花殻も庭の賑わい? アナベル、ダリア、リナリア、デルフィニウム

日中気温が上がっても、湿度が低いのですごしやすいですが、朝晩は少し冷えますね。
d0049381_01011849.jpg
我が家のシェードガーデンでは、白紫陽花が咲き始め、アナベルは満開、
メインガーデンでは、修景バラのサティーナと宿根リナリア、ジギタリス、デルフィニウムが咲き始め、
d0049381_01080290.jpg
ダリアが咲き始めたボーダーガーデンのキャットミントには、
たくさんのお客様(蜂や蝶)が燧なしにやってきています。
d0049381_01094504.jpg
バラも、アイスバーグ、シュパリスホープはまだまだ返り咲いていて、
ラベンダーラッシーやピエールドロンサールもまだ少し咲いています。
シェードガーデンでは、ホスタの花穂が上がってきて、カサブランカ百合も、もうすぐ咲きそうです。
d0049381_00554289.jpg
アナベルが大きくなりすぎて、他を圧倒していたので、半分くらいを切り、花瓶にいけて飾ってみました。
まだグリーンが濃いめですね。キッチンの出窓のフレンチカントリーなコーナーに置いてみたり
窓際のカフェテーブルに置いてみたり。
d0049381_01003511.jpg
リナリアやキャットミントなど、分岐を促すべく切り戻した枝を、バラやダリアとともに飾りました。









今朝は、少しお庭を散策するだけのつもりで出たら、
ついつい雑草退治や花殻摘みに手を伸ばしてしまいました。
でも、ガゼボやアーチの上の方は届かないので、そのままに。
「枯れ木も山の賑わい」ならぬ、「花殻も庭の賑わい」ということで。

雑草といえば、ヤブカラシの新しい退治方法を試みようと思いながらも、
クルクル巻くのがけっこう面倒なので、半分以上は抜いてしまいました。
西洋アサガオは双葉の時点でだいぶ抜いたはずなのに、いつの間にかあちこちにツルが!
シェードガーデンのミョウガのような植物も、あちこちで芽を出していて、
抜いたのを土に挿しておくだけで復活するほど生命力があるので、
これはもしかしたら、ただやっかいなだけの客を招いてしまったかもと不安です。

[PR]

by koiko_77 | 2018-05-27 01:02 | その他のガーデン | Comments(0)  

<< デルフィニウムの花と意外な助っ人! Koiko's Gar... >>