タグ:旅行・おでかけ ( 120 ) タグの人気記事

 

14th anniversary at 椿山荘

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2016-10-27 01:07 | ◇旅行・美容・その他  

夏の白川郷(お気に入り夏ショット)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2016-08-30 13:00 | ◇旅行・美容・その他  

富士さんの麓でグランピング&石和温泉旅行2016

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2016-08-29 03:48 | ◇旅行・美容・その他  

北陸旅行2016

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
[PR]

by koiko_77 | 2016-08-22 21:22 | ◇旅行・美容・その他  

子連れグランピング & 温泉旅行(計画)

今年の子連れ夏旅行は、国内に決定。都心からのアクセスも良い富士山の麓で、
ワイルド&ラグジュアリーなグランピング体験旅行を計画中です。
「釣った魚を焼いて食べてみたい」、「大好きなフルーツを好きなだけ食べたい」、といった子供の要望に応えつつ、1日目は、今話題のグランピングができる宿を、2日目は、頑張ったママの身も心も癒してくれそうなラグジュアリーな露天風呂付き客室をと、値段も特徴もまったく異なる2つの宿を組み合わせて予約してみました。
さらに頑張るママ(私)は、キャンプの必需品を買いそろえたり、釣った魚のおいしい調理方法も予習中ですw
d0049381_039408.jpg
●旅行日程
1日目 自然体験&グランピング!
d0049381_0241188.jpg:00 中央自動車道 河口湖ICから15~20分
12
:00 富士西湖着 
昼食後 Pond Fishingでニジマス釣り めざせ4匹!
15
:00 PICA富士吉田にチェックイン後 PLAY PARKへ
16
:00 食材の買い出し、セッティング
17
:00 焚き火&BBQ開始
PICA富士吉田 パオ グランデに宿泊



2日目 富士山ドライブ&石和温泉!
d0049381_038473.jpg
3時に起きれば5時のご来光を五合目で見られるらしいけど。
10:00 PICA富士吉田を出発 富士五湖道路経由35分
11:00 「富士山五合目」着     
◎昼食  富士山五合目・雲海ハイキング
13:30 富士五合目を出発 富士スバルライン・ 国137経由 80分
15:00 『石和温泉郷 旅館深雪(みゆき)温泉』にチェックイン
●貸切露天風呂で家族水入らず
18:00 ◎夕食(甲州牛の陶板焼きなど)

3日目 カブトムシ獲り&ぶどう狩り!
d0049381_0385166.jpg10:00 石和温泉を出発 県道310で10分
10:20 「丸石ぶどう園」へ
●ぶどう狩り(食べ放題+お土産) 1000円
11:00 丸石ぶどう園を出発 国道20(勝沼バイパス)経由で18分
11:30 「ハーブ庭園」へ  
●カブト虫狩り体験(1620円) ◎昼食     
●宝石ハンティング体験(650円)
●ニジマスのつかみ取り(620円)
17時 中央高速で帰路に



d0049381_16311145.jpgd0049381_17152815.jpgd0049381_16314956.jpg
d0049381_0364069.jpg<ニジマスの塩焼き 手順を予習>
1. 内蔵を取る・・・ 内臓、エラ、顎も取り、お腹を水洗い。
2.串打ち・・・ キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取り
 骨を絡めるように、口から尻尾を目掛けて串を打つ。
3.塩を振る・・・ 塩をしっかりと振る。焦げやすいヒレにはたっぷりと。
4. 皮目から焼く・・・ 魚の背中側から、両側面、最後にお腹を焼く。
 (串を斜めにさすか、皮目の水分が無くなるまで焼いた後網に載せて焼く)
5.火加減・・・ 最初は強火でバッと→弱火でじっくり
 全面がこんがり仕上がったら、火力を弱めて同じ順番にじっくり火を通す。
 腹からぽたぽたと水分が落ちなくなってきたら食べごろ。
6.食べ方・・・ 豪快に背から齧り付く。
 残った背骨と頭も、二度焼きしてカリカリにすれば、骨ごと食べられるらしいです。


More
[PR]

by koiko_77 | 2016-07-26 00:57 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

アラスカクルーズ 7日目 終日クルーズ(グルメ編)

今更ながら、クルーズの写真をUP。
7日目は終日クルーズの日。これといった観光情報がないので、グルメレポートをします。

d0049381_1291170.jpgランチはまたしてもダヴィンチレストランを利用。
もう、何を食べたのか、どんな味だったのかも、
記憶がおぼろげですが、
d0049381_1285787.jpgd0049381_1284844.jpg
写真を見るに、私はポルチーニ茸のパスタ(車輪型)と鶏肉のフリット、はれくんはチーズバーガーとポテトを食べたようです。デザートはチョコレートのタルトかな。
d0049381_1283314.jpg夜、ヴィクトリアに着く予定だったので、ディナーは早い時間にクラウングリルを予約をしておきました。
d0049381_128219.jpgクラウングリルは、ステーキの専門店。お肉の、あらゆる部位がウェイティングバー横のガラスケースに陳列されてました。テーブルチャージが一人25ドルかかるのですが、結論、もっとたくさん行っておけばよかった
d0049381_128394.jpgとにかくボリュームがアメリカンで、ステーキは一番小さいフィレでも350gから!
d0049381_127516.jpg大きいのだと600g超えのもありました。前菜には、ロブスターもあり、テーブルチャージ25ドルさえ払えば、何をどれだけ頼んでも無料。
d0049381_1273493.jpg
でも、メインだけでも食べきれるか不安だった私が、控えめのオーダーをしたら、「なんでそんなに少ないんだ? ロブスターは一人一尾くらい食べなくちゃ。デザートも全種類食べられるのがあるからそれにしろ」って、けっこう強引に決められてしまいました。
d0049381_1271778.jpgで、私とはれくんは、ロブスターのポタージュスープと、ホタテの前菜、メインは一番小さい350gのフィレを、パパは、ちょっと変わったオニオンスースープと、前菜にロブスター、メインは450gサーロインのニューヨークスタイルを注文。
d0049381_1245466.jpg
付け合わせのポテトもアスパラも別盛りで、アメリカンなボリューム。よく見たら、お皿までアメリカン(星条旗)でした・・・笑。
結果としては、ロブスターも味付けがあっさりだったし、お肉もサーロインの方が脂が甘くて柔らかく美味しかったので、スープ以外はパパの注文が正解だったな!と思いました。
d0049381_1243669.jpgはれくんは、デザートに乗っていたマシュマロに、至福の笑顔。↓私の方のマシュマロもよこせと言っています。
d0049381_1241255.jpgこれが、全部盛りのデザート。まあ、スモールポーションなので完食しましたが、スイーツに関しては、めちゃくちゃうまい!というものはなかったかな。

More
[PR]

by koiko_77 | 2015-12-16 02:09 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

アラスカクルーズ 6日目 ケチカン

またしても間が空いてしまいましたが、6日目の写真をupしたいと思います。
この日は、朝、ケチカンに到着。夏場は、釣りや水上飛行機での遊覧飛行が楽しめるそうです。
d0049381_0364255.jpgd0049381_037540.jpg
この日のエクスカーションは、日本から申し込んでおかなかったため、船内で申し込もうとしたら、お目当のものは売り切れ。蟹工船に乗ってカニ漁を体験するエクスカーションを勧められましたが、前日にカニをたべすぎたため、興味がわかず、まあ、適当に観光でもしよう、と思っていたら、現地のツアーデスク(というより呼び込みのおばちゃんに)申し込み、即参加することができました。クレジットカードもOKで、たしか大人で60ドルくらいでした。
d0049381_20511039.jpgd0049381_2351320.jpg
内装が木のレトロなバスに乗って、
いざ「ワイルドライフツアー」へ出発。
d0049381_2352975.jpg
曇っていたせいか、思いの外寒くて、
はれくんはパパのダウンを奪って着てました。

正直、ほとんど期待してなかったのですが、野生のワシ→
だけでなく、
d0049381_2056379.jpg
d0049381_2055213.jpg
d0049381_205565.jpg
サーモンラダーでは、野生のブラックベアが泳いで、鮭を捕まえるワイルドなシーンも目撃できて、かなり楽しめました。

帰りは、街の中心で下車し、観光することができます。
港まではここから、徒歩圏内なので。
d0049381_20544335.jpgd0049381_20541778.jpgd0049381_2054019.jpgこのお土産やさんが並ぶ川周辺は、産卵のために遡上してきて息絶えた鮭の死骸がいっぱい浮いているせいもあり、かなり生臭いですが、お土産やさんは、アートから民芸品まで個性的なお店があって、けっこう楽しめます。
女子へのお土産に、天然蜂蜜のリップバームやハーブティなどを買いました。
d0049381_20534424.jpgd0049381_20533173.jpg名物の木こりショー・・を観覧してもいないのに、出演者のみなさんと記念撮影だけさせてもらいました。
d0049381_20531455.jpg大きなトーテムポールの前で記念撮影。
この後、レトロな消防車が並ぶ消防署(入場無料)など、フォトジェニックな場所があったのだけど、そのときちょうどカメラを持ったパパと、はぐれていたので、写真がありませーん。
d0049381_20524530.jpg船に戻って、アフタヌーンティー。はれくんはチーズバーガー、ママはエクレアなどを食べました。
d0049381_2052588.jpgディナーはミケランジェロで(はれくんが部屋で寝ている間に)、パパと二人、アラカルトのフルコースディナーをいただきました。この日は、ドレスコードがフォーマルだったので、黒いロングドレスを着ました。
d0049381_0273983.jpg日本語メニューに「キャビア」とあったので、注文してみたら「イクラ」がでてきました(笑)。
デザートは、50周年を記念した特別メニュー
「チョコレートジャーニー」から。
この日はピスタチオのチョコレートムースでした。
d0049381_2052539.jpg夜はプリンセス号の50周年を祝う、バルーンパーティ。
d0049381_2382938.jpg吹き抜けのフロアが、ディスコ(古い)のダンスフロアのようになり、生演奏に合わせて踊りました。
d0049381_205143100.jpg途中で、天井から、金色の風船が降ってくると、割れないようにそっと拾おうとする日本人(私とはれくん)に対し、アメリカ人の大人達はみな、触るそばからパンパンと割りまくるという・・日米の文化の違い(?)を目の当たりにしました。

木彫りの熊……ではありません(笑)
[PR]

by koiko_77 | 2015-12-10 20:56 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

お誕生日パーティ(家族編)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by koiko_77 | 2015-09-14 00:36 | ◆子育て&マタニティ  

アラスカクルーズ 5日目 グレーシャーベイ

8月にいったクルーズ日記、4日目で中断していたので、いまさらですが更新です。
d0049381_23331410.jpg5日目は、朝、グレーシャーベイに到着。
氷河が音を立てて崩れ、海に落ちる瞬間を観る、
クルーズのクライマックスです。
d0049381_23525194.jpg甲板の上には、防寒具に身を包んだ人たちがたくさん。d0049381_23355488.jpg前半は、甲板の一番前に陣取って、体格のいいアメリカン人たちにもみくちゃにされながら、その瞬間を見学していましたが、
d0049381_23221388.jpg途中、船が向きを変えたので、自室に戻り、
d0049381_23361897.jpgミモザ片手に、プライベートバルコニーからの
優雅な氷河見物。

すると、目の前で一番おおきな「氷河崩れ」が起き、
この部屋にしてよかったと思った瞬間でした。
d0049381_2325066.jpg
d0049381_23333371.jpg
d0049381_23223986.jpgd0049381_232303.jpgd0049381_23435595.jpg夜はカニ料理店へ。
比較的空いているなと思ったら、テーブルチャージひとり20ドルでした。
その割には、普段着で入れるファミレスのような雰囲気のお店なので、サバティーニやステーキハウスのようなお得感はありません。それでも、家族連れやふとっちょなアメリカ人でそこそこ混んではいましたね(笑)。

もう一生、カニはたべたくないと思うほど、たくさんのカニをほじほじして食べました。


クルーズ旅行の思い出投稿キャンペーン
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-04 23:16 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)  

アラスカクルーズ 4日目 スキャグウェイ

d0049381_1104231.jpg4日目は、スキャグウェイに到着。ホワイトパス鉄道にのるエクスカーションに申し込んでありました。人気のツアーで、1日に4回あるうち、私たちは、一番早い時間のツアーにしたので、サバティーニでの朝食はスキップ。
チケットには、8時に港に集合となっていたので、どうやって駅まで行くのかと思ったら、なんと、港の船着場がプラットフォームになっていて、船の正面に電車が止まっているではありませんか!
d0049381_114690.jpg列に並んでいる隙に、ちゃっかり車掌さんと記念撮影。
d0049381_0592638.jpg
d0049381_0495752.jpg「世界の車窓から」……的な?

なかなかスリリングな道のり。
d0049381_1232331.jpgこの景色の壮大さは、素人の写真では伝えられそうにありません。
d0049381_1304352.jpgこちらは、ゴールドラッシュ時代に使われていた鉄橋……ならぬ木橋。荷物運搬用の動物たちの多くが命を落とし、死の道と呼ばれたそうです。
d0049381_0511199.jpg戻ってきて、港周辺の街を散策。
d0049381_1422262.jpg後方に小さく見えているのがクラウンプリンセス号です。
d0049381_1424267.jpgゴールドラッシュ時代の街並みを再現した、かわいらしい建物が並び、走る車までがクラシック。
まるでハリウッドの映画セットの中にいるようです。
d0049381_1372393.jpg
我らが晴れ男二人のおかげで、アラスカでは珍しい快晴。素晴らしくいいお天気に恵まれました。
d0049381_0503424.jpgd0049381_0501649.jpg実に絵になる風景です。
d0049381_1345080.jpgクラウンプリンセス号をバックにパチリ。
d0049381_1342650.jpg青く晴れた空が、海を青く透き通らせ、日差しが水面に映えてキラキラと輝く……まさに、晴映くんの名前のイメージを再現したような風景です。
d0049381_2235561.jpgこの日は朝食抜きだったので、3時半から、ダビンチダイニングで、アフタヌーンティをしました。紅茶と、パティスリー、ベーカーリー、スコーンなどがいただけます。
なんとも優雅なひと時でした。
d0049381_1361329.jpg
d0049381_2214036.jpg船に戻ってデッキでパチリ。

早起きした分、1日が長く感じられます。
しかも、日没はまだまだ先。
d0049381_2314558.jpgこの日は、夏らしい日差しが暖かく、絶好の日光浴日和。
夕方は、船の後方のジャグジー&プールで遊びました。
アジア系アメリカ人のやかましい子供達がいなくて、けっこう穴場だと思っていたら、途中、全身に刺青・鼻ピアスの女子と、声の大きないかにもカルフォリニア人って感じのアメリカンレディ、映画で大きなトレーラーとかを運転してそうな長髪の白人といった家族連れが、「ご一緒していい?」の一言もなく、家族水いらずのジャグジーに乱入してきて、禁煙のプールでタバコは吸うわ、酒は飲むわで、めっちゃ怖がるはれくん。(なんだか、他の乗客と比べても、かなり品がない人たちね)と思ってそれとなく聞いてみたら、中小企業の社長さんで、妻と娘と孫を引き連れて旅行しているという。しかも、一番低層階の窓のない部屋3つに、9人だって! その後も、エレベーターやツアーなどで彼らを見かけるたびに、はれくんは、「邪悪な奴らきたー! 逃げろ〜」と、むっちゃ敬遠していました。こういう輩が寝タバコでもして、火事を起こしたりするんだろうなあ。くわばらくわばら。


気を取り直して、夜は、エニタイムシーティング(予約なしで好きな時にいけばいい)のメインダイニング「ミケランジェロ」にて、イタリアンのフルコースディナーをいただきました。こういう場所にはああいう「邪悪な」人たちはこないので、一安心(^^;)
この日は、クリームパスタがおいしくて、はれくんと取り合ってたら、もう一皿持ってきてくれたり、言われなくても日本語のメニューを持ってきてくれたり、若いのに気の利くウエイターさんに当たり、終始快適でした。
しかし! ……デジカメの充電忘れだったかな? ディナーの写真が一枚もありませんでした! (><)


クルーズ旅行の思い出投稿キャンペーン
[PR]

by koiko_77 | 2015-09-04 04:00 | ◇旅行・美容・その他 | Comments(0)