<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

懲りずに種を購入

週末、バラを植え付けたついでに、東側の花壇を整備したので、
多年草の花のたね(1袋50円)を10種類、購入してみました。

といっても、ズボラな私は、トレーに撒いたり、間引きしたり、
移植したり、そういうのは面倒なので、直にばらまく予定。数打ちゃ当たるかな?と。(笑)
d0049381_19583691.jpgd0049381_19583183.jpgd0049381_19581465.jpg
■産毛が特徴のラムズイヤー ■咲けば豪華なバーバスカム ■夏に咲く?ルドベキア マーマレード
d0049381_19574129.jpgd0049381_19573825.jpgd0049381_1958639.jpg
■百日草バイオレット ■ボーダーの前方にブルーサルビア ■種まき初挑戦のダリア(セミダブル)
d0049381_19572753.jpgd0049381_1957305.jpgd0049381_19572168.jpgd0049381_1956556.jpg

■ルリタマアザミ ■クリーピングタイム ■アルテアロゼア(ホリホック) ■ジギタリス

多年草は夏越しさせて、来年開花のものもあるから、ハードル高いなあ……。
ま、ダメ元なんで、何が咲くかはお楽しみ〜ってことで。

そういえば、種から育ててまともに育ったのって、
数えるくらいしかないわ〜(かすみ草、キンレンカ、ポピー、カモミール、ホリホック、朝顔……)
↑全然、懲りてなーい!(^_^;)

そんな私でも、葉ものの野菜(ベビーリーフ、ルッコラ、水菜、バジルなど)、とラディッシュは、
失敗がありません。面倒くさがり屋さんには↑おすすめですよ〜(^^)。

購入した種の内訳と育て方
[PR]

by koiko_77 | 2014-03-24 20:42 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

5連休・・

3連休前に風邪を引いて会社を休んだので5連休になってしまいました。
喉から始まって、鼻・くしゃみ……花粉症だと思っていたけど、悪寒が始まり、
「風邪か?」と思ったらやっぱり熱が少し出て、夜中、眠れないくらい汗をかいてるのに、寒気が泊まらず、
体中の節々が痛くなり、薬のせいなのか、頭が朦朧として……花粉症やいつもの頭痛が重なったのか、
もう何がなんだか。
しかも、なかなか回復せず、せっかくのいいお天気なのに、どこにも出かけられませんでした。とほほ。


d0049381_001974.jpgようやく普通になってきた今日(日曜日)、
注文していた肥料(お馬の完熟堆肥と骨粉肥料)が届いたので、
どうにかこうにか、バラの苗4つを植え付けました。
通常、バラには牛フンを使いますが、今回は、お試しに
←こちらの「お馬の発酵堆肥」を使ってみました。
これは、馬ふんと杉のウッドシェープ(かんなくず)を
高度熟成させた完熟堆肥だそうで、
牛に比べ、馬(サラブレット)の方が咀嚼が粗いため、
有機質を多く含み土中で速やかに分解されるのだそうです。

1)タワーブリッジは、東側のお庭の入口に当たる場所へ。
2)ガーランド・ダムールは、刺が鋭いので、迷いましたが、結局、
  メインのウォールガーデン(ピンクのバラの引き立て役)に。
3)ER ザ・ピルグリムは、いろいろ迷ったっ末に、結局、
 メインボーダーの、一番日当りのいい場所に植えました。

4)マダムアルフレッドキャリエールは、エントランスに。
 かつて観葉植物を植えて室内に置いてあったイタリア製のテラコッタ(40リットル)を、
 えっちらおっちらと、病み上がりのカラダにむち打って、エントランスまで運んでいき、
 今回購入したお馬の堆肥と骨粉、油かす、お庭の土を混ぜて植え付けました。

ちょっと前に移植した「うらら」が嘘のように復活してくれたので、
下記の2つの弱った株もダメ元で植え替えをしてみました。
5)ピエールドロンサールの移植→メインのピンクローズガーデンへ。
 弱っていたので堀り上げてみたら、シダ植物の固い根っこに侵略されてました。
6)エデンローズの移植→正面アーチの根元へ
 肥料切れで昨年から花をつけなくなってしまったので、枯れたのかと思っていたら、
 新しい葉っぱがいっぱい芽吹いて来たので、少しだけ条件のいい場所に植え替え。

「バラは地植えでも3年ごとに植え替える方がいい」と、
今日届いたデヴィッド・オースチンのバラのカタログにも書いてあったしね。

その他、約30種類あるバラたちと、その他の植物にも、
馬フン堆肥・骨粉などを土に混ぜ込み、与えました。

水まきなどは、ハレ君も手伝ってくれました。シャワー、ジェット、キリ、ヨコカクサンと
切り替えられる散水用ホースの、おもちゃの銃を撃つような感覚が気に入ったようです。
水しぶきに陽射しが反射して、虹ができることを知り、目を輝かせていました。
最後に、ハレ君と一緒に、ラディッシュとベビーリーフの種を、テラスのコンテナに撒きました。
今年もたくさん収穫できるといいね!


[PR]

by koiko_77 | 2014-03-24 00:10 | その他のガーデン | Comments(0)  

DIYでフェンスを設置しました

d0049381_1214686.jpgネットでセミオーダーのフェンスを購入したので、
この土日に、自分で塗装し設置しました。

・フェンス 高さ109cm 巾140cm 
 材料:国産杉 6,615 円×6枚=39,690円
・アイリスオーヤマのラティス用固定金具
 880円×5セット=4,400円 合計:44,090円!

                 1枚は玄関アプローチに。→
5枚は南側全長7mのコンクリートフェンスに。↓
d0049381_1191838.jpg
<土曜日>
あらかじめ、保護用の塗料がちゃんと塗ってあったのだけど、前に
買っておいた塗料があまっていたので、耐久性をアップさせるべく、
設置前に自分で上塗りしました。色は、フレンチカントリー風の
アイボリーホワイトとか、ブルーグレーとかモスグリーンとか、
ちょっと冒険したい気もしたけれど、統一感がなくなると、断念。

ついでに、デッキの傷んだ部分や変色していた部分などにも塗り、
さらには、玄関のドアまで塗っちゃいました。d0049381_1165861.jpg
近所のステーキ屋さんでランチした後、午後2時から7時まで、
約5時間もかけて、手で(刷毛で)塗ったので、右手が腱鞘炎に!d0049381_1102089.jpg

<日曜日>
半乾きのフェンスに固定金具をネジ10本で取り付け。
同じ高さになるようにメジャーで慎重に計って……
ネジは手で(ドライバーで)締めたのですが、固くてやや苦戦。
塀の長さ(幅)が7mで、140cm幅×5枚だから、ぴったり・・
のはずなんだけど、妙な凸凹などがあって、調整に苦戦。
古いラティスフェンスを取り除き、5枚を設置。絡み付いていた冬咲きクレマチス(シルホサ)を除去。
ツルが太いので、ラティスを解体して、こんがらがったツルをほどき、新設したフェンスに誘因。
180cmのフェンスに絡んでたものを109cmのフェンスに誘引したので、なんか不自然で、雑然とした感じ。
思い切って剪定する手もあるのだろうけど、臆病な私は、そのまま誘引しました。

d0049381_1205237.jpgさらに、大雪以来掃除していなかったお庭を大掃除。
ブロワー&バキュームで枯れ葉を集め、さらには手でも拾い
舞い上がる土ぼこりで、体中泥だらけになってしまいました。
前日の塗料が乾いてなかったため、作業服が黄土色に!!
マスクはしていたけど、時々小さい粒が目を襲いました。
最後にホースのジェット噴射で、タイルも芝も綺麗にお掃除!
埃っぽくなった空気中にも、水をまいて・・・終了!!
途中はれくんがお手伝いをしてくれて、意外と戦力になってくれました(幼児とハサミは使いよう)。夜ごはんもパパがつくってくれたので、6時までになんとか完了!

d0049381_1584030.jpg
かかった経費は、合計:44,090円!(塗装費用除く)

以前、西側のお庭(お風呂側の坪庭)のフェンスを、
造園屋さんに頼んで施行してもらった時は、
フルオーダーで、20万円ほどかかったので
(高さ180cm×4mで、材料はイペ、支柱有とはいえ)、
高さ109cm×全長7mで、このお値段は、お得だと思います。
塗装は、ちょっと楽しかったしね~。

来週(3連休だ~)はバラが届くので、その植え付けと施肥。
それと、今回出たラティス廃材を使って、
ツルばら用のフェンスを作ろうと企んでいます。

春らしい機構になってきたことだし、再び、DIYに目覚めそう。

(日が暮れて写真を撮れなかったので、後日撮ってUPしますね)

More
[PR]

by koiko_77 | 2014-03-17 02:21 | その他のガーデン | Comments(0)  

久々に、バラの長尺苗を購入しました

d0049381_23515164.jpg久々に、バラの長尺苗を購入。
この春の『即戦力』になるバラが欲しくて、ちょっと前からいろいろなバラを検討していたのですが、結局、今回も薔薇三昧さんにて購入させていただきました。

本命は詳細不明なのに有名なバラ『タワーブリッジ』で
あとのは「ついで買い」。
あともう一つ、赤いバラを落札するつもりだったのが、
他の競りに夢中で入札しそびれてしまった(><)。
お願いしたら、なんとか追加購入させてもらえるかな?
とご連絡してみたら、なんと!
おまけで頂いちゃいました! めちゃ、うれしぃ~!!
d0049381_0212231.jpg『マダム・アルフレッド・キャリエール』
ノアゼット系 つるバラ 樹高2.5~3m
返り咲き 1879年 フランスシュワルツ

高さ120cmの挿木2年生苗を購入。
昨年春にも購入した品種ですが、お買い得だったので、
思わず「ついで買い」してしまいました。
生育が早く、すでに高さ160cm×巾120cmの
アイアンフェンス2枚を覆う勢いで育ってます。
とても香りがよくて、お庭に出るのが楽しみになるバラ。
日陰に強く、どこに植えてもいいのだけど、逆に悩む〜。
d0049381_23543689.jpg『タワーブリッジ Tower Bridge』
ERのメイヤー・オブ・キャスターブリッジに極似した謎のバラ。シュラブ 四季咲き 薄ピンク 多花性
高さ120cmの3年苗を購入。
またしても「ピンク」のバラを買ってしまった!
過去の失敗を考えると「地植え」の方が無難なのだろうけど、できれば「鉢植え」にして、新しくなった門の前を飾ってみたい! ……と、画像検索で、鉢植えでも素晴らしい花をたくさん咲かせている画像を見つけました。いったいどうしたら、こんな風に咲かせられるのだろう。
d0049381_0542245.jpg『ガーランド・ダムール Guirlande d'amour』
130cmの挿木2年苗を購入。
刺が少なく、純白のひな菊のようなバラ。
こんな風に他のバラの引き立て役にするのもアリかも。→

別名:ギルランド・ダムール
ヒマラヤンムスク つるバラ 樹高2m
淡いピンクの蕾が純白の花に 房咲き 多花性 
3〜4cm 15枚前後のセミダブルの花弁
返り咲き ムスク香 1993年 ベルギー/Lens
1996年デンハーグ金賞 1994年マドリード金賞


d0049381_1291458.jpg『ポールズスカーレットクライマー』
ラージ・フラワード・クライマー 樹高2.5m 一季咲き
房状に咲く艶やかな赤バラ。中輪 半八重咲き
耐寒性・耐病性あり強健 半日陰OK 1918年 イギリス
RNRS(英国バラ会賞)金賞、バガテル国際コンクール金賞


もし今回入手できた場合はなんと
我が家初の『赤いバラ』となります!
Paul's Scarlet Climberって、そのまんまな名前ですね。
花の形は、大好きな「うらら」に似ていて、
花付きもよく、強靭、日陰でもOKだなんて、
これはまさに探し求めていたバラかも知れません!

<追記>
ポールズスカーレットクライマーをおまけしていただいた上に、もう一つ
こんな素敵なイングリッシュローズをおまけにつけてくださいました。「薔薇三昧」さん、最高!
d0049381_20341311.jpg

『ERザ・ピルグリム The Pilgrim Climbing(Auswalker)
シュラブ・つる性 四季咲き 清楚な黄色 ロゼット咲き
ティー系とミルラの香り 1987年 イギリス
完璧に整った花姿、花びらは外に向かうほど淡い色に。


さて、どっこにうえようかなー?

More
[PR]

by koiko_77 | 2014-03-17 00:59 | ローズガーデン | Comments(0)