2018.3.31 (4)つるバラたちの様子

ここ一週間の暖かさで、一気に芽吹いてきて、
お庭全体が緑色になってきました。

記録を兼ねて、以下は、2018.3.31 つるバラたちの様子です。
d0049381_06375233.jpg

上段左は、グラハムトーマスは
屋根を越え日照を得て、飛躍的に成長してます。

上段中央は、鉢植えのラベンダラッシー。
昨年は蕾をつけた途端ゾウムシにやられて、
一輪も咲かせられなかったので、今年は厳重にパトロールしなくては。

上段右は、ひしめくつるバラたち。
ラレーヌ・ビクトリア…だったはずの株は、
台木のノイバラだけが生き残り、今年もすごい勢いで成長中。
2年くらい前に植えたピエールドロンサールは
成長期真っ只中で、新しい米猿シュートを何本も出してます。

中段左、日陰に強いニュードーンが、
手前のピエールドロンサールを押しのけ、
長いシュートを階段の柱から踊り場へと伸ばしていて、
今もっとも成長が楽しみなバラ。

中央は、マダムアルフレッドキャリエールの蕾。
3/31時点ですでに蕾をつけているバラは、
他にミッシェルメイアン、スパニッシュビューティ、
ノイバラ、モッコウバラくらいでした。

中段右は、スパニッシュビューティと春風。

下段左は、我が庭からはみ出し、
隣地の駐輪場の屋根を覆うつるバラたち。
屋根の全長は約10mで、奥から、ポールズヒマラヤンムスク、
マダムアルフレッドキャリエール、キングローズ、
ラジオタイムズ、黄モッコウバラ、グラハムトーマスと続きます。
屋根の上はとても日当たりと風通しがいいので、
元来丈夫で生育旺盛のバラたちは、毎年ぐんぐん伸び、
約3年でここまで覆ってしまいました。

下段中央は、大好きなタワーブリッジ。
このバラも、台木のノイバラが伸びてしまい、切らずに誘引して
おいたら、今年はとうとうたくさんの蕾をつけてしまいました。
自ら光合成で栄養を作りタワーブリッジにもわけてくれるようなら
そのまま、逆にタワーブリッジが弱るようなら、
切ってしまうつもりです(今年が見極めどころかな)。

下段右は、ガゼボのレオナルドダビンチ…のはずが、
対角から伸びてきたアルベリックバルビエにすっかり覆われてしまってます。
株元にはセージやガウラなどを植えています。
昨年足元に植えたバラは、たぶん修景のサティーナかな。

d0049381_06332135.jpg

2枚目の写真。
上段左は、鉢植えのERたち。
左からL.D.ブレスウェイト、タワーブリッジ、
イングリッシュ・ヘリテイジです。
鉢植えにして5年以上経つので、今年花付きが悪ければ、
他のバラと植え替えかなー。
一番右、一昨年植えたラベンダラッシーにくらべると
「葉」がスカスカなのがよくわかります。
生育不足の原因は「根」かな?コガネムシの産卵については
対策(不織布とバークチップでマルチング)はしているけれど……。
自動潅水だし、乾きやすいし、この場所は、
上のアプローチデッキや階段から、土埃が常に落ちてくる場所
なので、黒点病にもかかりやすいのです。

中段左は、おまけでいただいたバラ。
日陰に強いアルバータイン?ということで、
ここに植えましたが、昨年咲いたら違いました(^^;)
たぶんコーネリアじゃないかと思います。
我が家では文字通り「日陰の存在」です。

中段右は、DIYした「パーゴラもどき」に誘引している
マダム・アルフレッド・キャリエール。
昨年の夏に飛躍的な成長を遂げ、今年は隣地の屋根を
完全に覆うことができました。

下段左は、キングローズのダブルアーチと隣地の屋根。
下段右は、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクです。
今年こそたくさん咲いてくれそうな予感ですが、
「空の青さを背景に咲く、桜のようなバラを見上げる」
夢見ていたけれど、
隣地の屋根は、上から見ることしか出来ません(==)。
もう少し細いシュートが増えたら、サンキャッチャーを
つけて、シダレ桜のような仕立てにしてみようかな。

[PR]

by koiko_77 | 2018-04-01 08:28 | ローズガーデン | Comments(0)  

<< 鉢バラのマルチング、必要性を痛感! 2018.3.31 (3)花は... >>