雑草対策(備忘メモ)ヤブカラシ 地下茎で増える雑草

今日は朝から雑草退治。無心になれるので、意外にもストレス解消にいい?
先週までずっとひどかった頭痛がいつのまにか治ってました。

我が家のしぶとい雑草といえば「ヤブガラシ」。
その撃退方法を見つけたので、まずはメモ。





ヤブカラシを簡単に退治する方法

ヤブカラシ・・・その名前の由来は、薮さえも枯らしてしまうからか?
芽に見えない土の下で、地下茎をぐいぐい伸ばして
いつの間にか庭中に広がっているという「て◯りすと」のような恐ろしい雑草です。

この時期になると、あちこちから、赤い新芽をニョキっと出して
油断すると、バラや植物に巻きつきながら大人の身長よりも高くなっている。
5枚葉で、バラの葉っぱに紛れ易いのも憎たらしい限り。
抜いても芽が抜けるだけ、地下茎はたいてい地中深ーく潜ってしまっているので
ちょっとやそっと掘っただけでは見つからない。
たまに浅い場所、枕木の縁とかに沿って伸びている地下茎が、
ごそっと抜けることもあるけれど、1cmでも残ればそこからまた伸びていくので
まさに「イタチごっこ」です。

ところが、そんな「ヤブカラシを簡単に退治する方法があったのです。
それはまさに「目からウロコ」でした。

「ヤブカラシ」は抜かずに、つるを丸く束ねて、地面に置く。それだけ。
そうすると、なぜか「役目を終えた」と勘違いして根こそぎ枯れるというのです。
まあ、くるくる巻けるほど茎を伸ばしてからでないとダメなのが、難点ですが。
あとは、このくるくるで、「どこまで」枯れてくれるのか、
繋がっている地下茎全体が枯れるのならいいのだけれど、
「どこまで」が一セットなのか、が鍵ですね。

ヤブガラシは他の植物の根を伝い、幹や枝に絡んで勢いを増す植物。
絡みつくものがないところでは、徐々に衰退していくそうです。

そうとは知らず、せっせと小さな芽を退治してしまったのですが、
ちょうど隣地との境界線に、にょろにょろ伸びてきているのがあるので、
早速試してみたいと思います。


[PR]

by koiko_77 | 2018-04-21 15:12 | その他のガーデン | Comments(0)  

<< おしゃれなシェードガーデンに生... 鉢バラのマルチング、必要性を痛感! >>