<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

今年最後の庭仕事は「落ち葉」掃除

リガーデン後に植えた植物が少し成長し落ち着いてきました。すっきりして、とってもいい感じ。
先週までは、落ち葉が降り積もっていたのです。
d0049381_02065655.jpg
d0049381_02063185.jpg
d0049381_02055316.jpgd0049381_02060722.jpg薔薇の誘引も、落ち葉掃除も、やっと終わったのですが、
無理な体勢でやっていたせいで、股関節の付け根を傷めてしまいました。かなりやばいです。

葉牡丹のハンギングも、パンジーとビオラが咲き始め、
オキザリスも加わって、華やかにまとまってきました。
春が待ち遠しいです。

[PR]

by koiko_77 | 2013-12-31 02:16 | その他のガーデン | Comments(0)  

キョウリュウジャー♪夢のクリスマスコンサートinシアタージーロッソ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2013-12-31 02:02 | ◆子育て&マタニティ  

今週の庭仕事・・・植栽の配置換え

今週は、新しく買ったバラ3株と、ヒューケラ、キンギョソウ各10Pを植え付けるついでに、
既存の植物の配置換えをしました。
どれもまだ休眠期じゃないから、うまく根付いてくれるか、ちょっと心配。
d0049381_22052125.jpg
d0049381_22084157.jpgバラ(プチトリアノン)
数年前にまとめ買いしたフランスのバラ4株のうちの唯一の生き残り。剪定を誤ったのか、元々生育が旺盛なせいか、メインガーデンのど真ん中で直立し1m超になっていた。おかげで他の花たちがぜんぜん見えない。そこで、一番奥の方(午前中は少し陽当たりが悪い)に移植。一季咲きだし丈夫そうなので大丈夫だろうと10月中に決行。
結果、ひと月たった今も変わらず元気そう。
花つきがよくて大好きなバラなのでまた問題なく咲いてほしいです。

コデマリ
枕木階段の角。一番陽当たりのいい場所に植えてあり、
大きくなり過ぎて邪魔になっていたので、思い切って
半日陰に移植。高さが1.5mくらいになっているので、
半日陰でもある程度は陽が当たるし、大丈夫だと思う
んだけど…。来年の春には、白い花が日陰を明るく
してくれるといいな。

d0049381_21541050.jpg
バラ(羽衣?エデンローズ?)
もともとは、正面のアーチに誘引すべく植えておいた
だけど、対のシュパリスホープが順調に成長する一方で、
年々小さくなって行ってました。隣地のシュロの木が
巨大化したため日陰になってしまい、野生のアイビー
栄養も奪われ、生育が悪くなっていたのだと思われます。
そこで、今回移植したコデマリと場所を交換しました。
掘り返してみると、新しい根がもう全然育ってなくて、
古い根っこだけの小さな固まりみたいになっていました。
でも葉や芽は元気に出ているので、新しい場所で、
無事復活してくれることに期待します。

d0049381_21534224.jpg紅白のシャクヤク
ショッキングピンクのシャクヤクと真っ白いシャクヤク。買ったときについていた写真入りの札とは違ってどちらも一重なのは、もともとそういう種類だったからなのか、育て方が悪いからなのか。それでも4−5年前から、お庭の真ん中で、毎年咲いてくれていました。
リガーデンが始まる前に移植したのですが、何せ今の時期は地上部=葉っぱがないので、その後いろいろと花壇をいじるたびに、誤って掘り返してしまったり、新しい芽をぽきっとやってしまったり…。そこで、場所を忘れないように、小さいテラコッタ鉢を被せておきました。鉢底には1cmくらいの穴もあいているし、今は陽が当たらなくても、芽(葉)が地上に出ていないうちは大丈夫かな、と。

d0049381_21542182.jpgバラ(うらら)
2年くらい前に、枝を誤って根元からぽきっと折って
しまったせいか横張り性のサティーナに押されて、
小さくなっていたので、これを、メインガーデンの
ど真ん中、より広々とした場所に移植しました。
もともと生長の遅い(シュートがほとんど出ない)
バラのようなのですが、最も好きなバラのひとつ
なので、新しい場所での復活に期待してます。

赤いシャクヤク
玄関前のテラコッタ鉢に植えてあったのだけど、根詰まり
で元気がなく、花も咲かなくなっていたので、思い切って
地植えに。移植を嫌う植物なので、鉢をひっくり返して、
いっしょに植えてあったチェリーセージごと抜き取り、
丁寧に絡まっているほどいてみました。意外と新しい
芽も数個ついていて、メインガーデンの中央(陽当たりと
水はけのいい場所)に植えました。植えようとしたら、
サティーナの根っこが出て来て、びっくり。
枝以上に、地下では根っこを横張りさせていたようです。


d0049381_21535424.jpgチェリーセージ
挿し木で増やした2株を枕木階段の脇に移植。
丈夫な植物だから大丈夫でしょう。

小さめの斑入りホスタ(ギボウシ)3株
昨年、3号ポットで入手したホスタは、鉢にあげておいたものを、今日、枕木階段の脇に植え戻しました。
一つはつい最近まで葉っぱも緑だったけど、今日はもう黄色くなってました。他の2つも、土の中で生きていてくれたようで、数個ずつ芽を出していて、白い根っこもしっかり生きていました。





[PR]

by koiko_77 | 2013-12-01 22:17 | その他のガーデン | Comments(0)