鉢バラのマルチング、必要性を痛感!

鉢植えにしていたバラ(フランソワーズジュランビル)がとうとう枯れてしまい、
本日、鉢の土を掘り返してみたら、やっぱり。
コガネムシの幼虫が10匹以上出てきました。
バラの白根を食べてしまう、にっくき害虫です。見た目もちょーキモいし。
庭の鉢植えには、不織布+バークチップでマルチングをしていたのですが、
2階テラスのバラは、マルチングをしていなかったのです(><)。

全部退治して、土も入れ替えて、挿し木で増やしておいたキングローズを植えました。
となりのアブラハムダービーは、オベリスクがあるので、掘り返せませんでしたが
怪しい感じ。念のため、不織布+バークチップで応急処置しておきました。
コガネムシが卵を産み付けるのは夏なので、それまでにマルチング材を買い足さなければ!
d0049381_20123039.jpg
2年前から、庭の鉢植えのマルチングに使っているバークチップは、
コガネムシ対策にはとても有効だったのですが、
小さくて軽いので風で飛んでしまう+土と混じりやすいので消耗が早い。
何か別のもので代用できないかと探していたところ見つけました。
水を含ませて、ドロ状態にして伸ばすように敷くだけ。
風で都部ことも、流出による消耗も少なくて、使いやすい。
雑草予防にもなって見た目も◯と、楽天のレビューも高得点。
40L×2袋セット=80L+送料込みで3千円を切るお値段。
速攻でポチしました。

恋子流「鉢バラのマルチング」その後の成果についてはこちらをご覧ください。






バラのマルチングのメリットとは?
 a.雨や水やりの跳ね返り防止→黒点病の予防
 b.夏の乾燥防止(水やり回数の節約)
 c.コガネムシの成虫が卵を産むのを予防する
 d.防寒(寒冷地のみ)
 e.雑草予防  f.見た目を良くする(土を隠せる)

今まで使っていたマルチング材はこちら。
d0049381_15101993.jpg花ごころ バラ専用マルチングチップ


[PR]

by koiko_77 | 2018-04-08 20:14 | ローズガーデン | Comments(0)  

<< 雑草対策(備忘メモ)ヤブカラシ... 2018.3.31 (4)つる... >>