タグ:苗 ( 4 ) タグの人気記事

 

桜の苗木を買ってきてはみたけれど……

昨日、行きつけの花屋さん『Bell Flower』さんに立寄り、花苗を7つほど購入したのですが、その際に、小さな
桜の苗木を発見。「なかなか出回らないので貴重ですよ」と店員さんに勧められ、つい購入してしまいました。

でも、桜って、最終的には大樹になるので、あまり個人の庭には適さないと聞くし、
以前、盆栽のようなものをいただいたものの、枯らしてしまった経験が……。

そこで、今回は、さくらの植え方・育て方を調べてみることに。すると概ね、バラと同じ
だということがわかってきました。そういえばサクラってバラ科の植物だったわねー。
サクラは、全部で6000種類くらいあるそうですが、購入したのはどの種類だったかしら?
中には大きくならない品種もあるようなので、その辺り、確認してから植える場所を決めたいと思います。
自宅に居ながらにして、お花見ができるのはいつかなー?(笑)
さくらの植え方、育て方(ネットからの抜粋)
1.太陽の光を好むので日当りのいいところに植える。
2.植え付け間隔は十分にとる。
3.適当に湿り気があり排水の良い肥沃な土地を選ぶ。
4.苗木は、落葉後の11月中旬〜12月中旬または、2月中旬〜3月中旬頃に植える。
5.石や瓦礫を取り除き、完熟堆肥や腐葉土、緩効性化成肥料や発酵鶏糞などの元肥を入れる。
6.苗木の植え方:穴の中央に支柱をしっかり立てる。
 苗木の根の先端を良く切れる剪定鋏で5mmほど切り詰め、
 支柱に添わせて苗木を置き、よく根を広げる。接ぎ口が地表より上になるように高さを調節。
 小石などは取り除き、穴が地表と同じ高さになったら全体に軽く踏みつける。
 周りに水鉢を作り、水をたっぷりやる。接ぎ口が少し出るくらいに高さを調節。
7.整枝および剪定:「桜切る馬鹿」という諺があるが、適切な剪定を行えば大丈夫。落葉直後が適期。
8.踏圧の防止:桜は土の浅い所に根を張る性質があるため。
9.害虫予防:孵化したての幼虫は摘み取り、摘み取れない場所は殺虫剤を散布し駆除。
10.施肥:落葉期の寒肥と開花後のお礼肥の年2回。
[PR]

by koiko_77 | 2014-04-12 00:34 | その他のガーデン | Comments(0)  

ボーダーガーデンに追加する花苗

葉を楽しむボーダーガーデン……でもやっぱり、葉とラベンダーカラーだけじゃ淋しい……と、
今週は、近所のお花屋さんで、花苗を8ポット+7ポット、計15ポットを購入。
チューリップの球根を何者かに食べられてしまい、隙間が空いちゃったところに、
「即戦力」として植えようと思ってます。
スカイブルーの花と白い縁取りの入った葉っぱが個性的なルピナス・ブルーボネット×5ポット、紫色のオダマキ×2ポット、ワインレッドのオプテオスペルマム×4ポット、同じくワインレッドのキンギョソウ×4ポット
d0049381_1191669.jpgd0049381_2113037.jpgd0049381_1211715.jpgd0049381_321882.jpg

宿根草はたとえ常緑でも、葉の色や形が魅力的でないと、やっぱり飽きちゃうので、
ここは、季節ごとに一年草を植え替えるっていうのもありかなと思っていたのだけど、
ちょうどその中間くらいのもの(暑さと蒸れに弱く、一年草扱いとされている宿根草)で
お買い得な苗を見つけたので、まあ、最悪ワンシーズン楽しめればいいかと、買ってみました。
(花後の管理を頑張れば、夏越しするかもしれないしね)ここは、日当りと風通しは申し分ないんだけど、
タイルテラスに撒いた水や、降った雨水が、すべてこのボーダーガーデンに流れ込むため、
乾燥気味にすることは不可能に近い。そんな中、購入した苗は、どれも多湿を嫌うらしい。

More
[PR]

by koiko_77 | 2014-04-08 21:45 | ボーダーガーデン | Comments(0)  

宿根草の植え付け完了 4月の庭

4月5日(土)の庭
d0049381_1513868.jpg
d0049381_1382962.jpg
タイルテラス前のボーダーガーデンでは、
チューリップやビオラなどが咲き始め、
バラの新芽もぐんぐん茂ってきて、庭全体が、みるみる緑色になってきています。

ピンク系のチューリップ5種と、
ラベンダーカラーのパンジーとビオラ
色の濃い方がビオラです。
縁取りのカラーリーフは、シレネ、オレガノ、
2種類のリシマキア、シルバータイム
など。

また、ホスタの「サガエ」も、
10cmくらいに伸びてきています。
d0049381_1345357.jpg
東側の枕木花壇には、昨日届いた宿根草
植え付けました。

ジギタリス、デルフィニウム、3尺バーベナ、
ラムズイヤー、キャットミント、ペンステモン、
スカビオサ、ラベンダー、
ムスカリ、ベルフワラー、2種のベロニカ


夏越しの難しいラムズイヤー、キャットミント
ベルフラワーの3種だけは、念のため、
日向と日陰に1ポットずつ植えました。

d0049381_275445.jpg
サークルテラスに置いていた、シンセティックラタンのテーブル&チェアは、大き過ぎてお庭が隅々まで見渡せず、陽射しの妨げにもなっていたので、タイルテラスへ移動させました。

代わりに、サークルテラスのど真ん中に置いたのはチムニー。メキシコ製の素焼きのストーブです。中に炭を入れて火を炊くと、上部が煙突の役割を果たしてくれるんです。
焼き芋も、バーベキューも、その気になれば、
スモークソーセージもできちゃう優れもの。
かなり年季が入ってきてしまったけど、
そのシャビーな感じも、気に入ってます。

d0049381_3225529.jpgd0049381_3225380.jpgd0049381_3224174.jpgd0049381_322190.jpg
ガゼボの四隅に植えてあるつるバラは、
レオナル・ド・ダヴィンチ、ジャスミーナ、アルベリック・バルビエ、ロココです。
ハーブや宿根草を植えてあるそれぞれの株元では、秋に種まきしたカモミールが育っていました。
d0049381_273057.jpg
お庭側から、
コンサバトリー(ガーデンルーム)
を撮ってみました。

折れ戸を全開にしたガーデンルームの
特等席で、ジュースとお菓子を食べながら、
youtubeを見ているのは、もちろんハレ君。

お庭の手伝いは、とっとと終えてしまい、
ドラえもんやらコナンやら、妖怪ウォッチやら
と楽しんでいるのでした。今からこんなに目を
酷使してたら、小学生になるころには、きっと、
コナンくんみたいな眼鏡が必要になるね。
d0049381_28594.jpg
続いては、タイルテラス側からの一枚。

12年目を迎え、巨大化したキングローズ。
今年は、構造物に沿って誘引したので、
すっきりした感じになっています。

キングローズのダブルアーチの下には、
足長のアイアンスタンド×テラコッタ鉢を
対になるように置いてます。
植えてあるのは、チェリーセージ

やっぱり、ウッドフェンスはサイズを高くして、
隣地の駐輪場の屋根を、隠すべきだったかも。
d0049381_365936.jpg

せっかく庭の隅々までお掃除したのに、どうやら明日は嵐がくるみたい……とほほ(TT)
[PR]

by koiko_77 | 2014-04-06 02:09 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)  

宿根草24ポットが届きました

つい最近、10種類もの宿根草の種を買ったばかりなのに、来年の開花が待ち切れず、結局、苗も買ってしまった。
以前にも2セット購入したことのある、とってもお得なお任せセット
普通のお花屋さんではなかなか高価だったり、入手困難だったりする宿根草が、
24ポットも入って、たったの3,000円!しかも税・送料込なんです
(って、今ショップを見に行ったら、8%の消費税240円がそのまま外税となって、
 3,240円に値上げされてました。ん? これって、便乗値上げじゃ……?)。
まあ、私は、増税前の3月31日に駆け込み注文したので、3,000円ですみましたが・・・(笑)

また、今回は「ブルーか紫のお花を中心に」などと、いろいろリクエストしてみたところ、
けっこう応えていただき、みごとにブルー系のお花ばかりが12種類×2ポットずつ入っていました。
そもそも、ブルー系の宿根草だけで、こんなに品揃えがあるなんて、それだけでも驚きです。
しかも、欲しかったデルフィニウムやキャットミントも入っていて、大満足!

d0049381_2121938.jpg1)三尺バーベナ h100cm
とても強健な性質で寒冷地から暖地まで幅広く植えられる
宿根タイプのバーベナ。株も越冬するうえ、こぼれダネで
とても殖え群生する。背が高くなり細身の草姿なので、
他の草花を邪魔せずよく調和する。風に揺れる姿が美しい。

2)ジギタリス キャメロット ラベンダー h100cm
d0049381_21212796.jpg淡いピンク系の花色 咲き始めはクリーム色で、徐々にラベンダーがかったピンクが濃くなる美しい。
大型で、見ごたえのある品種。

  バラとの相性もよさそうです→
d0049381_21223821.jpg
3)デルフィニウム
ムーンライトブルース

h50〜80cm
明るいブルーに黒目のワンポイントが美しい。日当たりが良く、排水の良い土地が向く。

d0049381_7202633.jpg
4)ラムズイヤー
h30〜80cm
地際を這うように広がり、初夏に花を階層状に咲かせる。
綿毛で覆われた銀白色の草姿と紫の花色が上品な雰囲気。
夏越しが難しいので、半日陰に高植えにするのがよい。
夏場は、枯葉を整理してなるべく風通しをよくする。
d0049381_2191525.jpg
d0049381_21495453.jpg
5)ペンステモン アラベスク バイオレット h45cm
寒さ、暑さに強く強健。花茎が丈夫で真っ直ぐ立ち、
美しい花姿を長期間保つ。
d0049381_2151050.jpg
6)ネペタ ブルーキャットミント h30cm
大きめの明るいブルーの花がたくさん咲く品種。
草状に立ち上がり、まとまって咲き花姿が美しい。
強靭で、日向〜半日陰で育つ。花後に3〜4節残して
短くカットすると 再び伸びて姿良く咲く。
冬は短く切り戻して株を休ませる。
d0049381_21215177.jpg
7)ラベンダー エレガンス・スカイ h30cm
耐寒性のあるイングリッシュラベンダー。分枝性に優れ
病気にも強い。花穂が大きく、花立ちがよいのが特長。
d0049381_21302143.jpg
8)スカビオサ ピンクッションブルー h30cm
淡い青紫色のやさしい花色。春から秋まで
長い間繰り返し咲く。小型で宿根性の松虫草。
d0049381_2131479.jpg
9)ベロニカ オックスフォードブルー h10cm  
地面を這うタイプで、グランドカバーにも使える。
耐寒性あり、南関東なら戸外での越冬OK。
耐暑性あり、夏越しも可能。
d0049381_89649.jpg
10)斑入りベロニカ ミフィーブルート h10cm
日当たり、水はけの良い場所を好むが、暑さに弱いので、
夏場は蒸れなどに注意し風通しの良い半日陰で管理。
挿し木で増やせる。
d0049381_21534031.jpg
11)ムスカリ ブルーマジック h20cm
花後の花茎は付け根から切り取るが、葉は切らない。
日当りと水はけのよい場所に数年植えっ放し。適宜株分け。

12)カンパニュラ ベルフラワー h10cm
日当りを好むが、暑さと蒸れに弱く、
夏越しが難しいため一年草扱い。


ブルー系の花は、概して、高温多湿が苦手で、水はけ良い用土を好む植物が多い。
特に、カンパニュラやラムズイヤーなどは、真夏になる前に、強剪定する必要がありそう。
土質も日当りもあまりよくない東側の花壇に植える予定だけど、うまく育ってくれるかな?
ムスカリはすでに花が咲いているけれど、他の宿根草が咲きそろうのは、初夏あたりかな〜。

More
[PR]

by koiko_77 | 2014-04-04 21:59 | 宿根草・種まき・挿し木 | Comments(0)