<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

ポット苗の植え付け。ネモフィラとルピナス。

d0049381_21244234.jpg
今日は、久々のガーデニング日和。

今朝はやくに届いたのは、ヤフオクで買った、
ルピナスMIX12ポット、ネモフィラ2種×各6ポット。
続いて、イチゴの苗24ポットも、今日届きました。
d0049381_2175815.jpg
まずはイチゴの土作り。イチゴは肥やけしやすいので、
2週間前には土を用意しておく必要が有るためです。
今回、イチゴの苗を植え付けようと思っているのは、
庭のレイズヘッドと、楽天マートの発泡スチロール。
庭の土に、腐葉土と有機肥料を混ぜ込みました。
d0049381_2173162.jpg
続いて花苗24ポットの植え付け。
ネモフィラ・ペニーブラックは、紫に白い縁取り。
ネモフィラ・マキュラータは、白に紫のハートが5つ。
細いボーダーガーデンの縁に、この2種類を
交互に植えてみました。
d0049381_21384230.jpg
白い根がぎっしり回っていて、葉が茂っている割に花が小さく、ややお疲れ気味の苗でしたが、こぼれ種でもどんどん増えると評判なので、今後の繁殖にも期待です。

ルピナスは、メインガーデンの隙間に。MIX苗は、黄色、
ピンク、紫、青、白などの色があるようですが、苗を見た
だけでは、どれがどの色かはわからないので、ランダムに
植えました。咲いてみてのお楽しみ。青系が多いといいな。
d0049381_21582168.jpg

[PR]

by koiko_77 | 2016-02-27 22:07 | ボーダーガーデン | Comments(0)  

衣サクサク♪フレンチトーストの朝食

エキブロ春の投稿まつり「朝から元気になれるとっておき朝食レシピ」
昨年の夏、クルーズ旅行中に気に入り、毎朝食べていた思い出のフレンチトーストを、
おうちで再現してみました。
d0049381_210348.jpg
このフレンチトーストの特徴は、周りに細かく砕いたコーンフレークの衣が付いているところで、その食感は、甘いカレーパン、フレンチトースト味のコロッケといった感じ。
再現レシピは、以下のとおりです。
d0049381_211153.jpg
<作り方>
①コンフレークをポリ袋に入れて、綿棒やマグカップの底で叩き、衣を作ります。あまり粉々にしないほうがサクサクして美味しいです。

②卵1個・砂糖10g・牛乳50mlを合わせて卵液を作り、

③三角形に切った厚切りの食パンを浸したら、

④コロッケを作る要領で、コーンフレークの衣をまぶし、

⑤溶かしバターで揚げるように焼きます。

お好みで粉砂糖、シナモンパウダー、はちみつ、
メイプルシロップなどをかけてお召しあがりください。

←2015年夏の、アラスカクルーズ旅行では、
 メインダイニング「サバティーニ」で、毎朝、
 このフレンチトーストをいただいてました。

[PR]

by koiko_77 | 2016-02-26 21:15 | ◇うちカフェ・スィーツ | Comments(0)  

今年は自宅でイチゴ狩り!

d0049381_1435366.jpg
「バラだけじゃなく、食べられるものも育ててよー」
という家族の声にお応えして、イチゴのポット苗を
ヤフオクで落札しました。なんと24苗!
d0049381_144945.jpg宝交早生。酸味があり、ジャムにしても美味しい、
育てやすく、家庭栽培に向いた品種だそうです。
d0049381_1443197.jpg
6ポットくらいを、プランターに植えて、
残りは庭のレイズヘッドに植えたいと思っています。
d0049381_1445178.jpg一つの苗から7〜15個の実が収穫できるそうなので、
うまくいけば360個くらい収穫できるかも?!
5月のオープンガーデンでは、イチゴ狩りも
お楽しみいただけるかもしれませんね。


イチゴの育て方(まとめ)
[PR]

by koiko_77 | 2016-02-25 02:33 | その他のガーデン | Comments(0)  

朝から元気になれる とっておき朝食「甘やかしパンケーキ」

エキブロ春の投稿まつり「朝から元気になれるとっておき朝食レシピ」

一週間がんばった自分へのご褒美だから。
我が家の週末、「朝から元気になれるとっておき朝食レシピ」は、甘やかしパンケーキ❤️
d0049381_0332462.jpg
季節のフルーツやアーモンド、メイプルシロップ、アイスクリーム、はちみつやフルーツソースなどなど、
甘いものを好きなだけトッピングしちゃいます。
朝から甘いものを摂ることで、一週間分の寝不足やストレスが吹っ飛び、頭もハートも元気になれますよ。
テーブルコーディネートは、ピンク系のランチョンマットとカトラリーで「春」を先取り!!
大人っぽいアラベスク模様のペーパーナプキンと、センタークロス代わりのリボンもピンク系で!
d0049381_0454089.jpgd0049381_0452864.jpg
(左)こちらは、キウイと市販のマンゴーソースバージョン。イエローも、元気になれるカラーですね。
 粉砂糖は、簡単に手作りできます(市販の白砂糖をミルサー細かくするだけ)。
 一度にたくさん作り、大きめのスパイス入れにストックしておくと、すぐに使えて便利です。
 でも、アリさんが寄ってこないよう、ラップをかけて戸棚にしまっておくのを忘れずに!
(右)6等分に切れ目を入れたイチゴには、アイスクリームバーをクッキー型で抜いた「星」をトッピング。
 まだ寝たげな子供も、この見た目で、一気にテンションが上がります。
 ただし、アイスは熱々のパンケーキに乗せると、あっという間に溶けちゃうので、別盛りがオススメです。

最近は、卵白にサラダ油を加えて作ったメレンゲを、焼く直前に加えてみたり、
ふんわり、とろけるようなパンケーキを焼くテクニックを研究中です。

[PR]

by koiko_77 | 2016-02-22 01:01 | ◇うちカフェ・スィーツ | Comments(0)  

初めての出産! 生まれてくる我が子へのプレゼントに

エキブロ春の投稿まつり「もらってうれしい!贈ってうれしい!手作り作品」

エキサイトブログが主催の「投稿祭」で、「ハンドメイドのプレゼント」というテーマを見つけたので、
私のブログで、なぜかアクセスナンバーワンのバックナンバーから、エントリーしたいと思います。


フエルトと糸と針があればできる! 意外と簡単! 手作り「知育玩具」
初めての出産を目前に控え、風邪やインフルエンザも怖いので、お出かけもままならないこの時期は、
手作りグッズを、チクチク作るのに絶好の時期です。
細かい作業に没頭することで、出産への不安や、マタニティストレスを解消できて、一石二鳥!
または、出産を控えたママ友さんへのプレゼントにも、喜ばれること間違いなしですよ。

d0049381_14181776.jpg
d0049381_14185068.jpg
<材料>
フエルト12cm四方なら10〜12枚程度。
刺繍糸。スポンジ。小さい鈴。
マジックテープ(縫い付けタイプ。
幅1.5センチ×40センチ程度
(1.5センチ角を24個に切る)。
ちなみに、これら全て
100円ショップで手に入ります。

<作り方>
①フエルト(一辺12cmの正方形)に入る絵を6種類
作ります。今回は、動物(犬、うさぎ、ヒヨコ、
お魚、熊、カエル)の柄を、描いてみました。

②それぞれを背景となる12cm四方のフエルトを用意します。青い犬の背景にはイエロー、ピンクのうさぎの背景には水色といった風に、絵に使うフエルトの色とは、なるべくコントラストのある色(反対色)を選ぶのがコツです。




続きを読む
[PR]

by koiko_77 | 2016-02-21 14:22 | ◇DIY・ハンドメイド | Comments(0)  

第6回 ビズ・ガーデン大賞 テーマは「幸せをはこぶ庭」

第6回 ビズ・ガーデン大賞の告知が始まりました。
ガーデニング雑誌の『BISES(ビズ)』が4年に一度、オリンピック・イヤーに行っているコンテストです。
d0049381_2019093.jpg
今回のテーマは「幸せをはこぶ庭」。グランプリ、金賞、銀賞、銅賞、優秀賞6名、特別賞1名の
計11名が選ばれ、受賞者にはクリスタルメダルと、豪華賞品が授与されるそうです。
プロアマ問わず、ジャンル問わず、また個人のみならずグループ・企業・公共の応募もOKの公募なので、
きっとツワモノ揃いですが、今年は、ダメもとで、初挑戦してみたいと思っています。

フラワーガーデン  戸外生活を楽しむ庭  バラの庭  キッチンガーデン  屋上&ベランダ  
ホスピタル・ガーデン(病院の庭)  四季の楽しみがある庭  キッズ・ガーデン  
自然と共生する庭  地域の庭・公園など  ガーデンセラピーの庭

その豪華賞品とは?
[PR]

by koiko_77 | 2016-02-18 20:22 | コンテスト | Comments(0)  

バラの家「フェイバリットローズ」コンテスト2015

楽天市場のバラ専門店『バラの家』が、バラのコンテストを実施していることを知り、早速応募してみました。

楽天市場店の開店10周年を記念してのコンテスト。2012年以来の、通算5回目の開催だそうです。
「フェイバリットローズ」部門、「ローズガーデン」部門、そして「ロサオリエンティス」部門の3部門。
入賞(グランプリ、準グランプリ、バラの家店長賞)すると、副賞として好きなバラの苗がもらえるようです。
ちなみに、ロサオリエンティスとは、バラの家の店長木村卓功氏が手がけた新しいバラのブランド名。
フレンチバラやイングリッシュローズのゴージャスな見た目と、日本の気候にあった気質を兼ね揃えた、理想のバラ。
ちょっとお高いですが、入賞(副賞ゲット)できたらぜひ育ててみたいと思います。
応募数はそんなに多くないコンテストのようなので、入賞を狙う余地も少しはあるかも?!
参加するだけでも500円の割引クーポンがもらえるそうなので、応募しない手はないですね。
締め切りは、2/29(月)です。

まずは「フェイバリットローズ」部門。
その名の通り、自分のお気に入りのバラを3品種選んでその写真とコメントを添えて応募する形式です。
恋子のローズコレクション
から、迷いに迷って、この3品種でエントリーしました。
d0049381_103133100.jpg
レオナルド・ダ・ビンチ
一言でいうと「美人さん」。色といい、形といい、どこからどう見ても美しい!
そして、その美しさは、崩れることも、色あせることもなく、とても長く続くのです。
だから、他のバラや植物とのコラボレーションがいくつも楽しめます。


d0049381_10315330.jpg
ロココ
淡いアプリコットピンク色の、フリフリした花びらがなんとも可憐なバラです。
2年前、鉢植えから地植えにしたところ、花の大きさが倍くらいになって、驚きました。
やっとガゼボの天井にも届いたので、今年はより多くの花をつけてくれると期待しています。


d0049381_10321782.jpg
スパニッシュ・ビューティ
約10年前、カタログで一目惚れし、ガーデニング初心者の頃に取り入れたつるバラ。
我が庭のセンターに地植えしてから早10年。今では全長は4mにまで成長しています。
早咲きで香りがいいので、このバラが咲くと「いよいよバラの季節到来!」と、心が浮き立ちます。

more
[PR]

by koiko_77 | 2016-02-14 11:09 | コンテスト | Comments(0)  

Koiko's Rose Collection 26)ER セント・スウィザン St. Swithun™(Auswith)

26)ER セント・スウィザン St. Swithun™(Auswith)
d0049381_22541589.jpg

d0049381_22245924.jpg
ソフトピンク/ロゼット/中大輪/
Sシュラブ1.8〜つる2.5m/強健/
中〜強香/連続咲き(返り咲く)/
1993年 英 David Austin

テラコッタ鉢に植え、オベリスクに絡めて、エントランスに置いてあります。

枝は細く誘引はしやすいですが、細かい棘はカギ状で刺さるとものすごく痛いです(TT)。

d0049381_22253116.jpgラジオタイムズと同時購入し、一年間同じような鉢に植えていたせいで、どっちがどっちかわからなくなっていましたが、昨年から花数が増えてきて、ようやく見分けがつくようになりました。花色が、ラジオタイムズよりも少し薄いピンク色で、花びらのふちがまっすぐ(ラジオタイムズはハート形)。

お庭のバラたちと違って、あまり写真がありませんが、今年の春には、花数を増やしてくれそうな予感がしているので、もう少しいろいろな角度で撮って載せたいと思います。


More
[PR]

by koiko_77 | 2016-02-12 22:06 | ローズガーデン | Comments(0)  

ロサオリエンティスとは?


ロサオリエンティスとは?
それは、バラの家の「てんちょ」木村卓功さんが手がけたバラ。
欧米からの借り物でない、日本で育種し選抜した、
日本の環境と嗜好にあった新しいバラのブランド名です。
フランスのバラやイングリッシュローズのゴージャスな見た目と
日本の気候にあった気質を兼ね揃えた、夢のようなバラです。
開発者の木村氏は、次のように語ります。
「本来、その国に合ったバラは、その国でしか作れないはず。
もちろん欧米のブランドが日本へと販売し、その中で日本向きのバラがチョイスされるのも正しい道でしょう。でも日本人がそこで日本人の声を聴きながら、日本人の生活環境、日本の栽培環境に合ったバラを作り出す、それが王道ではないでしょうか……。
これは日本のバラに関わった方々、先人の偉業のおすそわけ。
私のバラ人生の先達の皆様に感謝です。そして私は新たな道を
切り開く決意に満ちています。目指すは日本の高温多湿の環境
でも良く育ち、夏でも見ごたえある花を咲かせる、日本人好みの
耐暑性、耐病性のある四季咲きのバラ。その国に本当に合った
バラはその国で育まれるはずです。日本の多くのバラ好きな
方々に接し、その方々の好みや悩みを聞き、自分自身もバラを
愛しバラを育て、バラの苦楽と共に生きる私が贈る
ロサオリエンティス。日本のバラの新たな挑戦です。」

ロサオリエンティス 品種一覧(50音順)
[PR]

by koiko_77 | 2016-02-12 12:09 | ローズガーデン | Comments(0)  

Koiko's Rose Collection 25)サティーナ Satina

25)サティーナ Satina
d0049381_20261502.jpg

ドイツ Hans Jürgen Evers 1992年
八重 ピンク 中輪 シュラブ 1~2m

我が家の最古参のひとつで、メインガーデン
の一番日当たりのいい場所に植えてあります。

修景バラまたはランドスケープローズといって
公園の植え込みなどにも利用される強靭種。
短く刈り込むとどんどん分岐して、
ベビーピンクの小ぶりな花が房咲になります。

ガーデニング初心者の頃は、「一年中お花が
咲く庭」に憧れて、四季咲きのバラばかりを
選んで植えていて、このバラもそのひとつ。

d0049381_20290331.jpgほぼ常緑に近く、真夏と真冬以外はずっと
咲いているので、急な来客の時などには、
テーブルにさっと生けたりするのには便利なのですが、
ずっと咲いていると、“ありがたみ”なくなって、
飽きてしまうんですよね(笑)。

テリバ(照り葉)に近い深緑の葉は、丈夫で、病気には縁がありません。チュウレンバチの被害は多いですが、多少食べられても枯れることはないので、ほったらかしです。

ただ、最大の欠点は、他のバラに比べ、春の咲き始めが一足遅いこと。他のバラの開花最盛期にコンテスト用の写真を撮ろうとするとサティーナが植えてある花壇のど真ん中だけが、花のない状態になってしまうのです。なので、かねてより、別の場所への移植を検討中なのですが、根っこがかなり深く広く広がっているので、移植時に枯れてしまう可能性を加味して、ちょいちょい挿し木で子孫を増やしてきました。(剪定で出た枝などを地面に刺しておくだけでも容易に増えます。特に枝の分岐点にカルスの瘤ができるので、その下で切って刺すと活着しやすいみたいです。そんな子供たちも、それぞれすっかり立派になってきたので、今年(2017年)の年末くらいに、いよいよ移植をしてみようかな。
d0049381_20561752.jpg


サティーナ Satina
[PR]

by koiko_77 | 2016-02-11 21:34 | ローズガーデン | Comments(0)