タグ:シェードガーデン ( 8 ) タグの人気記事

 

可愛らしいクレマチス Clrematis を追加投入

ヤフオクで落札してしまった3種類4ポットのクレマチスは、いずれもパンテス系。
d0049381_01500596.jpg
濃いピンクの模様が入るミス東京 純白の湘南クレマチス白根 薄桃色の模様が入るピンクレッド

ピンク系のバラにピンク系のクレマチスじゃ映えないので、
バラの咲いていないニッチな場所に絡ませて、咲かせようと思っています。


More
[PR]

by koiko_77 | 2017-03-27 01:55 | その他のガーデン | Comments(0)  

あれから6年目の今日、6つのホスタを植えました

d0049381_10163843.jpg
数日前に届いた6つのホスタ(ギボウシ)を植え付けしました。
用土は、掘り返してみたら意外と土はフカフカでしたが、念のため馬糞堆肥と油粕を漉き込みました。
でもその前に、アウェイクニングを鉢上げし、アイビーやヤブカラシの根っこを掘り起こし、
壁を覆っていたアイビーを整理。……先日、隣地の工事の際に、根っこから切られてしまって、
一部が枯れこんでしまったのです。脚立を使って、枯れた枝を選定したのですが、
朝、火傷したばかりの人差し指に、ナニワノイバラの棘が刺さって、痛いのなんの😥
選定した枝と落ち葉掃除も含めて、半日かかってしまい、もうヘトヘトです。


[PR]

by koiko_77 | 2017-03-10 22:29 | シェードガーデン | Comments(0)  

恋子のシェードガーデン計画 Part 2

東端の花壇を、おしゃれなシェードガーデンにしようと、手始めに、ホスタ6種類を購入しました。
斑入りの葉が美しいホスタと、ピンク系のビビッドな花で、格好良くコントラストを出したいなと、
他にもピンク色のアジサイやアスチルベ、インパチェンスなどを物色中です。
d0049381_00200910.jpg

ホスタ(ギボウシ)
ホスタは、耐寒性・耐暑性は強く、
日本中どこでも露地で生育可能。
耐乾性は中で、耐湿性は強いため
地植えでは潅水不要(空梅雨の夏のみ要)
半日陰から日陰を好み、
午前中のみ日が当たる場所が最適。
逆に、西日の当たる場所はNG。
日が当たりすぎると、斑入り種は、
斑が美しく出ないことがある。
d0049381_00204065.jpg
オーガスト ムーン
学名:Hosta cv.‘August Moon’
作出:Langfelder & Summers & Ruh,
1996年
105cm×草丈50cm 中~大型種
葉:縦23cm×幅20cm
花形はベル形で大輪。
花色は淡いラベンダーから白に変化。
盛夏に開花。花丈81cm。稔性。
d0049381_00205090.jpg
ウィールウィンド
学名:Hosta cv.‘Whirlwind’
作出:Kulpa, 1989年
大きさ:102cm×草丈45cm 中型種
葉:18cm×14cm
花:淡いラベンダー色。晩夏に開花。
花丈50cm。
時に比較的大きな斑入りの包葉が付く。

d0049381_00210208.jpg

クリフォーズ フォレストファイヤー
学名:Hosta cv.‘Clifford's Forest Fire’
作出:Clifford, 2000年
交配:Hosta cv.‘Sagae(寒河江)’の変種
大きさ:150cm×草丈46cm 大型種
葉:25cm×20cm
花:ベル形。淡いラベンダー色。
盛夏に開花。

d0049381_00211389.jpg
サン パワー
学名:Hosta cv.‘Sun Power’
作出:Aden,1986年
大きさ:90cm×草丈60cm 大型種
葉:30cm×17cm
花:ラベンダー色。盛~晩夏に開花。
花丈90cm。不稔性。

d0049381_00212180.jpg
ロバート フロスト
学名:Hosta cv.‘Robert Frost’
作出:W. & E. Lachman,1988年
交配:H.‘Bamama Sundae'×H.‘F Williams'
大きさ:105cm×草丈:57cm 大型種
葉:25cm×21cm
花:ベル形。蕾は淡いラベンダー色、
花はほぼ白。晩夏に開花。花丈87cm。

d0049381_00533534.jpgカーニバル
学名:Hosta cv.‘Carnival’
作出:W. & E. Lachman, 1986年
交配:H.‘Beatrice'×H.‘Frances Williams'
大きさ:102cm×草丈45cm 中~大型種
葉:23cm×19cm 花:淡いラベンダー色。
盛夏に開花・花丈75cm
稔性。花持ち良好。
美しい斑入りの包葉が付く。

アスチルベ
学名;Astilbe × rosea 'Peach Blossom'  
ユキノシタ科 冬季落葉種
草丈60cm前後(花丈含む)
耐寒性:強 耐暑性:強 日向~やや半日陰


More
[PR]

by koiko_77 | 2017-03-08 01:30 | シェードガーデン | Comments(0)  

6月、梅雨時のシェードガーデンをお部屋に

梅雨入りし、我が家のシェードガーデンに、ホスタの花が咲き、紫陽花が咲き、ユリが咲きました。
長い雨で花びらが痛んでしまう前に、一部を摘み取り、お部屋に飾りました。
d0049381_12185131.jpg
d0049381_12312854.jpgピンクのユリはカサブランカ、濃い紫はデルフィニウム、薄い紫はカンパニュラやホスタ、白は紫陽花の城ヶ崎。
2年前に剪定を誤って以来、花をつけなかったのですが、昨年秋に移植をして、一部の枝を剪定せずにおいたら、
やっと復活しました。我が家の庭はphがやや酸性寄りらしく、よく見ると、中心がほんのり空色をしています。
(紫陽花を花瓶に活けていたら、黄色いてんとう虫がくっついているのを見つけました→)

復活といえば、同じく昨年秋に移植したイングリッシュローズのキアンチも、ようやく芽吹き始めました。来年の春には、また綺麗に咲いてくれるといいな。

バラも一通り終わり、今咲いているのは修景バラのサティーナと、四季咲き性の強いつるバラの一部だけ。
すでに30種類以上にまで増えてしまった我が家のバラ。にも拘らず、3月に鉢で購入してしまった
パレードを、そろそろ植えかえなければいけないのですが、もう植えるスペースがなくて、
どうしたものかと思案中です。
[PR]

by koiko_77 | 2016-06-11 12:35 | シェードガーデン | Comments(0)  

シェードガーデンに『アナベル』と『斑入ギボウシ』を投入

d0049381_172753.jpg我が家のシェードガーデン(2016年4月)。

何年か前に、大好きな斑入りのラミウムを4種類ほど植えたのですが、唯一生き残ったのがこの黄色い花を咲かせるこのラミウムでした。見た目からして丈夫そうですね。
d0049381_175428.jpg今やシェードガーデンのグランドカバーとして、
大活躍してくれています。
d0049381_182571.jpg
ランナー(地下茎)を伸ばして増えるタイプなので、
根付いた子株をランナーを切って移植すれば、
すぐに活着しますし、20cmほどの茎を切り、
適当に土に挿しておくだけでも容易に増えます。
d0049381_183814.jpg階段下や、人工芝の切れ目など、ちょっと不自然になっているところをうまく隠したり(右)、植物の間に空いたスペースを埋めるのに(上)も役立ちます。ほぼ常緑で斑入りの葉がきれいなので、あちこちで他の植物の引き立て役にもなってくれ、切り花を飾る時などにも使えて、重宝しています。

d0049381_22172789.jpgd0049381_22183341.jpgd0049381_2219368.jpg
数年前に植えたはずのホスタ3株が、いまだ顔を見せておらず、白紫陽花も花芽が付いてません。
d0049381_22322884.jpgd0049381_22392348.jpgd0049381_22425446.jpgd0049381_22565967.jpg

同時に植えた4色のカサブランカ百合も、何かの拍子にシャベルで球根をぐさっとやってしまったことがあり、
今年はどうなることやら。
d0049381_1432761.jpg
そこで今日は、白アジサイの『アナベル』と『斑入ギボウシ(ホスタ)』のセットを購入。上記のシェードガーデン(半日陰)に植えるつもりです。が、アナベルは、他のアジサイと違って、日向を好むそうです(まあいいか)。

d0049381_1362479.jpgd0049381_136671.jpg
ヤフオクにて購入した斑入ギボウシとアナベルのセット。
(3号ポット苗)

memo
[PR]

by koiko_77 | 2016-04-21 01:54 | シェードガーデン | Comments(0)  

お隣の空き地が新しいお庭に!

今日は嬉しい出来事(ニュース)がありました。うちがここに家を建て、
引っ越してきた頃から、ずっと空き地になっていた隣地↓が素敵なグラスガーデンになるらしいのです。
d0049381_441845.jpg
上の写真の、フェンスの向うに見える雑草だらけの土地がそれです。
でもここは、約10坪もの広さがありながら、崖地で、壁が脆く、高低差もあり、住宅は建ちません。
榎の大樹と雑木が数本、秋はその落ち葉、夏はご覧のような雑草、そしてゴミの不法投棄やらも度々起きていたので、
今までは、うちがその都度、所有者さん(や管理会社さん)と連絡を取り合い、除草や掃除等をしていたのですが、
それもなかなか大変で、腰痛に虫さされと、手間もコストもかかるので、ほとほと持て余していた土地なのでした。

一時はうちが買い取らせて頂いて駐車場にするという検討もしましたが、コストがかかり過ぎて割にあわないので、
断念した経緯があります。ちなみに周辺の地価は、平均で一坪200万円程。でもここは、造成に5〜600万円は
かかるそうなので、駐車場や庭にするだけなら、その10分の一くらいでもないと、なかなか手が出ません。けれど、
そうやって所有者の高齢化や死亡により「空き地」や「空き家」になった土地と建物が、老朽化して倒壊したり、
悪徳業者に産業廃棄物を不法投棄されたりと、周辺住民の健康や安全を脅かし、社会問題にもなっているんですよね。
だから、そこにきて、このニュースは「朗報」以外の何モノでもないわけです。使ってもらうのが一番ですからね。

なんでも、所有者さん(財閥系の大地主さん)が数年前に亡くなり、姪に当たるNさんが相続したらしいのですが、その方も既にご高齢で、知り合いの方(Iさん)に相談したところ、
「持て余してるのなら(無償で借り受け)、
 趣味のガーデニングを始めるわ」
ということになったのだそうです。

私が人間ドックから帰ってきたら、見知らぬ女性(Iさん)が、その土地に入り込んで、お掃除をしていたので、思い切って声をかけてみた所、そのような経緯を話してくださいました。(つくづく午後半休しておいてよかった)
お話した限り、なかなかのガーデニング上級者と見え、
お花よりもグラス系、水やりの要らない植物や、
日陰に強いギボウシ等を育てる予定との事。

私より、一回りくらい年上の女性でしたが、早速意気
投合して、「たまにはお茶でもしながら、ガーデニング
談義をしましょう」ということになりました。
水道も引かれていないし、長年の放置によって、
ガラや石ころ、雑草の根がはびこっているので
「開墾」は容易ではないと思うけれど、
比較的時間には余裕がある方のようで、
楽しみながら、ぼちぼちやられるとのこと。

どんなお庭ができあがるのか、とっても楽しみです。
[PR]

by koiko_77 | 2015-02-21 05:13 | その他のガーデン | Comments(0)  

コンテスト荒らしかッ?!

またしても、
『すてきな住まいコンテスト』に入賞してしまいました!
今回のテーマは「わが家の“レイニーデイ”」。
今回の賞品は、エレクトロラックス社の
サーキュレーター(扇風機)です。
前回の商品「アイスクリームメーカー」も
まだ届いていないけれど、
これで、今年の夏は涼しく過ごせそうだわ〜。

応募者が少ないので、入賞率が高い!
次回のテーマは「ひんやり清々しい初夏の風景」。
まだ応募できそうな写真が撮れてないけれど、
次回も挑戦したいと思っています。
みなさんも応募してみては?

d0049381_18171695.jpgd0049381_2481665.jpg


東京もとうとう梅雨入りしましたが、お庭では、紫陽花や百合など、“雨”の似合う花が次々と咲き始めています。
日ごとに色を変えていく紫陽花。雨の日は、部屋の中からそんな“季節の移ろい”を眺めて過ごしています。
今日は、そんなお庭の花を摘んで、大きなガラスのピッチャーに生けてみました。
ピンク、オレンジ、紫、白、水色……、こんなにカラフルなお花を見ていると、梅雨の鬱陶しさも吹っ飛びます。
[PR]

by koiko_77 | 2009-07-15 23:27 | シェードガーデン | Comments(2)  

梅雨時の庭にも

d0049381_10294014.jpg
東京もついに梅雨入りしましたが、
お庭では、紫陽花、百合、ホリホック、
遅咲きのバラなどが咲いています。

d0049381_10295310.jpg
 ↑白い紫陽花。しだいにブルーに変化していきます。

  オレンジのスカシユリ。濃厚なオレンジです→
d0049381_10301247.jpg←ピンクのスカシユリ。
昨年よりも、花数が増えました!
d0049381_10304568.jpg
 ↑修景バラのサティーナ。
  どんどん分岐して、すごいボリュームに!
  他のバラと咲く時期が違うところは、
  いいような、悪いような。
d0049381_10303220.jpg
←華やかで、かつ落ち着いた色が
 お気に入りのホリホック。

 今年は、早め早めに、葉を切り落とし
 摘心しておいたので、
 ほどよいサイズに仕上がりました!

d0049381_2481665.jpg


この時期のお庭も、
なかなか情緒があって大好き。




そんなお庭の花を摘んで、
IKEAで買ってきた
大きなピッチャーに生けてみました。

ピンク、オレンジ、紫、白、水色……、
こんなにカラフルなお花を見ていると、
梅雨の鬱陶しさも吹っ飛びます。


しかし、悩みのタネは「雑草」
一雨毎に、ものすごく繁殖してしまう。
今年もやっぱり、
業者さんにおねがいしようかな〜(><)。
[PR]

by koiko_77 | 2009-06-16 10:46 | シェードガーデン | Comments(0)