タグ:ホスタ ( 5 ) タグの人気記事

 

あれから6年目の今日、6つのホスタを植えました

d0049381_10163843.jpg
数日前に届いた6つのホスタ(ギボウシ)を植え付けしました。
用土は、掘り返してみたら意外と土はフカフカでしたが、念のため馬糞堆肥と油粕を漉き込みました。
でもその前に、アウェイクニングを鉢上げし、アイビーやヤブカラシの根っこを掘り起こし、
壁を覆っていたアイビーを整理。……先日、隣地の工事の際に、根っこから切られてしまって、
一部が枯れこんでしまったのです。脚立を使って、枯れた枝を選定したのですが、
朝、火傷したばかりの人差し指に、ナニワノイバラの棘が刺さって、痛いのなんの😥
選定した枝と落ち葉掃除も含めて、半日かかってしまい、もうヘトヘトです。


[PR]

by koiko_77 | 2017-03-10 22:29 | シェードガーデン | Comments(0)  

恋子のシェードガーデン計画 Part 2

東端の花壇を、おしゃれなシェードガーデンにしようと、手始めに、ホスタ6種類を購入しました。
斑入りの葉が美しいホスタと、ピンク系のビビッドな花で、格好良くコントラストを出したいなと、
他にもピンク色のアジサイやアスチルベ、インパチェンスなどを物色中です。
d0049381_00200910.jpg

ホスタ(ギボウシ)
ホスタは、耐寒性・耐暑性は強く、
日本中どこでも露地で生育可能。
耐乾性は中で、耐湿性は強いため
地植えでは潅水不要(空梅雨の夏のみ要)
半日陰から日陰を好み、
午前中のみ日が当たる場所が最適。
逆に、西日の当たる場所はNG。
日が当たりすぎると、斑入り種は、
斑が美しく出ないことがある。
d0049381_00204065.jpg
オーガスト ムーン
学名:Hosta cv.‘August Moon’
作出:Langfelder & Summers & Ruh,
1996年
105cm×草丈50cm 中~大型種
葉:縦23cm×幅20cm
花形はベル形で大輪。
花色は淡いラベンダーから白に変化。
盛夏に開花。花丈81cm。稔性。
d0049381_00205090.jpg
ウィールウィンド
学名:Hosta cv.‘Whirlwind’
作出:Kulpa, 1989年
大きさ:102cm×草丈45cm 中型種
葉:18cm×14cm
花:淡いラベンダー色。晩夏に開花。
花丈50cm。
時に比較的大きな斑入りの包葉が付く。

d0049381_00210208.jpg

クリフォーズ フォレストファイヤー
学名:Hosta cv.‘Clifford's Forest Fire’
作出:Clifford, 2000年
交配:Hosta cv.‘Sagae(寒河江)’の変種
大きさ:150cm×草丈46cm 大型種
葉:25cm×20cm
花:ベル形。淡いラベンダー色。
盛夏に開花。

d0049381_00211389.jpg
サン パワー
学名:Hosta cv.‘Sun Power’
作出:Aden,1986年
大きさ:90cm×草丈60cm 大型種
葉:30cm×17cm
花:ラベンダー色。盛~晩夏に開花。
花丈90cm。不稔性。

d0049381_00212180.jpg
ロバート フロスト
学名:Hosta cv.‘Robert Frost’
作出:W. & E. Lachman,1988年
交配:H.‘Bamama Sundae'×H.‘F Williams'
大きさ:105cm×草丈:57cm 大型種
葉:25cm×21cm
花:ベル形。蕾は淡いラベンダー色、
花はほぼ白。晩夏に開花。花丈87cm。

d0049381_00533534.jpgカーニバル
学名:Hosta cv.‘Carnival’
作出:W. & E. Lachman, 1986年
交配:H.‘Beatrice'×H.‘Frances Williams'
大きさ:102cm×草丈45cm 中~大型種
葉:23cm×19cm 花:淡いラベンダー色。
盛夏に開花・花丈75cm
稔性。花持ち良好。
美しい斑入りの包葉が付く。

アスチルベ
学名;Astilbe × rosea 'Peach Blossom'  
ユキノシタ科 冬季落葉種
草丈60cm前後(花丈含む)
耐寒性:強 耐暑性:強 日向~やや半日陰


More
[PR]

by koiko_77 | 2017-03-08 01:30 | シェードガーデン | Comments(0)  

恋子の“バラ以外”コレクション「寒河江」

続いては、ギボウシの寒河江です。ホスタともいいます。
d0049381_20504153.jpg
今年は立派な株に成長してくれました。この斑入りの葉が大好き。
d0049381_20513987.jpg
日当たりのいいばしょではありますが、今のところ、葉焼けもなく斑も綺麗に入っています。

[PR]

by koiko_77 | 2016-04-28 20:55 | その他のガーデン | Comments(0)  

ホワイト&イエロースプリング・ハズカム

真っ白いコデマリと、ちょっと珍しいアイボリーホワイトなブーケ咲きタイプのチューリップが咲きました。
d0049381_20574041.jpgd0049381_20535132.jpg頬を赤らめたように、ピンク色の斑が入っていたりして、かわいいです。
d0049381_2154463.jpgコデマリ。
3年前、お庭で一番日当たりのいい場所から、一番日当たりの悪い場所へと移植したのですが、今年はついに、当時の花数まで復活したようです。塀の高さを越えて枝を伸ばし、午後の日差しを浴びています。今年はアブラムシも全くついていなくて、清々しいです。
d0049381_21224945.jpg
イエイオン(ハナニラ) Ipheion uniflorum
雑草化していて、神出鬼没ですが、
まとまって咲くと、かわいいです。
d0049381_2133062.jpg
斑入りラミウムの花もいっそう満開になってきました。
d0049381_2057590.jpg
d0049381_2172158.jpg
同じく、斑入りの葉に鑑賞価値のある、
ホスタ(寒河江)。今年は二芽出てきました。

オダマキ
いつ見ても個性的な形の花です。
周囲を囲う、真っ白なネモフィラと
同系色のネモフィラが高相性です。

ナニワノイバラの花は10を越え、モッコウバラもやっと、咲き始めました。
d0049381_21322848.jpgd0049381_2132457.jpg
[PR]

by koiko_77 | 2016-04-16 21:34 | その他のガーデン | Comments(0)  

シェードガーデンにホスタを植え付け

d0049381_22195016.jpgサガエ
学名 Hosta cv.‘Sagae’
サイズ:葉張178cm×草丈75cm 大型〜超大型種
葉の大きさ:縦35cm×幅26cm
花丈:122cm・稔性・花付き良好


山形県寒河江市の名を持つ、世界的に有名なホスタ。
その株姿はまさに壮観で、アメリカホスタ協会の2000年ホスタ オブ ザ イヤーにも選ばれた。葉はフレッシュな緑からグレーがかった青緑に、外斑は明るい黄色からアイボリーへと季節を追って変化する。明るい日陰で育てると、その葉の美しさが際立つ。

→ガーデンの入り口、立水栓の脇に植える予定です。


d0049381_2219368.jpgノーザン イクスポージャー
学名:Hosta sieboldiana‘Northern Exposure’
サイズ:葉張175cm×草丈90cm 超大型種 
葉の大きさ:縦32cm×幅28cm


青緑の厚みのある葉に、クリーム色からアイボリーホワイトに変化する外斑が入る。冷涼な気候で終日高い木立などの日陰になる場所に植えると、葉の美しさがよく出る。生長は比較的ゆっくりだが、病虫害には強い品種。

→届いた苗が小さかった(他の5分の1)のが不安。
 シェードガーデンの一番奥の、終日日陰になる
 場所に植え、近くには、赤やピンクの百合を植
 える予定。立派な大株に育つといいな。

d0049381_22183341.jpgフランシス ウィリアムズ
学名:Hosta sieboldiana‘Frances Williams’
サイズ:葉張127cm×草丈80cm 超大型種
葉の大きさ:縦30cm×幅29cm
花丈:68cm・稔性・花付き良好


性質強靭で花付きも良く、大株に育った姿は存在感抜群。葉は青みがかった緑の地に、黄色からベージュに変化する外斑が入る。葉の表面は白い粉で覆われ、水滴をはじく姿がとても美しい。暗い日陰で育てた場合、葉色は暗く、斑は緑に近いシャトレーゼ色になる。

→シェードガーデンの中央に、植えました。
 バックには黄色の百合を植える予定です。

d0049381_22172789.jpg
ブレッシンガム ブルー
学名:Hosta cv.‘Bressingham Blue’
サイズ:葉張112cm×草丈75cm 超大型種
葉の大きさ:縦33cm×幅30cm


大きなブルーの葉がこんもりと茂る。冷涼な気候、
葉が密な木陰で育てると、葉の美しさは更に増す。

→シェードガーデンの一番手前に、植えました。
 白紫陽花、白いカサブランカ、白いバラ
 (マダム・アルフレッド・キャリエール)が咲く
 ホワイトガーデンのワンポイントになればいいな。



<ホスタ・ギボウシの植え付け方>
1)植える穴は 直径約50センチ 深さ40センチくらいの穴を掘る。
2)掘った土に腐葉土あるいは、ピートモスを土の量とおなじくらい混ぜあわせ、元肥も加える。
3)苗を植えつける。
4)少し土をかぶせる。
 春に芽がにょきにょきと出てきて夏に向けてどんどん大きく成長するので、
 葉の広がり具合を考えて、ギボウシの株と株の間はかなり広めにとる。

More
[PR]

by koiko_77 | 2013-11-07 23:22 | シェードガーデン | Comments(0)