その他 | Comments(5)