シェードガーデンに『アナベル』と『斑入ギボウシ』を投入

d0049381_172753.jpg我が家のシェードガーデン(2016年4月)。

何年か前に、大好きな斑入りのラミウムを4種類ほど植えたのですが、唯一生き残ったのがこの黄色い花を咲かせるこのラミウムでした。見た目からして丈夫そうですね。
d0049381_175428.jpg今やシェードガーデンのグランドカバーとして、
大活躍してくれています。
d0049381_182571.jpg
ランナー(地下茎)を伸ばして増えるタイプなので、
根付いた子株をランナーを切って移植すれば、
すぐに活着しますし、20cmほどの茎を切り、
適当に土に挿しておくだけでも容易に増えます。
d0049381_183814.jpg階段下や、人工芝の切れ目など、ちょっと不自然になっているところをうまく隠したり(右)、植物の間に空いたスペースを埋めるのに(上)も役立ちます。ほぼ常緑で斑入りの葉がきれいなので、あちこちで他の植物の引き立て役にもなってくれ、切り花を飾る時などにも使えて、重宝しています。

d0049381_22172789.jpgd0049381_22183341.jpgd0049381_2219368.jpg
数年前に植えたはずのホスタ3株が、いまだ顔を見せておらず、白紫陽花も花芽が付いてません。
d0049381_22322884.jpgd0049381_22392348.jpgd0049381_22425446.jpgd0049381_22565967.jpg

同時に植えた4色のカサブランカ百合も、何かの拍子にシャベルで球根をぐさっとやってしまったことがあり、
今年はどうなることやら。
d0049381_1432761.jpg
そこで今日は、白アジサイの『アナベル』と『斑入ギボウシ(ホスタ)』のセットを購入。上記のシェードガーデン(半日陰)に植えるつもりです。が、アナベルは、他のアジサイと違って、日向を好むそうです(まあいいか)。

d0049381_1362479.jpgd0049381_136671.jpg
ヤフオクにて購入した斑入ギボウシとアナベルのセット。
(3号ポット苗)



ヤフオクにて。
斑入ギボウシ(3号ポット苗)と
アナベル(3号ポット苗)のセット。
1,000円+送料382円
[PR]

by koiko_77 | 2016-04-21 01:54 | シェードガーデン | Comments(0)  

<< ミックスボーダー・宿根草の成長記録 5月15日は恋子の日「恋子のオ... >>