鉢バラのマルチング、必要性を痛感!

鉢植えにしていたバラ(フランソワーズジュランビル)がとうとう枯れてしまい、
本日、鉢の土を掘り返してみたら、やっぱり。
コガネムシの幼虫が10匹以上出てきました。
バラの白根を食べてしまう、にっくき害虫です。見た目もちょーキモいし。
庭の鉢植えには、不織布+バークチップでマルチングをしていたのですが、
2階テラスのバラは、マルチングをしていなかったのです(><)。

全部退治して、土も入れ替えて、挿し木で増やしておいたキングローズを植えました。
となりのアブラハムダービーは、オベリスクがあるので、掘り返せませんでしたが
怪しい感じ。念のため、不織布+バークチップで応急処置しておきました。
コガネムシが卵を産み付けるのは夏なので、それまでにマルチング材を買い足さなければ!
d0049381_20123039.jpg
2年前から、庭の鉢植えのマルチングに使っているバークチップは、
コガネムシ対策にはとても有効だったのですが、
小さくて軽いので風で飛んでしまう+土と混じりやすいので消耗が早い。
何か別のもので代用できないかと探していたところ見つけました。
水を含ませて、ドロ状態にして伸ばすように敷くだけ。
風で都部ことも、流出による消耗も少なくて、使いやすい。
雑草予防にもなって見た目も◯と、楽天のレビューも高得点。
40L×2袋セット=80L+送料込みで3千円を切るお値段。
速攻でポチしました。

恋子流「鉢バラのマルチング」その後の成果についてはこちらをご覧ください。



More
[PR]

# by koiko_77 | 2018-04-08 20:14 | ローズガーデン | Comments(0)  

2018.3.31 (4)つるバラたちの様子

ここ一週間の暖かさで、一気に芽吹いてきて、
お庭全体が緑色になってきました。

記録を兼ねて、以下は、2018.3.31 つるバラたちの様子です。
d0049381_06375233.jpg

上段左は、グラハムトーマスは
屋根を越え日照を得て、飛躍的に成長してます。

上段中央は、鉢植えのラベンダラッシー。
昨年は蕾をつけた途端ゾウムシにやられて、
一輪も咲かせられなかったので、今年は厳重にパトロールしなくては。

上段右は、ひしめくつるバラたち。
ラレーヌ・ビクトリア…だったはずの株は、
台木のノイバラだけが生き残り、今年もすごい勢いで成長中。
2年くらい前に植えたピエールドロンサールは
成長期真っ只中で、新しい米猿シュートを何本も出してます。

中段左、日陰に強いニュードーンが、
手前のピエールドロンサールを押しのけ、
長いシュートを階段の柱から踊り場へと伸ばしていて、
今もっとも成長が楽しみなバラ。

中央は、マダムアルフレッドキャリエールの蕾。
3/31時点ですでに蕾をつけているバラは、
他にミッシェルメイアン、スパニッシュビューティ、
ノイバラ、モッコウバラくらいでした。

中段右は、スパニッシュビューティと春風。

下段左は、我が庭からはみ出し、
隣地の駐輪場の屋根を覆うつるバラたち。
屋根の全長は約10mで、奥から、ポールズヒマラヤンムスク、
マダムアルフレッドキャリエール、キングローズ、
ラジオタイムズ、黄モッコウバラ、グラハムトーマスと続きます。
屋根の上はとても日当たりと風通しがいいので、
元来丈夫で生育旺盛のバラたちは、毎年ぐんぐん伸び、
約3年でここまで覆ってしまいました。

下段中央は、大好きなタワーブリッジ。
このバラも、台木のノイバラが伸びてしまい、切らずに誘引して
おいたら、今年はとうとうたくさんの蕾をつけてしまいました。
自ら光合成で栄養を作りタワーブリッジにもわけてくれるようなら
そのまま、逆にタワーブリッジが弱るようなら、
切ってしまうつもりです(今年が見極めどころかな)。

下段右は、ガゼボのレオナルドダビンチ…のはずが、
対角から伸びてきたアルベリックバルビエにすっかり覆われてしまってます。
株元にはセージやガウラなどを植えています。
昨年足元に植えたバラは、たぶん修景のサティーナかな。

d0049381_06332135.jpg

2枚目の写真。
上段左は、鉢植えのERたち。
左からL.D.ブレスウェイト、タワーブリッジ、
イングリッシュ・ヘリテイジです。
鉢植えにして5年以上経つので、今年花付きが悪ければ、
他のバラと植え替えかなー。
一番右、一昨年植えたラベンダラッシーにくらべると
「葉」がスカスカなのがよくわかります。
生育不足の原因は「根」かな?コガネムシの産卵については
対策(不織布とバークチップでマルチング)はしているけれど……。
自動潅水だし、乾きやすいし、この場所は、
上のアプローチデッキや階段から、土埃が常に落ちてくる場所
なので、黒点病にもかかりやすいのです。

中段左は、おまけでいただいたバラ。
日陰に強いアルバータイン?ということで、
ここに植えましたが、昨年咲いたら違いました(^^;)
たぶんコーネリアじゃないかと思います。
我が家では文字通り「日陰の存在」です。

中段右は、DIYした「パーゴラもどき」に誘引している
マダム・アルフレッド・キャリエール。
昨年の夏に飛躍的な成長を遂げ、今年は隣地の屋根を
完全に覆うことができました。

下段左は、キングローズのダブルアーチと隣地の屋根。
下段右は、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクです。
今年こそたくさん咲いてくれそうな予感ですが、
「空の青さを背景に咲く、桜のようなバラを見上げる」
夢見ていたけれど、
隣地の屋根は、上から見ることしか出来ません(==)。
もう少し細いシュートが増えたら、サンキャッチャーを
つけて、シダレ桜のような仕立てにしてみようかな。

[PR]

# by koiko_77 | 2018-04-01 08:28 | ローズガーデン | Comments(0)  

2018.3.31 (3)花は「黄色」から咲く

2018.3.31の備忘記録3<蕾と花確認>

今年も、お庭で真っ先に咲いたのは、いずれも黄色いお花でした。

左上は、クロッカス、右上はモッコウバラ、
左下は、かのカロライナジャスミン、右下はラミウムです。
d0049381_07325376.jpg
我が家には、黄色いお花はあまり多くありません。
その理由は、あまり好きじゃないからです。
バラはピンクがメイン、一緒に植える植物は、
そのピンクが映えるようにと、ブルーや紫がメインです。
ここに黄色が入ると、
雰囲気が、公園の花壇みたいになっちゃうでしょ?
だから、黄色い花を咲かせるつるバラ
「グラハムトーマス」さえも、
お庭の一番はしっこに植えています。

公共工事の花壇や、団塊の世代(主に初心者)は、
赤・黄・白・青・紫・ピンク・オレンジと
節操なく、色とりどりの花を植えちゃうことが多いですよね。
「ザ園芸」って感じ。センスも統一感もない。
かくいう私も、「ガーデニング」を始めた頃はそうでした。

でも、他のピンク&ブルーな花たちが咲き始める前に、
新緑のこの時期に咲いてくれる黄色い花
(クリームイエローの)なら、まあOKかなと。



[PR]

# by koiko_77 | 2018-04-01 08:20 | その他のガーデン | Comments(0)  

2018.3.31 (2)モッコウバラの整理 宙に浮くダブルアーチの完成

2018.3.31
夏から暴れまくっていたモッコウバラを整理しました。

夏の台風や春の大風のたびに、
倒れるのではと心配していたモッコウバラの生垣(?)に、
アーチをもう一つ追加し、枝を極力アーチに沿わせて誘引。
すでに蕾がついてる状態で作業したので、時々蕾を
傷つけてしまい、いくつも落ちてしまいました。
本当は芽吹く前、あるいは開花後にすべき作業でしたね。
それでも蕾は、無数にあるから大丈夫!

写真1。誘引する前(3/21)と、誘引後(3/31)。
左は、暴れまくったシュートをひとまとめにしておいた状態(ぐちゃぐちゃ)。
右は、フェンスと二つのアーチに極力そう形で誘引した状態(すっきり)
10日間で、新芽が伸びているので分かりづらいかもしれませんが(汗)
d0049381_07372517.jpg


写真2。では、こちらの写真はどうでしょう? 
別の角度から見た、ビフォーアフターです。
上の写真(誘引する前 3/21)では、
 太いシュートが暴れまくっていますが、
下の写真(誘引後 3/31)は、
 こんもりとしながらも整ってるでしょう?
(え? やっぱり分かりづらいって・・・==;)
d0049381_07451682.jpg

ついでに、今年は、カロライナジャスミンを、
大胆に「整理」しました。これは、10年ほど前に、
30円くらいで売っていた処分苗を買ってきて、
試しに植えたのが始まり。
玄関先に香る花があれば素敵かなーと。

ところが、ジャスミンとはいえ、香りはまったくなく、
つるが恐ろしいほどに伸びる割には
あまり花が咲きませんでした。
その証拠に、わがブログに写真が掲載されたことは
ほとんどない(ゼロかも)。
その上、常緑なのに代謝がいいため、
一年を通して「落ちる葉」の量が半端なく、
日々その掃除に悩まされ続けていたのです。

なのに、なぜ今まで放置してしまったのか!
自分でも不思議。自分が育てたし、生き物だから殺せない!
そんな臆病者の私は、根元からばっさりいくことができず
まさに今花の咲いている部分と株元を残してしまった!
ここからまた新しいつるが出始めるかもしれず(ガクブル)、
その場合はもう、根元からばっさり行かせていただきます!
(そういえば、職場にもいるなあ、こういう存在の人!笑)

写真3。「誘引後の姿」を様々な角度から。
フェンス+二つのアーチで4つ足になったので、
これなら、多少の強風がきても大丈夫だし、
毎年夏にビュンビュン伸びるシュートも、無駄なく使えるかな。
開花は4月上旬。わりとあっという間に咲き、
あっという間に散ってしまいます。今日は一輪だけ咲いてました。

ちなみに、このダブルアーチは、路地とアプローチデッキにまたぐように設置したので、
下の庭(タイルテラス)から見上げると、宙に浮いて見えます(見えるはず)。
昨日は写真を撮り忘れましたが、満開になったら、下から見た写真もupしますね。
d0049381_07335560.jpg


[PR]

# by koiko_77 | 2018-04-01 08:04 | ローズガーデン | Comments(0)  

2018.3.31 (1)少し早い春の訪れ 植物たちの芽吹きにワクワク

3月31日。今日も朝から庭仕事。
パトロールがてら写真を撮ってみましたので、<本日の作業記録>も兼ねて下記します。

2018.3.31 芽吹いた植物たち
d0049381_00102989.jpg
上段左から、ラミウム(黄色い花がかわいい)、
芍薬とクレマチス(やや日照不足。今年は咲いてくれるかな)。

中段の左は、アリウム・パープルセンセーション
(昨年植えた時より、一回り小さくなってしまった)、
ネモフィラ・ブラック(こぼれ種で今年もたくさん咲きそう)、
ブルーキャットミント(2年前に20株くらい植え、
半分くらいは枯れてしまったみたい)。

下段は、今年苗で植えた宿根リナリア、ジギタリス、
デルフィニウム(茎が折れやすいので取り扱い注意。
8株植えた内の一株は、早くも根元から腐ってご臨終してました)

他にも、ギボウシ(ホスタ)やアジサイ、
イチゴなども芽を出していて、この時期は、
「いよいよ(お庭シーズンの到来)だなー」とワクワクします。
やっぱり春は最高!

<2018.3.31 今日の作業>
・つるバラの見回り
 新芽が出ているか、病気や虫がないか、など。
 そろそろ消毒が必要だけど、とりあえずは散水で予防。
 枯れ枝や、成長の止まった枝を剪定。誘引の修正。
・ナニワノイバラは今年も咲きそうにない。
・台木のノイバラが伸びたもの、たくさん蕾をつけていた。
 どうすべきか?
 1.コーネリアの台木:ガゼボのてっぺんから新芽がはみ出している。
 2.ラレーヌビクトリアの台木:メイクイーンなどのつるバラが影に。
 3.タワーブリッジの台木:マダムAと平行に誘引しておいたら、
  すごく伸びて、蕾もたくさんつけていた。
  やはり栄養が持っていかれちゃうから切ったほうがいいのかな。
・アイビーの整理、雑草退治
 カタバミと、朝顔と、ヤブカラシがしつこい。
・散水:タイルテラス、そろそろ高圧洗浄が必要かも
・モッコウバラ:誘引をやりなおしました。かなりスッキリ。
・カロライナジャスミンを大幅に剪定。
 切った枝が大量すぎて、捨てるのが大変そうだけど
 毎週末、枯葉の掃除してたので、
 それがなくなると思えば!少しは楽になるといいな。
・2階テラス
 1.ゼラニウムを整理。挿し芽で株の更新をする。
 (撤去しようと思いつつ、やはり今年も残すことに)
 2.アブラハムダービーに施肥。
 3.先週植え替えたアルベリックバルビエの苗が、
  すでにしぼんでいた。枯れちゃったかな?(涙)




[PR]

# by koiko_77 | 2018-04-01 07:34 | ローズガーデン | Comments(0)  

庭仕事 備忘録

2-3月にしたことを、備忘を兼ねて整理。

2-3月 バラの剪定と誘引
自分でやる方がいいと痛感。
d0049381_23471789.jpg
d0049381_23491248.jpg

3月 バラ(庭)肥料購入
もみがら くん炭(くんたん)2L199円
大和 配合肥料(油かす・骨粉入り))10kg 3,049円
お馬の堆肥 40L 799円
お馬の堆肥 40L 589円×2=1,178円
花ごころバラの肥料 1.8kg899円×2=1,798円 計7,023円

3/3(土)午前 3/4(日)午前・午後
除草・古い剪定枝の処分・バラの施肥
棘に刺されながらの過酷な作業。カタバミやヤブカラシの根っこがしつこい。
でも、終わってみれば庭が綺麗になって、気分爽快。
花壇のジギタリスたちはほぼ壊滅していて、やはりこのままでは物足りないので、
ジギタリスとデルフィニウムの苗を買うことに。

3/7(水)宿根草 花苗追加購入
ジギタリス アプリコット 4ポット パープレア 4ポット
デルフィニウム ブルー 4ポット、ホワイト 4ポット 合計3,400円(送料込み)
d0049381_23593468.jpg
3/10(土)午前 宿根草植え付け
ジギタリス:アプリコット、4ポット、パープレア 4ポット
デルフィニウム:ブルー、4ポット、ホワイト 4ポット
いつもはランダムに植えるのですが、今年はイングリッシュボーダー
っぽくなるように同じ種類ごとにまとめて植えてみました。
昨年植えたアリウムは半分くらいは芽が出ていたので、
一箇所にまとめて植えました。

3/10(土)午前 南側壁にバラを誘引
アルベリックバルビエとフランソワーズジュランビルだと思われる挿し木バラ。
夏にものすごく伸びて、お化けのよう。二階へとワイヤーで吊ってみた。
今年の春夏で順調に伸びれば、二階のテラスに届くこと間違い無し。
ホワイトローズスティックを、窓枠に固定してみたけれど、
強風で落ちてしまった。100均で購入したフックは、粘着力が弱い。
クリップは、やはりステンンレスじゃないと錆びる。
パレードもキングローズも順調に新芽を出していた。

3/10(土)夕方 モッコウバラのフェンス解体→アーチ追加
カロライナジャスミンを整理して、モッコウバラも少し整理が必要。
暗くなってしまったので、残りは来週以降に持ち越し。
d0049381_00112854.jpg
3/17(土)午前 南側バラ、アイアンフェンスを設置
カロライナジャスミンのつるを整理して、アイアンアーチを追加。
空高く伸びていたモッコウバラのツルを誘引しました。
そしてここに使っていたアイアンフェンス2枚を取り外し、家の南側に移設。
パレードとフランソワーズジュランビル(バルビエ?)を誘引しなおしました。
パレードのツルは、一年で、180cmあるアイアンフェンスの
上部(8合目あたり)まで届く大きさになっていましたが、
インドアガーデンから眺めるには、まだまだの高さです。
d0049381_00052001.jpg
タイルテラスの鉢バラには、バラ用の肥料と骨粉入り油かす肥料、
馬ふん堆肥やもみ殻くん炭などを混ぜ込み、
仕上げは、不織布とバークチップでマルチングしました。
この、コガネムシの産卵防止用に数年前から使っているバークチップは、
軽くて目減りしやすいので、今年も追加購入が必要かも。

花壇では、芍薬、クレマチス、ギボウシ、アリウム、
その他いくつかの植物が芽を出していました。
d0049381_00031664.jpg
ボーダーガーデンには、ようやくアリウムの芽が出始め、
ネモフィラのこぼれ種も、たくさん芽吹いています。
d0049381_00144730.jpg
鉢植えのマーガレットの葉っぱが紅葉しているので、来週あたり、
綺麗にしつつ、幾つかの枝を、ボーダーの空いているところに挿してみようかな。
(昨年も挿したのに、花が咲く前に飽きてしまって、抜いてしまったのでした)

3/21(祝)2階テラスのバラを整理
朝からの雨がやがて昼前には雪に変わり、今日の庭仕事は断念することに。
ただ、数年にわたりブラインドしていた鉢植えのフランソワーズ・ジュランビルは
完全に枯れてしまっていて、雑草を抜いたら一緒に根っこごと外れてしまったので、
トレリスのワイヤーを外して除去。他の鉢バラ(挿し木で増やしたもの)も、
ひとつを残して枯れてしまっていたので、廃棄しました。
せっかく挿し木でせっせと増やしたのに、増やしすぎて植えるところがないまま、
夏の水やりを怠り、結局ほとんどを枯らしてしまいました。
とうとうご臨終したフランソワーズ・ジュランビルの子孫が、
今年は庭のどこかで咲いてくれることを祈っています。
空になったトレリスには、昨年唯一生き延びたクレマチスを誘引してみようかな。

<今後の予定>
3/24(土)玄関&2階テラスの鉢バラ
玄関先にある鉢植えのER(セントスウィザン)は、日当たりがよくなってきたせいか
秋に花を咲かせた後、剪定もしていなかったのに、すでに芽吹いています。
枯れた枝だけを整理して、肥料と馬ふん堆肥を混ぜ込みます。
d0049381_00042974.jpg

とうとうご臨終したフランソワーズ・ジュランビルの代わりに、
昨年挿し木で増やし、庭に植えていたアルベリックバルビエを
植えようかと思っています。テラスの鉢は、最小限に減らして、
ハーブやルッコラなど使い勝手のいい葉野菜の種を蒔く予定です。

その他のバラに施肥。
庭の花壇の端に、剪定枝を挿しておいたら、
しっかり根付いて、昨年、初めて花をつけました。
そのバラの名前はタワーブリッジ。
我が家のトップスターの子孫です。
現在、高さ60−80cmのシュートが数本伸びています。
今年は、この高さのまま(弱剪定で)シュラブ仕立てにして、
シュートがもっと高く伸びてきそうだったら、
移植またはオベリスクを設置してみようかな。


[PR]

# by koiko_77 | 2018-03-11 01:40 | ボーダーガーデン  

ラナンキュラスと宿根リナリア・プルプレア

庭の整理が終わったので、
今年の春に咲かせる花の苗をネットで購入しました。

手前のボーダー花壇には、
華やかな「ラナンキュラス(5球植え)」×4ポット、
メインガーデンの花壇には、
3色の「宿根リナリア・プルプレア」を植えることに。
d0049381_00442140.jpg
ジギタリスとアリウムは昨年植えたのが
今年も咲いてくれることを祈りつつ。
シェードガーデンに植えたギボウシや
アジュガも、無事生きててくれるといいのですが!



[PR]

# by koiko_77 | 2018-02-19 00:46 | ボーダーガーデン | Comments(0)  

つるバラの剪定と誘引・・・けっきょく自力でやりました

つるバラの剪定と誘引 2018
d0049381_01162875.jpg
今年も結局、業者さんにアウトソーシングすることなく
自分でやってしまいました。
今年もまた、こんな風に、綺麗に咲いてくれますように!
d0049381_00282295.jpg



つるバラの剪定と誘引(2018)
[PR]

# by koiko_77 | 2018-02-18 23:43 | ローズガーデン | Comments(1)  

夏中放置、それでも咲いた強かな秋バラたち

d0049381_12225102.jpg
「バラは女性と同じ」が私の持論なのですが、
かまってあげなくても咲いてくれて、ここまで美しいバラは珍しいです。
たいがい美しいバラは手がかかるし、丈夫すぎるバラは飽きられるので。
そういう意味で、この正統派イングリッシュローズのLDブレスウェイトと、
出生不明(愛人の子供)という噂もあるタワーブリッジは、
まさに「理想の妻」系か? と思いきや、
前者には大きくて刺さるとめっちゃ痛い棘があり、
後者には細くて刺さるといつまでもチクチクする棘があるので、
どちらもなかなかのツワモノです!
ちなみに我が家の庭は、
お金をかけてかまってあげないと綺麗に咲いてくれないくせに、
かまうとちょいちょい刺してくるという
「魔性の女系・SMの女王系・愛人系」が多く、
私は彼女たちの「奴隷」状態……笑。
d0049381_12024605.jpg

[PR]

# by koiko_77 | 2017-11-19 12:05 | ローズガーデン | Comments(0)  

受賞速報!「ハイポネックス咲かせま賞」コメリガーデニングコンテスト

某シナリオコンテストで惜しくも入賞を逃し、がっかりしていて忘れてましたが、今、思い出してガーデニングコンテストの結果を確認したところ、なんとか入賞を果たしておりました(20/935)。コメリのコンテストでは、5度目(大場賞1回、グランプリ1回、ハイポネックス咲かせま賞は3回目)の入賞です。

応援してくださった皆様、コメントを投稿してくださった皆様に感謝!

ありがとうございました!!
d0049381_22092070.jpg

d0049381_22082382.jpg

審査員のコメント

ハイポネックス咲かせま賞
株式会社ハイポネックスジャパン 猪俣正道 氏

これだけたくさんの種類のバラ、そしてジキタイスやアリウムをきれいに調和させ、立体的なリゾートガーデンを創り上げられる腕前、「お見事!!」です。迫力と美しさに圧倒されました。


No.A265
バラは横顔も素敵
d0049381_08190893.jpg


◎恋子のガーデニングコンテスト受賞歴◎
[PR]

# by koiko_77 | 2017-10-29 15:31 | コンテスト | Comments(0)