タグ:バラ ( 175 ) タグの人気記事

 

夏中放置、それでも咲いた強かな秋バラたち

d0049381_12225102.jpg
「バラは女性と同じ」が私の持論なのですが、
かまってあげなくても咲いてくれて、ここまで美しいバラは珍しいです。
たいがい美しいバラは手がかかるし、丈夫すぎるバラは飽きられるので。
そういう意味で、この正統派イングリッシュローズのLDブレスウェイトと、
出生不明(愛人の子供)という噂もあるタワーブリッジは、
まさに「理想の妻」系か? と思いきや、
前者には大きくて刺さるとめっちゃ痛い棘があり、
後者には細くて刺さるといつまでもチクチクする棘があるので、
どちらもなかなかのツワモノです!
ちなみに我が家の庭は、
お金をかけてかまってあげないと綺麗に咲いてくれないくせに、
かまうとちょいちょい刺してくるという
「魔性の女系・SMの女王系・愛人系」が多く、
私は彼女たちの「奴隷」状態……笑。
d0049381_12024605.jpg

[PR]

by koiko_77 | 2017-11-19 12:05 | ローズガーデン | Comments(0)  

受賞速報!「ハイポネックス咲かせま賞」コメリガーデニングコンテスト

某シナリオコンテストで惜しくも入賞を逃し、がっかりしていて忘れてましたが、今、思い出してガーデニングコンテストの結果を確認したところ、なんとか入賞を果たしておりました(20/935)。コメリのコンテストでは、5度目(大場賞1回、グランプリ1回、ハイポネックス咲かせま賞は3回目)の入賞です。

応援してくださった皆様、コメントを投稿してくださった皆様に感謝!

ありがとうございました!!
d0049381_22092070.jpg

d0049381_22082382.jpg

審査員のコメント

ハイポネックス咲かせま賞
株式会社ハイポネックスジャパン 猪俣正道 氏

これだけたくさんの種類のバラ、そしてジキタイスやアリウムをきれいに調和させ、立体的なリゾートガーデンを創り上げられる腕前、「お見事!!」です。迫力と美しさに圧倒されました。


No.A265
バラは横顔も素敵
d0049381_08190893.jpg


◎恋子のガーデニングコンテスト受賞歴◎
[PR]

by koiko_77 | 2017-10-29 15:31 | コンテスト | Comments(0)  

web投票のお願い(コメリガーデニングコンテスト)

今年も、コメリガーデニングコンテストのweb投票が始まりました。
私のは「自慢の庭部門のA265番です。
web投票が多いと、それだけで最終審査に進めるするそうなので、
ぜひとも、コメントの投稿を、よろしくお願い致します。
d0049381_08190893.jpgd0049381_08195076.jpg


d0049381_08210166.jpg


[PR]

by koiko_77 | 2017-09-09 08:18 | コンテスト | Comments(0)  

インスタ(instagram)始めました

先月、スマホデビューしたのを機に、インスタ(instagram)を始めました。
koikosgarden(insagram)
IDは「koikosgarden」、アイコンにはこの↓画像を使いました。
見つけたら「❤️いいね!」や「フォロー」をお願いします。
d0049381_18371671.jpg


[PR]

by koiko_77 | 2017-06-23 18:40 | Comments(0)  

ガーデニングコンテスト用の写真選び

そろそろコンテスト用の写真を選ばなくてはと、
まずはプリント必至のJGSコンテスト用に、8枚に絞ってみました。
d0049381_00135703.jpg
d0049381_00132213.jpg

d0049381_00472630.jpg
まずは横向きの写真を4枚セレクト。
1枚目は、子供達が喜ぶGranping Garden、
2枚目は、つるバラや宿根草が満開のMain Garden、
3枚目は、つるバラとバラのGazebo、
4枚目は、リゾート気分満載のOutdoor Living
d0049381_00495131.jpg
Granping Garden
こどもの日に開催したKid's BBQ Party。
ママたちはタイルテラスのT&Cでおしゃべり。
庭に設置した大きなテントは、子供達の秘密基地に。
d0049381_00520941.jpg
Main Garden
種類のつるバラが壁を覆うメインガーデン。
手前に植えたジギタリスやアリウム、
キャットミントがバラと競争しながら、
順番に満開を迎えます。
d0049381_00533525.jpg
Gazebo & Roses
タイルテラス側から見た風景。
つるバラ・ニュードーン越しに見る
アルベリック・バルビエのガゼボ。
d0049381_01033504.jpg

Outdoor Living
「自宅でリゾート!」をテーマに仕上げた
我が家のアウトドアリビングは、
訪れるゲストたちの憩いの場です。

続いて横向きに画像を4枚セレクト。
d0049381_01041131.jpg

Climbing Roses
メインガーデンの壁を覆うつるバラたち。
スパニッシュビューティ、メイクイーン
ミッシェルメイアン、ノイバラなど。
バラは横顔も素敵です。
d0049381_01081736.jpg
Foxglove Blossom
早咲きのつるバラとともに
20株ほど植えたジギタリスが咲くと、
一気に庭が華やぎます。
d0049381_01094384.jpg
Alium & Nepeta
タイルテラス前の花壇に、ブルーキャットミントと
アリウム・パープルセンセーションが咲きそろい、
憧れのブルーボーダーガーデンが仕上がりました。
新調した立水栓の水鉢に、お庭で摘んだバラを浮かべて。
d0049381_01222886.jpg
Gazebo & Wall Fountain
アルベリックバルビエが咲くガゼボの下は、
サークルストーンのテラス。アイアンチェアには、
バタフライ柄のクッションカバーを新調しました。
DIYした壁泉を囲むように遅咲きのバラが咲いています。

Shade Garden(次点)
シェードガーデンは、まだ発展途上なので
応募用にするのは来年以降かな。



[PR]

by koiko_77 | 2017-06-22 00:28 | コンテスト | Comments(0)  

つるバラの開花後の剪定とスズメの巣

つるバラ。開花後の剪定をしたら、ガゼボの奥から、スズメの巣が出てきました。
d0049381_08425578.jpg

[PR]

by koiko_77 | 2017-06-13 08:43 | Comments(0)  

6月の庭

d0049381_08412093.jpg



[PR]

by koiko_77 | 2017-06-13 08:42 | Comments(0)  

Koiko's Open Garden 2017 オープンガーデン開催報告

この時期は、ただでさえ似たような写真が多くなってしまいますが、
FB、インスタ、その他SNSと、載せる画像がかぶっててすみません。
それらですでに「いいね!」してくださった方は、
この記事は、どうぞスルーしてください。

先日、知人のみを招いてのオープンガーデンを開催しました。
あいにく、バラの見頃は過ぎてしまい、
前日の雨でガゼボのバラも散ってしまっていたのですが、
かつて青春をともにした(?)懐かしい仲間と、
おしゃべりの花を咲かせることができました。
d0049381_23394880.jpg
d0049381_23412937.jpg
d0049381_23422324.jpg
この時期は、ただでさえ似たような写真が多くなってしまいますが、
FB、インスタ、その他SNSと、載せる画像がかぶっててすみません。






More
[PR]

by koiko_77 | 2017-06-02 00:08 | オープンガーデン | Comments(0)  

Koiko's Rose Collection 2017(4) 恋子のバラ

Koikoの庭では、新しくまた、いくつかのバラが開花し始めています。
d0049381_21244709.jpg
ローゼンドルフ シュパリースホープ
Rosendorf Sparrieshoop
この春先に、アイアンアーチが老朽化したため解体していたら、倒れてきて
パンクロックのミュージシャンがつけるアクセサリーのような太い棘が、
私の左まぶたにグサリ。そのときできた傷は、今もまだ生々しく残っていたりします。
今年は壁面に誘引。その甲斐あって、目の高さで咲くので、以前よりいい感じです。

d0049381_21401750.jpg
L. D. ブレスウェイト L.D. Braithwaite
今年は、花の大きさがひときわ小さいです。
この冬は植え替えか、強剪定して土を変える必要がありそうです。

d0049381_21252438.jpg
ピエール ド ロンサール Pierre de Ronsard
大きくころんとした蕾から、絶妙なグラデーションの花びらを展開させます。
流通量が多く(一般の花屋さんでも買える)、不動の人気を誇るバラ。
昨年伸びたシュートに、たくさんの蕾をつけて、そろそろ咲くかなと思ったところに雨。
アイアンフェンスに収まりきらず、頭(花)が大きいので、別にオベリスクが必要かも。

d0049381_21390848.jpg
グラハム・トーマス Graham Thomas
遅れて咲いたおかげで、雨に打たれずに済みました。
人気の品種だけあって、絶妙な色あいと、間違いのない美しさ。
蕾から花が開くにつれて、次第に淡くなっていくところもいいです。
多少の病虫害はあるけれど、花には影響がないようで、あまり気になりません。
この感じなら、フェンスや屋根を覆ってくれるのも時間の問題かも。

d0049381_21255306.jpg
レオナルド ダ ビンチ Leonard da Vinci
ロココ同様、ガゼボのトイメンに植えたアルベリックバルビエに、居場所を占領されて
しまってますが、こちらはなんとか柱の方にも咲いてくれています。
日当たりが悪いせいもあり、花の大きさがまた一回り小さくなってしまったような。しかも、
根元に「F・ジュランビル」だと思って植えたのが、これまたバルビエだったことが判明。
花が終わったら、バルビエを移植して、追肥しなくては!

d0049381_21271494.jpg
セント・スウィザン St. Swithun(Auswith)
グラハムトーマスの横で、今朝は、二つの花を咲かせていました。
グラハムトーマスと同じく、花の向きを人工的に変えてみました。
地植えにしたのに、日当たりが悪いせいか、生育速度が遅いです。


More
[PR]

by koiko_77 | 2017-05-14 22:20 | ローズガーデン | Comments(0)  

雨で折れてしまったジギタリス、でも半分は無事でした

満開を迎えていたジギタリスが、昨日の雨で、半分折れてしまいました。
なぜか壁泉前のものと、日陰でまだ小さいものは無事でした。
仕方がないので、バラや、花の終わったアリウムと一緒に、花瓶に生けてみました。

雨が降る前
d0049381_11423705.jpg
雨で折れてしまった(撤去後)
d0049381_11425775.jpg
でも半分は無事
d0049381_11435785.jpg
折れてしまったジギタリスを花瓶に
(あれ? バラとアリウムに隠れて、見えない・・・?)
d0049381_11454516.jpg
花のなくなったアリウムも、飾ってみると、個性的な存在感があり、
オブジェみたいでおもしろいですね。






[PR]

by koiko_77 | 2017-05-14 11:47 | ボーダーガーデン | Comments(0)