<   2015年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

JDSガーデニングコンテスト2015「東京新聞賞」を受賞しました。

JDSガーデニングコンテスト2015の審査結果が発表になり、
今年は「東京新聞賞」を受賞いたしました!
d0049381_21113625.jpg

昨年は9月初旬、タイ旅行中に電話で受賞のお知らせをいただいておりましたが、
今年は電話がなかったので、受賞は逃したものと思っていましたが、
たった今、JGSのHPで受賞作品を見ていて、思いがけず自分の受賞を知りました!

「東京新聞賞」というだけあって、東京在住の応募者が選ばれることが多い賞なので、アドバンテージはあったものの、今年は東京からの応募者が他に14名もいらしたようですし、ゴールドメダル始め、ツワモノ(コンテストの常連さん)揃いで、受賞作はどれも素敵なので、そんな中で、この「東京新聞賞」という名誉ある賞をいただけたことは、大変光栄なことで、とても励みになります。

いつも応援してくださっている方々のおかげです。ありがとうございました。
取り急ぎ、お知らせまで!!
d0049381_2116188.jpg


More
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-29 21:16 | コンテスト | Comments(0)  

バースデープレゼント

昨日、みなさんからいただいたプレゼントの一部をお披露目。
d0049381_19292032.jpg
レゴでできたイタリアンなスポーツカーは、いろいろな形に変形できて、すごくはれくん好みだし、
妖怪メダルも、マスターニャーダやガッツKなど、レアが続出したのだとか(笑)
d0049381_19342723.jpgd0049381_19341391.jpgd0049381_19335821.jpg女の子たちの書いてくれた手作りのメッセージカードや、アイシングクッキーが可愛いこと。
はれくんはほんとに幸せ者です。
他にも、妖怪ウォッチ系の食玩とか、いろいろいただきました。また、差し入れのスイーツや
フルーツ、アイスクリームなどなど、大変ごちそうさまでした(写真を撮りそびれたのが残念)
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-14 19:43 | ◆子育て&マタニティ | Comments(0)  

お友達を招いてのお誕生日BBQパーティ♫

そして今日は、新旧のお友達を招いてのお誕生日BBQパーティ。
d0049381_1312461.jpg

d0049381_161920.jpg男女あわせて8組18名のママ子たちが参加してくれ、
お天気は、湿度が高く、にわか雨も降りましたが、
暑すぎず寒すぎずの曇り時々晴れで、
ちょうどよいBBQ日和となりました。
d0049381_163986.jpg前の日から下ごしらえして、朝つくった副菜や、お持ちよりいただいたおつまみなど。
d0049381_171169.jpgカップサラダ、セロリとツナのピンチョス、生ハムとカマンベールのピンチョス、ポテサラ、ナポリ風ピッツア、枝豆入り五目ずし等(わたし的には、ちょっとマンネリ=手抜き感がいなめないが、今日が初めてという方も多かったので、まあいいか・・・笑)
d0049381_173069.jpgお肉も魚介もたーくさん。
BBQより遊びに夢中の子供たちには、イカゲソやエビが人気。ママたちには、いつもの「和牛ヒレステーキ」や「瀬戸内産十六穀豚の生ウインナー」が美味しくて、好評でした。

続きを見る
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-14 01:22 | ◇おもてなし・パーティ | Comments(0)  

お誕生日パーティ(家族編)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2015-09-14 00:36 | ◆子育て&マタニティ  

コメリ コンテスト 2015 投票をおねがいします

056.gifガーデニングコンテスト。いよいよ投票が始まりました。001.gif
皆様の「一言を投稿」ください。よろしくおねがいしまーす。

d0049381_4414745.jpg
d0049381_4431374.jpgd0049381_4424923.jpg

コメントを投稿する>>

コンテストの概要はこちら>>

More
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-05 04:46 | コンテスト | Comments(0)  

アラスカクルーズ 5日目 グレーシャーベイ

8月にいったクルーズ日記、4日目で中断していたので、いまさらですが更新です。
d0049381_23331410.jpg5日目は、朝、グレーシャーベイに到着。
氷河が音を立てて崩れ、海に落ちる瞬間を観る、
クルーズのクライマックスです。
d0049381_23525194.jpg甲板の上には、防寒具に身を包んだ人たちがたくさん。d0049381_23355488.jpg前半は、甲板の一番前に陣取って、体格のいいアメリカン人たちにもみくちゃにされながら、その瞬間を見学していましたが、
d0049381_23221388.jpg途中、船が向きを変えたので、自室に戻り、
d0049381_23361897.jpgミモザ片手に、プライベートバルコニーからの
優雅な氷河見物。

すると、目の前で一番おおきな「氷河崩れ」が起き、
この部屋にしてよかったと思った瞬間でした。
d0049381_2325066.jpg
d0049381_23333371.jpg
d0049381_23223986.jpgd0049381_232303.jpgd0049381_23435595.jpg夜はカニ料理店へ。
比較的空いているなと思ったら、テーブルチャージひとり20ドルでした。
その割には、普段着で入れるファミレスのような雰囲気のお店なので、サバティーニやステーキハウスのようなお得感はありません。それでも、家族連れやふとっちょなアメリカ人でそこそこ混んではいましたね(笑)。

もう一生、カニはたべたくないと思うほど、たくさんのカニをほじほじして食べました。


クルーズ旅行の思い出投稿キャンペーン
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-04 23:16 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

アラスカクルーズ 4日目 スキャグウェイ

d0049381_1104231.jpg4日目は、スキャグウェイに到着。ホワイトパス鉄道にのるエクスカーションに申し込んでありました。人気のツアーで、1日に4回あるうち、私たちは、一番早い時間のツアーにしたので、サバティーニでの朝食はスキップ。
チケットには、8時に港に集合となっていたので、どうやって駅まで行くのかと思ったら、なんと、港の船着場がプラットフォームになっていて、船の正面に電車が止まっているではありませんか!
d0049381_114690.jpg列に並んでいる隙に、ちゃっかり車掌さんと記念撮影。
d0049381_0592638.jpg
d0049381_0495752.jpg「世界の車窓から」……的な?

なかなかスリリングな道のり。
d0049381_1232331.jpgこの景色の壮大さは、素人の写真では伝えられそうにありません。
d0049381_1304352.jpgこちらは、ゴールドラッシュ時代に使われていた鉄橋……ならぬ木橋。荷物運搬用の動物たちの多くが命を落とし、死の道と呼ばれたそうです。
d0049381_0511199.jpg戻ってきて、港周辺の街を散策。
d0049381_1422262.jpg後方に小さく見えているのがクラウンプリンセス号です。
d0049381_1424267.jpgゴールドラッシュ時代の街並みを再現した、かわいらしい建物が並び、走る車までがクラシック。
まるでハリウッドの映画セットの中にいるようです。
d0049381_1372393.jpg
我らが晴れ男二人のおかげで、アラスカでは珍しい快晴。素晴らしくいいお天気に恵まれました。
d0049381_0503424.jpgd0049381_0501649.jpg実に絵になる風景です。
d0049381_1345080.jpgクラウンプリンセス号をバックにパチリ。
d0049381_1342650.jpg青く晴れた空が、海を青く透き通らせ、日差しが水面に映えてキラキラと輝く……まさに、晴映くんの名前のイメージを再現したような風景です。
d0049381_2235561.jpgこの日は朝食抜きだったので、3時半から、ダビンチダイニングで、アフタヌーンティをしました。紅茶と、パティスリー、ベーカーリー、スコーンなどがいただけます。
なんとも優雅なひと時でした。
d0049381_1361329.jpg
d0049381_2214036.jpg船に戻ってデッキでパチリ。

早起きした分、1日が長く感じられます。
しかも、日没はまだまだ先。
d0049381_2314558.jpgこの日は、夏らしい日差しが暖かく、絶好の日光浴日和。
夕方は、船の後方のジャグジー&プールで遊びました。
アジア系アメリカ人のやかましい子供達がいなくて、けっこう穴場だと思っていたら、途中、全身に刺青・鼻ピアスの女子と、声の大きないかにもカルフォリニア人って感じのアメリカンレディ、映画で大きなトレーラーとかを運転してそうな長髪の白人といった家族連れが、「ご一緒していい?」の一言もなく、家族水いらずのジャグジーに乱入してきて、禁煙のプールでタバコは吸うわ、酒は飲むわで、めっちゃ怖がるはれくん。(なんだか、他の乗客と比べても、かなり品がない人たちね)と思ってそれとなく聞いてみたら、中小企業の社長さんで、妻と娘と孫を引き連れて旅行しているという。しかも、一番低層階の窓のない部屋3つに、9人だって! その後も、エレベーターやツアーなどで彼らを見かけるたびに、はれくんは、「邪悪な奴らきたー! 逃げろ〜」と、むっちゃ敬遠していました。こういう輩が寝タバコでもして、火事を起こしたりするんだろうなあ。くわばらくわばら。


気を取り直して、夜は、エニタイムシーティング(予約なしで好きな時にいけばいい)のメインダイニング「ミケランジェロ」にて、イタリアンのフルコースディナーをいただきました。こういう場所にはああいう「邪悪な」人たちはこないので、一安心(^^;)
この日は、クリームパスタがおいしくて、はれくんと取り合ってたら、もう一皿持ってきてくれたり、言われなくても日本語のメニューを持ってきてくれたり、若いのに気の利くウエイターさんに当たり、終始快適でした。
しかし! ……デジカメの充電忘れだったかな? ディナーの写真が一枚もありませんでした! (><)


クルーズ旅行の思い出投稿キャンペーン
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-04 04:00 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

アラスカクルーズ 3日目 ジュノー

クルーズ3日目は、ジュノーに到着。
朝、起きてみたら、すでに内側航海(インサイドパッセージ)に入っていて、揺れはすっかりおさまっていました。
d0049381_1442840.jpg

d0049381_1425515.jpg朝食はサバティーニで。こちらもスイート特典でして、毎朝7:30〜10:30の間なら予約なしでいつでも、アラカルトの朝食メニュー(シャンパン、ミモザ、またはオレンジジュース付き)がいただけます。

内容は、フレッシュフルーツやヨーグルト、焼きたてのミニベーカリーやシリアル、料理方法の選べる卵料理(エッグベネディクト、オムレツ、ポーチドエッグなど)、
←形も可愛いワッフルや、昔、どこかの高級ホテルのシェフが考案したという、さっくさくのフレンチトースト
d0049381_1414297.jpgパンの周りにコーンフレークの衣をつけて揚げてあるようで、まるでコロッケのような食感。私はこれがすっかり気に入ってしまい、ほぼ毎日、朝食またはランチに、これを注文していました。
日本に上陸したら、行列ができること間違いなしです。
d0049381_14191357.jpgサバティーニ前のデッキには、喫煙所があるので、いつも朝から人がいました。吹き抜けのプールがあり、眺めもいいのですが、実は、この後、ここで二人とはぐれてしまいました。船内は、まるで一つの町のように広いので、はぐれた時の連絡方法や待ち合わせ場所はあらかじめ決めておく必要があります。
d0049381_0134519.jpgジュノーでは「メンデンホール氷河とホエールウォッチングツアー」というエクスカーションに、あらかじめ日本で申し込んでいたので、チケットに書かれた集合時間に集合場所へ行くと、バスに案内してくれます。ただし、人が多いせいか、時間を守らない人が多いのか、集合時間がかなり早めに設定されていて、バスに乗って出発するまで、けっこう待たされました。d0049381_055197.jpgまずは小さい船に乗るべく、別のヨットハーバーへとバスで移動します。10分くらいは走ったでしょうか。途中、車窓には、雪をかぶった高い山々が見えたりしました。

港で2階建の船(全長2−30m)に乗り換えて、海へ。
鯨との遭遇率は100%だと聞いていたので、期待はしてましたが、ちゃんと期待に応えてくれました。
d0049381_14274185.jpgd0049381_0313226.jpg私たちの船よりも小さな船で来ている人たちは、鯨のすぐそばまで近づいてましたが、私たちはデッキから望遠で撮って、こんな感じです。
d0049381_8224112.jpg途中、トドの群れが生息する島にも立ち寄ってくれます。
d0049381_834361.jpg続いてメンデンホール氷河へ。
各自、勝手に30分ほど散策して、バスに戻ります。
ロータリーには同じようなバスが何台も待ってい
るので、自分のバスの番号を覚えておく必要があります。d0049381_833442.jpgd0049381_8244478.jpgd0049381_8264125.jpg港のお土産やさんの前に大きな熊が。
手が椅子になっていて、写真撮影ようですね。

お土産やさんはどこも同じような品揃え。
よく見ると、メイドインチャイナだったりします(笑)
物価は、少しですが、ケチカンが一番安かったような。

ジュノーでは、こんな帽子を買いました。 → → →


くじらをもっと見る
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-04 03:35 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

アラスカクルーズ 船長さんのウェルカムパーティー

船内の写真屋さんで購入した写真です。
d0049381_21494623.jpg
フレームに入れた物をデジカメで撮ったので、反射してるし画像が荒いですが、アングルはバッチリです。

クルーズの思い出 投稿キャンペーン
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-04 02:51 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

アラスカクルーズ 2日目 船酔いとウェルカムパーティー

d0049381_131249100.jpgこの日は終日航海の日。
海が荒れていたため、かなり揺れ、私たち3人は
時差ぼけのせいもあり、体調不良に。
医務室で薬をもらってきて(有料19ドル)、
結局、夕方までずっと、部屋で寝て過ごしました。

それでも、なんとか船の旅をエンジョイしようと、
起き出して、ビンゴ大会の会場にいってみたものの、
このとおりグロッキー状態で、ビンゴも、無料で
もらったカード3枚の私たちは、カードを何セットも
買って参加しているアメリカ人たちにはかなわず、
盛り上がることはできませんでした。
d0049381_131759.jpgディナーは、アーリーシーティングにしていたので、
17:15にダヴィンチレストランで。フォーマルデー
だったので、無理やりはれくんにもスーツを着せて。
d0049381_1245317.jpg50周年の特別メニューと通常のメニューからアラカルトで選べるのですが、正直、何を食べたかあまり思い出せません。ミディアムで注文したお肉がけっこうしっかり焼かれちゃってたことと、途中で出されたお口直しのシャーベットがカシス味で美味しかっただけは覚えています。
d0049381_136052.jpgはれくんが注文したアイスクリームのサンデー。
ものすごいボリュームに、甘い物好きのはれくんも圧倒され、ほとんど口をつけませんでした。
d0049381_1365245.jpg私が注文したのは、50周年の特別メニュー「チョコレートジャーニー」から、木苺とチョコレートのムース。
見た目もかわいいし美味しいのだけど、お食事の量が多かったので、完食するのがしんどかったです。

夜は、船長さんのウェルカムパーティ。
吹き抜けのエクプローラーラウンジに、タキシードやイヴニングドレスで正装した乗客たちが集い、シャンパンタワーのセレモニーがありました。

シャンパンやカクテルが無料でふるまわれるので、お酒好きにはたまらないのでしょうが、
d0049381_1352597.jpg
まだ船酔いもあったし、シャンパンを飲めない私たちは、正直、あまり楽しめませんでしたね〜(TT)。

[PR]

by koiko_77 | 2015-09-04 01:43 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)