<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

ハーブのアロマバスを楽しむ♪

今日は、お庭のハーブを使ってアロマバスを楽しみました。

使ったのは、ローズマリー、
イングリッシュラベンダー、
チェリーセージ、ブッシュセージの葉、
パイナップルセージの葉と花、それと、
冷蔵庫に遭った「柚(ゆず)」の実と皮。

ハーブの葉と花、柚の実と皮をミルサーにかけ、柚の水分でペースト状にします。(器具がなければ、包丁でみじん切りにしてもいいと思います。)


それを、ティーバックに入れます。(ろ紙でできたティーバックは、100枚入り100円くらい売っています)

あとはそれを、お風呂にいれるだけ。

セージやローズマリーの青々しい香りと、
柚のさわやかな香りがあいまって、とってもいい感じ。


安いアロマオイルは香りがいまひとつだし、100%ピュアなエッセンシャルオイルは、けっこう値段もはります。その点、こうして手作りすれば、気に入った香りを手軽に楽しむことが出来そう。

顔にぬればツルツルすべすべ、お肌にもよさそうです。ハーブをいれたティーバックは、一日経っても香りが残って、今日もバスルームがいい香りです。
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-30 21:36 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(2)  

バリのリゾートホテルをイメージした私の部屋

今までに、何度か雑誌などに掲載されたことのある我が家ですが、
私の部屋だけは、一度も写真が掲載されたことがありませんでした。
それは、私の部屋だけは、独身の賃貸生活のときから使っていた
安物の家具をそのまま使っていたせいかもしれず・・・。
そこで、昨年、その部屋の家具をバリ製の家具や雑貨に一新!
ほぼイメージ通りのアジアンな空間が完成しましたので、ここに公開致します。

ベッド
d0049381_21104029.jpgL字型をした部屋の奥には、ダブルベッド。IDCとフランスベッドのコラボで制作されたものだそうです。ベッドカバーは、プーケットで購入したタイシルク素材。像の模様です。

ベッドサイド(左)
向かって左側にはアメリカ軍が使っていた家具を中古で購入したナイトテーブル。液晶テレビと電話の子機を置いています。奥の照明はネットで購入したもの。手前のチェストは以前から使っていたものを自分でペイント。捨てるのも面倒なので置きっぱなしにしてあります(^^;)。上の絵画はアフリカ・ケニアで購入したものです。

ベッドサイド(右)d0049381_21122081.jpg
右側には、バリ製のチェスト。マホガニー材で出来ています。その上には、weddiing partyのときに使ったwelcomeボードやフォトフレーム、国内外で買い集めた雑貨をディズプレイ。壁の黒い棚もバリ製で、その上には自作の絵と、雑貨。壁にかけてあるクロスは、実は水着のパレオです。ほんとうはファブリックパネルを掛けたかったんだけど、なかなか気に入る色柄やサイズのものがみつからず、これを掛けているのです。

デスクスペース
d0049381_2111526.jpgバリ製のマホガニー材で出来たデスク。幅が1mくらいあって、けっこう広々と使えます。小さな引き出しが2つついていて便利。足が猫足になっているのがポイント。チェアは、ファブリック素材で、よくホテルのお部屋にある独り掛けソファに近いイメージのものを選びました。クッションカバーは、ベッドカバーと同様プーケットで購入しました。タイシルク素材で像の模様がお揃いです。

ドレッサーd0049381_2111275.jpg
ドレッサーもマホガニー材。バリ製のデスクとミラーを組み合わせました。ミラーはバリ雑貨のお店で購入。チェアは同じマホガニー材のものがまだ見つからず、とりあえずは手持ちのチェアをこれまた自分でペイントして使っています。

最後に照明ですが、ダクトレールにぶら下げて使うブランケットタイプの照明。雰囲気のある色合いの灯りと、ちょっとレトロなデザインが気に入っています。
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-30 20:42 | ◆家づくり | Comments(0)  

寒い夜バラのほっぺも赤くなり

d0049381_0431575.jpg先日買ってきて、
玄関の寄せ植えに加えたミニバラ。

←鮮やかなイエローだったのに、
 寒さのせいか、
 輝くような鮮やかさがなくなり、
 ピンク色のまだらが……。

↓パステルオレンジの方も、
 かすかに赤く色づいています。
d0049381_0433349.jpg

厳しい寒さにも負けず、
色の少ない冬のコンテナに、
彩りを添えてくれている花たち。

その健気な美しさに、
一人でも多くの人が、
立ち止まってくれるといいな。
[PR]

by KOIKO_77 | 2005-12-26 00:45 | 寄植え・ハンギング | Comments(0)  

★クリスマス★の寄せ植え

d0049381_0205669.jpg2005年のXmasが終わりましたね。
室内で鑑賞していたポインセチアを
寄せ植えにしてみました。
今年は、「エンジェル型」と
「星型」のオーナメントと、
ハート形の赤い電飾を付けました。
夜↓写真うつりは、いまいちかな?
d0049381_0333919.jpg
[PR]

by KOIKO_77 | 2005-12-25 22:44 | 寄植え・ハンギング | Comments(0)  

♪室内外で冬の寄せ植え&ハンギングを楽しむ

金曜日、パンジー5苗とミニバラを2苗、ポインセチアを2苗買ってきました。

d0049381_16233562.jpgd0049381_16235687.jpgd0049381_1624126.jpgd0049381_16243027.jpg
d0049381_16253388.jpgパンジーは、桃色系の斑入り種3つと、紅色のを2つ、ハンギングにしました。今はこんなだけど、来春、最盛期を迎える頃には、花がいっぱい咲いて、バスケットが見えないくらいになってくれるはず。斑入りのパンジーは、バスケット前面にもってくると立体感を出すことができます。
d0049381_1232614.jpg黄色いミニバラは、紫色のビオラとの寄せ植えに。黄色と紫という反対色の配色も、このくらい小さな寄せ植えなら悪くないかな、と。
パステルオレンジのミニバラは大きなコンテナに。
d0049381_16524233.jpg奥のインパチェスやセージが終わって、手前のパンジーがまだ咲いていないから少し地味だけど、春にはいっそう華やかになるでしょう。
d0049381_1265346.jpgポインセチアは、先日ダイソーで買ってきた100円のアジアンな鉢に植えて、玄関の棚に飾りました。本当は自分の寝室に置こうとおもってた鉢だったけど、クリスマスまでは一番目立つ場所においておこうかなと。アジアンな鉢に真っ赤なポインセチアっていうのも、モダンな感じで意外に似合います。
サントリナは、予定通りテラコッタの小さな鉢(これも100円)に斑入りのアイビーと一緒に植えました。
d0049381_16343019.jpg使った土は、これまたダイソーで買ってきた100円のハイドロボール。この土は、1粒1粒に、小さな気泡がたくさんあいているので、この気泡の調湿効果で、根腐れを防げるのです。潅水をする度に気泡が水を吸う音がシュワシュワって聞こえるんですよ。室内の鉢植えは底穴を塞いでしまったり、受け皿をおいて使うため、どうしても水はけが悪くなり、根腐れを起こしやすいんですよね。水やりは「こまめに少しずつ」はNG。「乾いたらたくさん」が原則です。常に湿ったままにしておくと、表面にカビが生えることがあります。そんなときは土をザルにあけて水洗いします。また、ハイドロボールのもう一つの利点は、水はねやよごれが少ないこと。虫もわきにくいし、誤って鉢を倒してしまっても、床も汚れず、普通の土より掃除が簡単です。
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-10 16:30 | 寄植え・ハンギング | Comments(3)  

サントリナについて

この間お花屋さんで何気なく購入した「サントリナ」についていろいろと調べてみました。

d0049381_1222837.jpg白い毛が密に生えて茎葉の形がラベンダーに似ているところから”コットンラベンダー”とも呼ばれて(でもキク科の植物)るんだとか。葉には防虫効果があるそうで、初夏から秋にかけて球形の黄色い花を咲かせるとのこと。ということは、やはり、ヘリクサムやシロタエギクに近いのかな。

たしかに、ラベンダーに似ているし、少し癖のある香りがあります。
寒さと過湿が苦手だけど、虫はつかないし、挿し木で増やすこともできるのだそう。お庭に植えれば、ラベンダーのように木化して、それなりに大きくもなるらしいです。

d0049381_12214946.jpgシルバーレースやダスティーミラー(シロタエギク)よりも、見た目がちょっとおしゃれだしクリスマスっぽい! しかもお値段が3株300円とお安かったので、思わず4株買ってきちゃったんですが、そういえば同じパターンでおととし買ってきたレースラベンダーは、コンテナではいまいち生育が悪く、ヘリクサムに駆逐されてしまったのよね。今回は、アメリカンブルーや、スイートアリッサムとの寄せ植えにするつもりなので、いい感じに引き立て役になってくれるといいのだけど。2株は小さなテラコッタに植えて、お部屋の中にも置くつもりなので、お部屋の防虫効果にも期待♪
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-06 12:36 | 寄植え・ハンギング | Comments(0)  

秋〜冬、コンテナのリフォーム

カラフルな花がお店から消えるこの季節は、コンテナで寄せ植えを楽しむガーデナーにとっては、ちょっと難しい季節ですね。

d0049381_132713.jpg秋の花の残骸をいつまでも寄せ植えにしておくのも厳しいなあと思いながら、
まだまだがんばって咲いている花たちや、蕾があがってきたりしてるのを見ると、
まだ抜いてしまうのも忍びないかな・・・とか、


d0049381_1325361.jpg早々とパンジーを買ってきて植え替えてしまうと、
花期が長いので飽きてしまいそうだな・・・とか、

かといって、それぞれの花が終わる度に、
何度も何度も植え替えをしたのでは、
花苗の根を傷めてしまいそうだな・・・とか。

この時期に出回る「葉牡丹」とか「シクラメン」や「プリムラ・ジュリアン」の類いが、あまり好きでない私は、毎年、葛藤を繰り返すのでした。

その結果、ハウス栽培と思われるビオラと、秋口に処分苗で買ってきたジニアリネアリスが同居するなんとも季節感の欠ける寄せ植え(左上)とか、ひょろひょろと徒長した枝の先に小さな花が咲いているインパチェスや、まだ花の咲いていないパンジーの寄せ植え(右上)などが、出来上がってしまうわけです・・。

お店などの店先に並ぶ寄せ植えコンテナは、プロの人たちが、しょっちゅう苗
の入れ替えをしているから、常に旬でキレイな状態が保たれているわけですが
その分、まだ咲いている苗などがひっこ抜かれて、もしかしたら捨てられちゃっ
たりしているんだろうなあ、と思うと、それはそれで可哀そうな気がしますね。

d0049381_12425192.jpgこんな感じのクリスマスっぽい寄せ植えを作ろうと、先週、真っ赤なガーデンシクラメンと、銀葉の美しいサントリナ、白花のスイートアリッサムの苗を買ってきました。
今週末には、寄せ植えのリフォームを実行に移し、旬のお花で玄関を飾りたいな、と考えています。


P.S.
そういえば、今年はお花屋さんの店先に、あまりいい花苗が並んでいない
気がするのですが、それって、私だけでしょうか?
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-06 01:52 | 寄植え・ハンギング | Comments(0)  

ゼラニウムのウインドウボックス

d0049381_1175986.jpgドイツやスイスにいったとき、よく見かけた
ウインドウボックスを思い浮かべながら、
我が家のウインドウボックス(DIY)にも、
先日購入したゼラニウムを並べてみました。
うーん、何か物足りない。
やっぱり木で出来たカラフルな窓とか、
壁とか、エクステリアが違うのかなあ。

春になったらロベリアとかを足してみようかな・・・。
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-06 01:19 | 寄植え・ハンギング | Comments(0)  

落ち葉焚き、やきいも、ソーセージ、チーズ・・

隣地の榎の木の落ち葉がこの1週間で3cmくらい積もっていました。
今年は夏に雨が多かったせいか、例年よりも葉っぱが多めに生い茂り、
その分、落ち葉の量も多いようです。
d0049381_043045.jpgまずは通路を掃いて、そのあと、玄関、そしてお庭とものすごい量の落ち葉が
収穫(?)できたので、今日はお昼から落ち葉焚き。
だけど「やきいも」をやるには、落ち葉だけでは心もとない!
そこで、近所でリフォームをやっているところにいって、大工のおじさんから
薪になるような半端の木材をいただいてきました。
いざ着火!クルクルッとまるまったおがくずが燃える燃える!ちょうどいい着火材になりました。

d0049381_04349100.jpgスーパーの夕市で1本100円で買ってきたさつまいもは、水で濡らした新聞紙で包んで、さらにそれをアルミホイルでくるみ、火の中へ。「ふかしいも」と違って、中は黄金色に輝き、甘みがましてしっとりとしていました!この出来映えには我ながら感動!

d0049381_0431841.jpgハーブソーセージとチョリソーは市販のものを、アルミホイルで包んでなるべく直火の当たらないところで焼いてみました。すると、中はジューシーで外はパリパリ。ほどよく焦げ目もついて美味しかったです。
チーズは溶けてしまいそうだったので、気持ちだけ火にあぶって食べました(笑)

d0049381_044145.jpgやかんをかければ、お湯だってすぐに湧いちゃいます。
この日はココアを入れて飲みました。
薪で炊いたお湯で入れ、外で飲むココアは
なんだかとっても美味しかったです。

 でも、おかげでやかんは
 真っ黒にすすけてしまいましたけど・・・。

リフォームで出た廃材たちも、よく乾いているので火がつきやすく
しかも、手でくべるのにちょうどいいサイズのものばかり。
本来なら捨てるものなんだろうけど、こうしてチムニーにくべて
薪にすれば、暖にもなるし、これも一つのエコ?なんちゃって。

枯れ葉を降らしている大きな榎の木は、2階のリビングの正面にあるので、
風が吹くたびに黄色い葉っぱがいっせいに舞い散るのを、
お部屋の中から眺めることができます。
寒い冬へと近づいていく秋はあまり好きではない私だけど、
そんな景色を見ていると、ロマンチックな気分にもなり、楽しくなります。
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-04 00:26 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(3)  

冬の庭、ウインターガーデンも楽しもう♪

我が家では、寒い冬もお庭を楽しむべく、
メキシコ製の野外用薪ストーブ「バーベキューチムニー」を購入しました!
しかも購入したのは、幅は43cm、高さ80cmもある、Lサイズ。
お値段は送料と税金込みでちょうど1万円くらいでした。

d0049381_2020422.jpgその、なんともいえない
異国情緒の漂う姿は、まさにオブジェ!
だから火を焚いていないときでも、
お庭をおしゃれに演出してくれるのです。

しかも!

d0049381_2021471.jpg煙突部分をはずせば、火鉢のような
バーベキューコンロに早代わり。

薪をくべる部分に、サツマイモを
ぬらした新聞紙に包んでくべれば、
「やきいも」だってできちゃうし、
はたまたえんとつを被せれば、
魚介やチーズで燻製(スモーク)もできちゃう、・・・という優れもの。

人間、火を見ているとなんでこう引き込まれるんですかねえ。
癒されるんですよねえ。まるで古代人になった気分です(笑)。

d0049381_20314229.jpgこの間は、家にあった入らない木や、
ダンボールやら、炭やらをくべたのですが、
オークションでは、ちゃんとした「薪」も
けっこうお手ごろな値段で売っているようです。

煙が出るので、ご近所迷惑にならないように気をつける必要があるけれど、
へたなオブジェ(スタチューやテラコッタなど)を買うよりも安いし、
お庭をおしゃれに演出したい方には、ぜひお勧めです。

みなさんのお庭でも、いかがですか?
[PR]

by koiko_77 | 2005-12-02 20:20 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(4)