デルフィニウムの花と意外な助っ人!

デルフィニウムの花穂が重くて折れてしまったので、ガラスのお皿に並べて飾ってみました。
d0049381_03353178.jpg
フォトコンテストの賞品でいただいた緑色のフラワーベースには、
ダリア、修景バラのサティーナ、キャットミント、宿根カンパニュラなどをいけて。


そして、意外な助っ人の登場★により、花後のバラの剪定も、無事終わりました。
週末にほどよく晴れてくれると、作業がはかどるので助かります。
先週、オルトランをまいたせいか、虫も少なくて、ガーデニング日和でした。

before
d0049381_03580957.jpg
d0049381_04001660.jpg
↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓

after
d0049381_03572379.jpg
なんかちょっと角刈りになっちゃったけど💦





先週、バラの剪定をしていたら、ご近所(といっても一駅お隣)にお住いのご婦人(きけば私の母と同い年)が、突然、作業着姿でお見えになり、「手伝いに来ました!」とのこと。
我が家の近くに娘さんが済んでらっしゃるとのことで、たしか今年のGWの終わり頃に、たまたま通りかかられた時にお声掛け頂いて、「よろしければ是非」と、お庭にお招きし、バラを鑑賞頂いたのが、最初のご縁。

きけば、信州に持っている荒れた土地をなんとか開墾して、老後の夢(畑とガーデンを備えたご近所カフェのようなこと)を叶えたいのだそうで、「参考にさせて欲しい、相談に乗って欲しい」と言われていたのでした。そういうことはよく言われるのですが、私のような我流のガーデナーが教えられることはないだろうし、そもそも私は、自分の思いつくままにクリエイトしていくので、「人に何かを教える」というのがとてもとても苦手な質でして、そういうオファーは、たいがい受け流してきたので、実現したことはなかったわけですが、聞かれたことに答えるくらいの親切心はあるので……。

GWあと、ご主人とカナダ&NYに旅行されていたとのことで、お土産まで頂いてしまって、無下にお断りするわけにもいかず、ありがたい申し入れに嬉しくも戸惑いの中、剪定鋏と虫除けのパーカーをお貸ししたら、テキパキとキングローズの剪定を手伝ってくださり、大量に出た枝をゴミ袋にまとめてくださったり、その間、身の上話やら、家族のことやら、バラのことやら、話が尽きず、結局3時から5時くらいまで、お手伝いくださったのでした。

お礼に、その日咲いていたバラ、マダムアルフレッドキャリエールをブーケにしてお土産にお持ち帰りいただいたのですが、うっかり、連絡先も名前すら聞いていなかったことに気付き、近いうちにまたいらっしゃるとおっしゃっていたけれど、私の留守にこられたら悪いし、どうしたらいいかしらーと思っているところです。

[PR]

by koiko_77 | 2018-06-09 04:02 | その他のガーデン | Comments(0)  

<< Hくんのいない週末とニューサイラン 花殻も庭の賑わい? アナベル、... >>